「篠原信一」著名な柔道家インタビュー

篠原信一 天理大学准教授&全日本柔道男子ナショナルチーム監督インタビュー

北京五輪(柔道)(2008年8月)後に全日本柔道男子ナショナルチーム監督に就任した篠原信一氏。先のロッテルダム世界選手権(2009年8月)では「金メダルゼロ」という結果でスタートすることとなってしまいました。

それでも、「今が一番のどん底なので、あとは這い上がるだけ」と、ロンドン五輪(柔道)(2012年)に向け決意を新たにする篠原氏に、全日本男子柔道の現状と今後、そして自身の選手時代についてもお話をお聞きしました。

篠原信一氏

プロフィール

  • 生年月日:1973年1月23日 出身地:兵庫県神戸市長田区 
    身長:190cm
  • 主な戦歴

    • 1994年 | 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 95kg超級 3位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 95kg超級 3位
      1995年 | 世界柔道選手権大会(日本:幕張) 無差別級 3位
       | フランス国際柔道大会 95kg超級 優勝
       | アジア柔道選手権大会(インド:ニューデリー) 95kg超級 優勝
       | アジア柔道選手権大会(インド:ニューデリー) 無差別級 優勝
       | 全日本柔道選手権大会 2位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 95kg超級 3位
      1996年 | 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 無差別級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 95kg超級 3位
      1997年 | 世界柔道選手権大会(フランス:パリ) 95kg超級 2位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 95kg超級 優勝
      1998年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝
      1999年 | 世界柔道選手権大会(イギリス:バーミンガム) 100kg超級 優勝
       | 世界柔道選手権大会(イギリス:バーミンガム) 無差別級 優勝
       | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝
      2000年 | シドニー五輪(柔道) 100kg超級 2位
       | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝
      2001年 | 世界柔道選手権大会(ドイツ:ミュンヘン) 100kg超級 3位
       | 全日本柔道選手権大会 2位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝
      2003年 | 全日本柔道選手権大会 3位

最初は断った全日本の監督

篠原信一氏今、私は全日本の監督をやらせてもらっているわけですが、それまでコーチとしての経験もありませんでしたし、いきなり監督ということで戸惑いや不安もありました。
それに、私は現役を引退してから、テレビや新聞の解説をやっていたので、だいたいの日本の状態も分かっていましたから、正直、監督をやるのは厳しいだろうというのはありましたね。
だから、はじめは「無理ですよ」と断ったんです。「コーチの経験もない私が全日本の監督なんてとんでもないですよ」と。でも、「それでもいいんだ」「篠原が今まで経験してきたことを、篠原らしい素直なやり方で進めればいいから」と言われて。そこまで言われるのであればということで、引き受けることにしたんです。
はじめるにあたっては、前監督の斎藤(仁)先生はじめ、細川(伸二)先生や正木(嘉美)先生もおられますから、いろんな話を聞きながらやればなんとかなるだろう、と思っていたんです。
でも、いざやりはじめたら、ランキング制が導入されて国際大会も増えたり、ポイント制になったり、ルールもどんどん変わってきていますしね。これは大変だなぁというのが、実感です。

今回の世界選手権ひとつとっても、日本にとってはじめての金メダルゼロということで、「篠原は何を強化してきたんだ」と言われますしね。
そうならないように、厳しく金メダルを獲るためにやってきたつもりなんですけど、それでも結果が出せなかった。結果がすべてで、結果ありきの過程ですから、そういった負けを踏まえて、反省しながら、今後どういうふうにしていくのかを考えて、今やりはじめているところです。
自分として、今いちばん大事にしているのは「活き活きと生きる」ということ。「いきいき」のいきは「活」。活きのいい魚の「活き」です。

今の選手に見られない気迫と貪欲さ

今後の強化を考えたとき、大事なのは技術的なことよりもまず精神的なことだと思っています。試合に対する姿勢、日本代表ということの意味、自分の夢であったり、目標であったり…。
なんのためにこんなにきつい練習をしているのかということを、選手自身が分かっているのか疑問に思うんですよ。それが試合にも出ている。今の選手には「何がなんでも勝ってやる」という気迫や勝つことに対する、ひたむきさや貪欲さが見られないんですよね。

今まで、五輪というのは、良くてトップの選手が1回チャレンジできるかできないかだったと思うんです。世界選手権なら今までは2年に1回でしたから、平均2回から3回。私は幸いに4回出させてもらいましたけど…。
そう考えて今の日本の代表クラスを見たとき、五輪を経験した選手が2人、世界選手権を経験したのが2〜3人いる。今度また野村(忠宏)が4回目の五輪を狙おうとしている。何を言いたいかというと、入れ替わりができていない。つまり、若い選手が出てきていないというところがやっぱり一番大きい問題だと思うんです。
普通であれば、世界選手権、五輪を経験して、勝った負けたは別として、そこでひとつ燃え尽きて。そこに勢いのある若手が出てきて、「ああ、もう俺にはついていけないな」と。そういうところがあったと思うんですけど、今は下からの突き上げがないから、まだまだできるという感じになってしまっている。
だから、私が監督になったからには、厳しいトレーニング、厳しい練習の中で勝ち残ったベテラン組と、這い上がってくる若手を競わせて次の大会に向けて強化していきたいなと。
例えば来年東京で世界選手権がありますけども、そこで若手が、代表に選ばれたときに、仮にメダルが獲れなくても、私の最終目標はロンドン五輪(柔道)ですから。そこに照準を合わせてやっていきたいと思っています。

精神的な強さとハングリーさを出させる

斎藤(仁)先生が監督をやられていた頃の強化の仕方と私のやり方とはかなり違うと思います。
でも、約1年間やってきて、今回の世界選手権が示すように、結局、金メダルゼロだったということは、選手がいくら「練習している、頑張っている」と言っても、結果が出なかったら、頑張ったことにはならない。結局、稽古が足りないんだと。
だから、これからは今まで以上に厳しくしていくつもりですし、それについて来れないヤツはもういいぞと、そういうやり方でやっていこうと思っています。

今の選手たちは、恵まれすぎていると思うんです。だから、もっと頑張ればもっといい生活ができるとか、自分で今以上のいい環境を作り出すんだという気持ちもあまりない。
だからまず、精神的な強さやハングリーさを出させるために、「俺はこれだけきつい練習をしたんだから、負けるはずがない」と思えるような、全日本合宿をしていこうと思っています。
それと、全日本の合宿のときだけじゃなく、所属に戻ってからも、合宿のときのような厳しさを持って練習しなくては意味がないということを、選手たちにしっかり植え付けていきたいと思っています。

目標に向かって頑張れる選手だけを使う

野村(忠宏)のように、結果を残しているベテランの選手はまだいいんですよ。彼らの場合は年齢も年齢ですし、自分のペースで調整して、金メダルを獲っていますから。だから、練習のやり方に関しても、ある程度は自分のペースを認めることもある。
でも、それを若い選手が見て「俺も」と言ってくる。五輪も世界選手権も獲ってないヤツまでが言い出すからかなわんのです。そのへんで大きな勘違いをしている。世界を獲っている選手と、獲っていない選手では違うだろうと。
「同じ強化選手なのに、なんでですか?」って思うのもなかにはいるでしょうけど、1回でも2回でも世界を獲っている選手と獲っていない選手とは、その時点で同じレベルじゃないわけですよ。言葉は悪いですけど、差をつけているわけです。差別まではいきませんけど、区別しているわけですよ。
と言っても、そういうベテラン組をすべて自分任せにさせているのかというと、そういうわけではありません。でも、やっぱり世界を獲った選手というのは頑張ってやってきた結果として、優勝という実績を残しているわけですから、自分に合ったやり方というのに気が付いていると思うんですね。

それと、一度金メダルを獲った選手は次に負けると、やはり悔しいわけです。その悔しさがあるから頑張れるんですよ。なぜかと言ったら、彼らは一番高いところの喜びを知っていますから。
本来、精神力というのは、自分で目標を持って、それに向かって頑張ることで身に付いていくと思うんです。でも、環境や周囲の状況もあって、人間はどうしても楽なほうに楽なほうにといこうとしますから。
だったらこちらからノルマを与えて、本当に目標に向かって頑張れる選手だけを使っていこう、そういう選手を作っていこうというのが今の考えですね。

練習にもあまり行かなかった中学時代

私自身が柔道をはじめたのは中学1年生なんですけど、べつに好きで始めたわけではないんですね。
学校に新しく柔道部ができて、体も大きかったですし、悪さもしないようにということで、先生に無理やり入れられたような感じでした。
正直、興味も関心もなかったですから、練習にもあまり行かなかったです。帰宅部って言うんですかね、友達も部活に入っていなかったんで、授業が終わったらすぐに帰ってました。
でも、そうするうちに先生が「なんで来ないんだ」ということになって、無理やり連れていかれて。それでイヤイヤというか、適当にやってました。

当然、試合でも勝てませんでした。中学1、2年生のときなんて、地区大会で1回戦負けとかそんな感じでした。やっぱりちょっと体が大きいくらいで勝てるもんじゃないですよね、周りは小学校のころからやっている子ばかりでしたし。
それが、たまたま3年生のときに、市の大会で3位になって。そのときに育英高校の有井(克己)先生が見に来られていたんです。それで、体は大きいし、3位にもなったからということで声をかけてもらって…。
でも、当時は進学するつもりはなかったんです。就職して、働いて好きなことをしたい、好きな物を買いたいとか、そんなふうに思っていたんです。うちの親もべつにそれでいいって言ってましたしね。

先生が怖くて高校を辞めれず

だから、高校へ行くことになっても、嫌だったら辞めればいいやくらいに思っていたんですね、柔道をじゃなくて、高校を。
母親は普段は何も言わないんですが、そのときは「行けるんだったら、高校ぐらいは行ったほうがいいよ」というようなことを言ったんですよ。それで私も「そうか…」という感じで、行くことにしたんですけどね。
高校を辞めなかったのはなぜかと言ったら、先生が怖かったからですよ。「辞める」とはよう言えなかったです。自分の同級生は言いましたけど、ボコボコにされてましたからね。それを見て私はよう言えませんでした。

先生が怖いから続けていた柔道だったんですが、やっているうちに力も付いてきて、技もある程度覚えて、勝てるようになって。そうするうちに「ああ、面白いな」と。それで高校3年のときに県で優勝、全国でベスト16に入るくらいまでになったんです。でも、将来は柔道で…、なんてことはまったく思いもしなったです。
天理大学に入ったのは、高校の有井先生が天理大時代に正木先生の同級生だったので、それで、正木先生のいる天理大学に行けと。無理やり行かされた感じでした。

大学1年生のときは毎日泣きながら練習

篠原信一氏大学に入っても、「全国」と名の付く大会で優勝するなんて思いもしなかったですし、ましてや自分が国際大会に出るような選手になるなんて夢にも思わなかったです。
もちろん、全日本選手権もそうですし、世界選手権や五輪もそうです。全日本選手権自体、大学に入ってからはじめて見ましたからね。五輪(柔道)や世界選手権をテレビでやっていても見たことなかったですもん。
高校時代に正木先生から誘われたときも、有井先生から「正木先生は全日本チャンピオンで、世界チャンピオンなんだぞ」と言われてもピンと来なかったです。強いんだろうなくらいで。そういう映像も見たことなかったですしね。本当、そんなレベルでした。

大学1年のときなんて、毎日泣きながら練習してましたよ。天理大学は五輪、世界選手権、全日本選手権、また大学のなかでは団体日本一を目指している大学ですし、全国から強い選手が集まっていましたからね。
同級生のなかでも、私より強いヤツはたくさんいましたから。そういうなかで、毎日投げられ、抑えられ、関節取られ、絞められ、本当に泣きながら稽古していましたよ。

自分からやるようになって練習が変わった

篠原信一氏それでも1年、2年と必死にやって、3年生になるころには、体も大きくなって筋肉も付いて、技もある程度覚えて、はじめて全国と名の付く大会で優勝することができて。
そのへんぐらいからですね、「ああ、俺にもできるな」と「俺もなかなか強いやん」と。全日本、世界選手権、五輪もいけるんちゃうか、みたいな勝手な思い込みをしてね。
そこからですよ、自分からやるようになったんは。それまでは、無理やりやらされた、先生が怖かった、やらないと先輩に怒られる、でしたからね。

