「鈴木桂治」著名な柔道家インタビュー

鈴木桂治

現在、国士舘大学柔道部の監督、全日本柔道連盟の男子100kg級・100kg超級の担当コーチとして活躍している鈴木桂治氏。現役時代は2004年のアテネ五輪(柔道)男子100kg超級で金メダルを獲得するなど、様々な功績を残しました。このインタビューでは、柔道を始めたきっかけから、学生時代・現役時代の貴重なお話や、指導者になってからのお話などをお聞きしました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

熱血先生の下で育った幼少期

熱血先生の下で育った幼少期

3歳のときに茨城県、常総市にある石下柔道部で柔道を始めました。兄がそこで先に柔道をやっており、夜遅い時間まで柔道の練習をしている兄に憧れていたことがきっかけ。最初の内は、柔道がどのような競技かも分かっていませんでしたね。

道場の先生は接骨院も経営されていて、町では結構有名な先生。接骨院に来ている子供に手当たり次第「柔道をやらないか」と声をかけていて、多いときには100人くらいの生徒がいました。

先生は、竹刀を持ってうろうろしているような、厳しくて恐い方だったのですが、柔道に対して熱心でもありました。実は、小学4・5年生くらいのときに交通事故に遭ってしまい、柔道を辞めたいと思ったことがあったのですが、先生が直接私の家に来て「柔道を続けろ」と言って下さいました。当時はサッカーも習っていて、試合が重なった日なども「サッカーじゃなくて柔道だ」と言って頂いて。恐らくあのときサッカーを選んでいたら、多分道がそれていたと思いますし、交通事故がきっかけで辞めてしまっていたら、自分でもどんな大人になっていたか心配でしたね。

「上を食ってやる」という思い

「上を食ってやる」という思い

高校時代は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会男子100kg級個人の部・団体戦共に優勝。講道館杯では史上初の高校生王者になったり、世界ジュニア柔道大会で優勝したりと、様々な大会で結果を残すことができました。

高校時代は、周りにたくさんの刺激があって、良い時代だったと思います。当時は、ジュニア世代が飛躍するということがあまりなくて、同級生である棟田康幸小野卓志、矢嵜雄大の4人で、下克上と言うか「上を食ってやろう」という話をよくしていました。

棟田は100kg超級、私は100kg級、矢嵜は90kg級、小野は81kg級と全部分かれていて、私や棟田は井上康生氏を倒す、小野は瀧本誠先輩を倒すなど上の人を食ってやろうという思いを強く持っていたのです。合宿では必ず練習をして、他の3人の練習を見ては「お前はあのときああだったぞ、こうだったぞ」と話をしていましたね。高校時代が一番「上を食って、俺達が目立ってやる」という気持ちで戦っていた時期で「強くなって一花咲かせてやる」と思っていました。

これからの日本柔道は、小川雄勢、原沢久喜王子谷剛志などが引っ張っていくと思っています。他にも、斉藤立、中野寛太など、もっと若い選手達に「上を食ってやろう」という思いを持って頑張ってもらって、王子谷や原沢、小川を脅かす存在になってもらいたいですね。そうすれば、上の選手にも火が付くでしょうし、私も現役最後の方は王子谷が突き上げてきていました。下からそういった若手がどんどん出てきて、世代は交代していくのだと思います。

井上康生氏に苦しんだ現役時代

井上康生氏に苦しんだ現役時代

現役時代は、井上康生氏に苦戦ばかりしていましたね。当時は「井上氏が正義で、自分は正義を倒す悪」という感じで、自分の中でストーリーを作って戦っていました。井上氏のファンから見て、私は井上氏と同じ立場になることはできない。井上氏のファンを自分に持ってくることはできないですから。

今は何でも携帯電話で調べられますが、当時はまだ携帯が今のようには発達していなくて、どういう練習をしているのかなとイメージをしたり、噂で聞いたりするしかできませんでした。例えば、井上氏が3、4時間練習しているらしい、ベンチプレスで180kg上げるらしいという話を聞いて「井上康生」という像のイメージを膨らましていました。井上氏はどんなことをやっているのだろうということをイメージして、そのイメージが自分の中でどんどん大きくなっていましたね。当時は「この人さえいなければ」と思ったこともありましたが、もし井上氏がいなかったら、そういった想像はできなかったし、強くもなれなかったと思います。井上氏という存在が、壁でもあり、道しるべのような存在。常に斜め上にいる存在で、私はそれを追いかける立場でした。

試合に負けて「もう勝てないかな、もう代表にはなれないのかな」という思いになることももちろんありました。そういうときは、柔道をやっていない友達とサーフィンをしたりご飯を食べたりして、0(ゼロ)の状態を作っていました。この100と0のバランスがすごく良かったのだと思います。

夢の舞台での戦い

夢の舞台での戦い

2004年のアテネ五輪(柔道)では、100kg超級で優勝することができたのですが、実は私にとっては悔しい五輪でした。100kg級で五輪代表選考会に出たのですが、負けて100kg級の代表は井上氏に決まってしまったのです。そこで私はもう五輪はなくなったと思っていました。

しかし、100kg超級に出るという可能性が出てきたのです。今は、五輪に出場するのには階級別ランキングで22位以内などというきまりがあるのですが、当時はそういった条件がありませんでした。100kg超級には棟田氏もいましたが、棟田氏も選抜は初戦で負けているので、全日本選手権で優勝したら100kg超級の代表は鈴木になるかもしれない、という話が出てきたのです。

