柔道選手紹介

■ 2020年1月27日

浦 明澄 うら あすみ(女子63kg級)

浦 明澄 うら あすみ

2019年の講道館杯全日本柔道体重別選手権大会で5位に入り、過去最高成績を残した浦明澄(日本体育大学1年)。

初戦を合技でものにすると、3回戦は前回大会で準決勝に進出した瀬戸口栞南(山梨学院大学3年)に対し、試合開始37秒の小外刈で一本を奪いベスト8に勝ち上がる。4回戦では前回大会優勝の土井雅子(JR東日本)と対戦。指導ポイントでリードし本戦を終える健闘を見せたものの、ゴールデンスコア(延長戦)で横四方固に屈し敗退。敗者復活戦に勝利して臨んだ3位決定戦でも、2019年ユニバーシアード競技大会の覇者・幸田奈々(帝京科学大学4年)に合技で敗れたが、大会後に全日本柔道連盟のB強化指定に選出されている。

岡山・創志学園高校で全国高等学校柔道選手権大会優勝、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会3位という結果を残し、日本体育大学に進んだ2019年は全日本ジュニア柔道体重別選手権大会で二連覇を達成。2年連続で世界ジュニア柔道選手権大会に出場して、前回大会に続き銅メダルを獲得するなどジュニアカテゴリで結果を残しており、2020年はシニア大会での活躍に期待したい。

プロフィール

最近の主な戦績
2019年
全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 63kg級 優勝
2019年
世界ジュニア柔道選手権大会 63kg級 3位

※掲載内容は公開時(2020年1月27日)の情報となります。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード