オリンピックへの初参加と課題

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

柔道家・教育家として尽力してきた嘉納治五郎は、日本初のIOC(国際オリンピック委員会)委員として日本のスポーツ全体の発展にも大きく影響を与えました。日本のオリンピック初参加へ向けての歩みをご紹介致します。

東洋初のIOC(国際オリンピック委員会)委員

東洋初のIOC(国際オリンピック委員会)委員

オリンピックを復活させたクーベルタン男爵の要請で、駐日フランス大使は、アジア地域でオリンピックに理解を示しIOC委員として活動できる人物を探しており、その白羽の矢が治五郎に立ったのです。

「柔道を通して日本を理解し、日本人と親しみ、国際間の協調が得られるように」という大きな展望を見据えた治五郎の情熱と、門下高段者の弛まない努力によって柔道を海外に普及させ、また海外のスポーツを積極的に教育の場へ取り入れる治五郎の活動が評価されていたからです。

「オリンピックで最も重要なことは、勝つことではなく、参加することである」、そして「勝利者となるかどうかではなく、競技会に出るためにしっかりと努力する過程、正々堂々と奮闘すること」というオリンピックの精神は、まさしく治五郎が日頃から思い行動してきたことでした。

そして治五郎は、その精神に共鳴し、東洋初のIOC委員という大役を引き受けることになりました。

多くの問題

多くの問題

日本は、1912年に開催されたオリンピックに初めて参加。オリンピック復活から数えて5回目となるストックホルム大会でした。日本をオリンピックに参加させることは、まるで荒野を開拓するようなもので、多くの問題が山積みでした。

まず国民にオリンピックが何であるかを教えること、スポーツを振興すること、派遣選手を育てること、競技規定を決めることなど、すべてを一から始めなければならなかったのです。

IOC委員となった治五郎は、文部省(現:文部科学省)に協力を求めましたが、理解を得られず断られました。そこで在野の学校に呼びかけ、日本で初めてとなる体育団体「日本体育協会」を設立し協力を得ます。

世界への大きな一歩

世界への大きな一歩

初参加の日本選手団は、わずか2名。競技は陸上のみで、百メートル、四百メートルとマラソンに参加しました。

成績は振るいませんでしたが、日本のスポーツが世界へ羽ばたく大きな一歩となりました。このとき治五郎は、オリンピックの復活者であるクーベルタン男爵と初めて会い、柔道について尋ねられています。

治五郎は、柔道が心身の力を使う最も有効な武術であり、修行の過程で心身を鍛錬し、自己を完成し、それがひいては他人をも完成させることに繋がることを話しました。人類共栄を目指すという同じ志を持つクーベルタン男爵と治五郎は意気投合し、お互いの良き理解者となっていったのです。 

日本が参加した過去のオリンピック(第5回〜第11回大会)

開催年 開催地と参加人数 獲得メダルと賞
1912年 第5回ストックホルム大会(スウェーデン)初参加
参加人数:陸上選手2名
1916年 第6回大会は第一次世界大戦で中止
1920年 第7回アントワープ大会(ベルギー)
参加人数:選手15名
銀メダル
テニス2個
1924年 第8回パリ大会(フランス)
参加人数:選手20名
銅メダル
レスリング
入賞
6種目
1928年 第9回アムステルダム大会(オランダ)
参加人数:選手は女子1名を含め43名
金メダル
三段跳び
平泳ぎ
銀メダル
陸上八百メートル女子
銅メダル
百メートル自由形
1932年 第10回ロサンゼルス大会(アメリカ)
参加人数:選手131名
金メダル
三段跳び
馬術大障害
二百メートル平泳ぎ
少年選手達が競泳6種目中5種目で金メダル
銀メダル
棒高跳び
1936年 第11回ベルリン大会(ドイツ)
参加人数:選手女子17名を含む179名
金メダル
三段跳び
マラソン
二百メートル平泳ぎ
二百メートル女子平泳ぎ
銀メダル 銅メダル
棒高跳び

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

世界各国から選出された代表選手によって競技を行なうオリンピック。嘉納治五郎は、東洋で初めてIOCの委員となるなど、日本のスポーツ振興に大きく貢献しています。今となっては当たり前に出場しているオリンピック。しかし、日本の初参加までの道は決して平らなものではありませんでした。こちらのページでは、治五郎のIOC委員としての功績や日本のオリンピック初参加までの歩み、日本が参加した過去大会の結果などをご紹介しています。現在のスポーツ選手の活躍にも大きくかかわっている治五郎とオリンピックについてまとめておりますので、ぜひご覧下さい。柔道チャンネルは、柔道を志すすべての方を応援致します。

注目ワード