そして、全日本選手権で井上氏に勝って優勝して、100kg超級に出場することになりました。全日本選手権というのは、夢のまた夢の舞台で、そこに立って優勝できたことは、いろいろな人への恩返しになったと思っています。

アテネ五輪で優勝してからは、やはり世間の目に触れる機会が多くなりましたね。「鈴木だ、鈴木だ」と言われることも増えました。TwitterやInstagramが当時なかったのが幸いです。もしもそういったものが当時あったら、私は壊れていたかもしれません。

2008年の北京五輪(柔道)では、日本選手団の主将も務めましたが、初戦敗退となってしまいました。負けた原因は、今でもいまいち分かりません。練習も合宿もしっかりしていましたから。悔しくて日本に帰りたくないと思いましたし、選手団の主将としていろいろな試合を見に行くのですが「こんなやつが来ても激励にもならないだろ」と思っていましたね。逆に気を使わせてしまうのではないか、などと苦しみました。アテネ五輪で結果を残しているので期待はされていましたし、主将となったことも、プレッシャーになってはいたと思います。

指導者になって

指導者になって

現役を引退して6年ほど経ちますが、現在は国士舘大学柔道部の監督、全日本柔道連盟の100kg級、100kg超級の担当コーチとして活動しています。

国士舘には中学からいて、実家より長い生活です。国士舘で育ったようなものなので、国士舘に対するプライドを持っています。柔道に関してだけでなく、いろんな分野で国士舘が不甲斐なければ悔しいですし、褒められれば嬉しいです。国士舘は立派だな、すごいな、と言ってもらえるように、教員・職員で国士舘を盛り上げていきたいと思っています。

指導者になって思うのは、やはり教えるのは難しいということですね。大学と全日本では指導する内容が異なります。全日本は強い選手や「日本一」を目指す意識が高い選手が集まっていますよね。大学の方が、細かいことを指導しなくてはいけなくて、ルールも作らなくてはいけない。およそ100名いる生徒に対して同じことを教えなくてはいけないのです。100名を同じ量で同じルールの中で指導するということは、とても難しいことです。「日本一」という目標に引っ張っていくというのはさらに大変ですね。

目標とする指導者は、いません。大学時代、斉藤仁先生にすごく厳しく指導して頂きましたが、それと同じことをやってみろと言われても、それはできません。やはり、私は斎藤先生の精神にはなれませんし、真似はできても、同じことはできないのです。真似は、所詮真似なので、誰かのような指導者になりたいという思いはあまりないですね。自分で得た知識や経験をまとめて、良いものを出していくことが、私が指導者として一番心掛けていることです。

もちろん、立派な指導者はたくさんいらっしゃるので「ああなりたいな」という思いはありますが「いやなれないだろうな」としか思わないですよね。やはり、真似事では指導者というのは上手くいかないと思いますので、自分で指導者としての実力を付けることしか道はないと思っています。

選手や柔道を始めたばかりの人へメッセージ

選手や柔道を始めたばかりの人へメッセージ

東京五輪(柔道)まであと2年。出場を目指す選手は、これからすごく厳しい戦いになると思います。私が代表になった経緯もそうですが、意外な所にチャンスが転がっていたり、意外な所でチャンスが前に現れたりします。

これはあくまで私の意見ですが、試合を楽しむ・柔道を楽しむという必要は一切ない。命がけで取り組んで、本気になることで、実力が伴って周りから評価され、五輪にも選ばれることに繋がると思うのです。すべてに対して本気になるということで、そういったチャンスが巡ってくると思いますので、本気で柔道に取り組んで欲しいと思います。

柔道を始めたばかりの人に大切なのは、辞めないことですね。私は3歳に始めて以来35年間柔道をやっていますが、まだまだ学ぶことがたくさんあります。柔道を辞めないで、柔道から離れないで、どんな形でも良いので柔道に携わって下さい。週1回でも、月に何回かでも良いので、柔道着を着て畳の上に上がって下さい。柔道から離れるということはとても簡単なことですが、一度柔道を始めたならば、とことん続けて欲しいと思います。

また、大学で学生によく言うことなのですが、柔道は馬鹿では勝てません。ただただ柔道のことを考えてという「柔道馬鹿」は、やはり勝てない。強くなることと、勝つことは別物だと私は思います。強くなることができたら試合で勝てるのかと言うと、そうではない。練習では強いのに、試合では勝てないという選手はたくさんいます。頭を使って、工夫をすること、よく考えて柔道に取り組むということが大切なのです。ただ練習をしたり、トレーニングをしたりするだけでは力は付きません。よく考えて柔道をするということを、心掛けて欲しいと思います。

インタビュー:2018年8月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

今回は著名な柔道家インタビューとして、鈴木桂治氏にお話を伺いました。鈴木氏は、2004年のアテネ五輪(柔道)男子100kg超級で金メダルを獲得するなど、国内外問わず様々な大会で功績を残しました。現役時代は、同じ100kg級・100kg超級で活躍した井上康生氏に大変苦しんだと言います。2012年には選手を引退し、母校である国士舘大学柔道部の監督に就任。現在は、全日本柔道連盟の担当コーチとしても活躍しています。このインタビューでは、鈴木氏が柔道を始めたきっかけから、学生時代・現役時代の苦難や指導の難しさなど、様々なことを語って下さいました。鈴木氏の柔道に対する熱い思いを、ぜひ柔道チャンネルでご覧下さい。

注目ワード