柔道選手紹介

■ 2021年1月11日

鶴岡 来雪 つるおか こゆき(女子57kg級)

鶴岡 来雪 つるおか こゆき

2020年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(兼全日本選抜柔道体重別選手権大会)で、2年連続となる3位入賞を果たした鶴岡来雪(コマツ)。

初戦は2019年全日本ジュニア柔道体重別選手権大会3位の大森朱莉(福岡・敬愛高校3年)との、試合時間10分を超える戦いに反則勝ち(指導3)。3回戦は2019年ユニバーシアード競技大会 柔道競技金メダリストの富沢佳奈(東海大学3年)を小内巻込による一本で下して、順当にベスト4進出を果たした。

迎えた準決勝の相手は2014年世界柔道選手権大会王者の宇菜絵(ブイ・テクノロジー)。本戦4分間は経験豊富なベテランと互角に渡り合い、指導ポイントで1-2とリードしたものの、ゴールデンスコア(延長戦)に入ると徐々に劣勢を強いられる時間が増え、延長開始1分38秒、同4分43秒に連続で指導を取られ反則負け。初の決勝進出を逃した。それでも3位決定戦では、2019年全日本ジュニア柔道体重別選手権大会2位の五十嵐日菜(東京・国士舘高校3年)を小外刈一本で退け、前回に続き3位入賞を果たした。

2020年2月にはポルトガルで開催されたヨーロッパオープン・オディヴェーラスでシニア国際大会初優勝。準決勝でロンドン柔道競技(五輪)銀メダリストのカプリオリウ(ルーマニア)を破るなど着実に経験と実績を積み上げており、2021年も女子57kg級の中心選手としての活躍が期待される。

プロフィール

最近の主な戦績
2020年
|ヨーロッパオープン・オディヴェーラス 57kg級 優勝
2020年
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 57kg級 3位

※掲載内容は公開時(2021年1月11日)の情報となります。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード