著名な柔道選手インタビュー

  

ウルフアロン1/2

2017年ブダペスト世界柔道選手権大会(男子100kg級)で金メダルを獲得したウルフアロン選手。6歳から柔道を始め、東海大学付属浦安高校、東海大学と進み、現在は了徳寺学園に所属しています。東海大学柔道部のコーチ(男子)としても活躍している、ウルフアロン選手の柔道人生についてインタビューしました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

柔道を始めたきっかけ

柔道を始めたきっかけ

柔道は6歳のときに私の母方の祖父に勧められて講道館の春日柔道クラブに行き始めたのがきっかけです。柔道を始めてから水泳も少しやっていましたが、練習が大変で、結局水泳は辞めてしまいました。

小学生の頃の柔道は、基本的な練習や礼儀作法を中心に学びましたね。特別な稽古などはしておらず、基礎となる部分を伸ばす練習をしていました。

中学校は、文京区立第一中学校に進学。中学時代は柔道よりも勉強を頑張っていて、学年で上から3番目の成績を取れるくらいでした。一方の柔道は、勉強を優先するあまり試験の1週間前などには練習を休んでしまうことも多く、都大会に出場しても2回戦止まり。この頃の自分は柔道にしっかり取り組んでいなかったと思います。

その結果、この時期は年下にも練習で負けるようになってしまいました。プライドが高く、年下に負けるということが悔しかった私は、このことがきっかけで、中学2年生の終わり頃から自主的にトレーニングを開始。再び柔道にしっかり取り組むようになりました。この出来事がなければ、柔道に本気で取り組もうと思うことは多分なかったと思います。

柔道に最適な場所を求めて千葉へ

柔道に最適な場所を求めて千葉へ

私は東京都出身なので、ずっと都大会に出場していましたが、やはり都大会はレベルが高く全国大会に一度も出場ができませんでした。

それから環境を変え、千葉県東海大学付属浦安高校(以下、浦安高校)に進学。

浦安高校の練習は、「やらされる」というよりも「自分で考えてできる」内容だと聞いていたので将来を考えたときに、柔道選手として強くなれるのではないかと感じて、入学を決めました。

高校に入ってからは、柔道の練習以外にも早朝にランニングをしたり、練習が終わった後はトレーニングを重点的に行なったりしていました。「柔道だけ」と心に決めていたので勉強の方は全然だめでしたね。

しかし、そのおかげで高校1年生の全国高等学校柔道選手権大会(以下、高校選手権)では、団体戦優勝。個人戦無差別級でも準優勝することができました。その後も高校三冠や全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会(以下、インターハイ)個人戦・100kg超級優勝と団体・個人と様々な大会で結果を残すことができました。

リベンジをするべく階級を変更

リベンジをするべく階級を変更

高校時代はたくさんの大会で優勝することができました。その中でも印象に残っている大会は高校2年生の終わりにあった2013年の高校選手権の個人戦と同年にあったインターハイの個人戦です。

私は100kg級の選手でしたが、高校選手権の男子個人戦は無差別級に出場。順調に勝ち進んでいたのですが準決勝で100kg超級の佐藤和哉選手に大内刈りを返されて敗退し、3位入賞という結果に。ちなみに佐藤選手は優勝しました。大会が終わってからも「佐藤選手に負けたまま終わりたくない」という悔しい思いだけが強く残ったので、8月のインターハイは100kg超級で出場して佐藤選手に勝利すると決意しました。

そして、階級をひとつ上げて臨んだインターハイ・個人戦男子100kg超級の準々決勝で再戦。あのとき決まらなかった大内刈りで投げて勝つことができたのでとても嬉しかったですね。

インタビュー:2018年10月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

東海大学卒業後、了徳寺学園に所属し、男子柔道100kg級で活躍しているウルフアロン選手のインタビュー記事です。2017年ブダペスト世界柔道選手権大会(男子100kg級)で金メダルを獲得するなど、国内外で様々な功績を残してきたウルフ選手。相次ぐ負傷により柔道グランドスラム・東京、柔道グランドスラム・パリには惜しくも参加できませんでしたが、復帰後は変わらない強さを見せてくれました。そんなウルフ選手が柔道を始めたきっかけから今後についてまで、ウルフ選手の柔道人生について詳しくインタビュー致しましたので、ぜひご覧下さい。

注目ワード