でも、特に私生活が変わったわけではないです。ただ、決められた練習時間だけは頑張ろうという気持ちになった。
そうすると、それまで90分を「けっこう長いなぁ」「まだかよ」と感じていたのが、「ええもう終わり?」「あともう10分で終わり?」というように変わったんです。やっぱり集中したら時間の経つのも早いんですよ。
天理大学の練習は、基本90分ですから、時間的にはそう長くありません。そのなかで、立ち技も寝技もやる。今はちょっと違って7分に区切ったりしていますけど、私が現役のころはだいたい90分流しで、一人10分〜15分やったら、勝手に相手を変えながらずっとやっていく、そんな感じでした。

しっかり組んで一本を取る天理柔道

練習のときに常に言われていたのは、「しっかり組んで、しっかり技をかけろ」ということでした。手をちょっと離しただけで、「なんで手を離すんだ。しっかり組んでやれ」「受けるときも、組んで受けろ」と。
腰を切って体をさばくときも、「しっかり組んでおけ。そうしないと、次の技をかけられないだろう」と言われましたし、とにかく、「しっかり組んで一本を取るのが天理の柔道や」というのが先生方の口グセでした。
私も大学に入ったころは、すぐに手を離してましたし、かけるふりだけしたりしてましたから、しょっちゅう注意されてました。
それと、自分がよく言われたのは「組み手が下手くそだ」ということ。他の大学の選手が組み手を切ってきたりするのを、よう捕まえられなくて、どの先生にも言われてました。
ただ、それはなぜかというと、組み合って技をかけ合う、「早く組んでやろうよ」というのが天理の練習ですから、普段の練習では組み手争いはあまりしないわけですよ。そういうところではちょっと、言葉は悪いですけど、古いと言うかですね、そういうところがあるのは確かです。

天理は、私に限らずしっかり持てば、技の切れる選手が多いのはたしかです。ただ、それが結果に出ない。組み手でゴチャゴチャされたりして、ポイントで負けたりすることが多いわけです。天理では「小手先の柔道はするな」「しっかり組んでやれ」と教えられていますからね。
全日本の監督がこんなことを言ったらあかんのかもしれませんが、「汚い柔道をするな」と言いたくなるような選手がいっぱいいますよ。たしかに、私と野村(忠宏)があたったとして、野村に「しっかり組めよ」はないですよ。でも、体格差があってもある程度さばきながら、しっかり組んで一本を狙う。軽量級の野村が重量級の自分を投げにいくぐらいの力を持っていたら強味だと思うんですよ。
特に軽量級は、けっこう組み手争いをして、片手だけ持った状態で技をかけたり、足を取ったりというのが多いですよね。その点、同じ軽量級でも野村はしっかり組むでしょう。これがやっぱり天理柔道のいいところじゃないかと思うんです。「天理柔道、天理柔道」って言っていますけど。本当はこれが正しい日本の柔道ですからね。

大学時代で一番の思い出は団体戦の優勝

篠原信一氏天理大学時代は練習ももちろんきつかったですけど、寮生活がきつかったです。
高校時代までは自宅通いでしたから、掃除とか洗濯とかもやったことなかったですからね。先輩の洗濯もしなくちゃいけなかったですし、お使いやらなんやら、いろいろとやりましたよ。そこをあんまり話しすぎると、天理大学のイメージが悪くなりますから話しませんけどね(笑)。
でも、当時はそれが当たり前で、どこの大学でもそうだったと思うんです。今はそれでは新入生が入ってきませんから、だいぶ変わってきていますけどね。今はコンビニもありますし、自分の好きな物を各自が買って帰って。携帯もありますから、便利でいいんですけど。

私らのころは、洗濯機は全自動じゃなくて二層式でしたし。柔道衣は重いし大きいですから、洗濯機が壊れて、結局、手で洗った物を絞ったり。そういうのがやっぱり大変でした。
「もう、辞めて帰ろうか」と何度も思いましたしね。でも、そういったときに同級生と「もうちょっと頑張ろうや!」と励まし合ったりしたのも、今になればいい思い出ですけどね。
大学時代で一番の思い出は、やっぱり団体戦の優勝ですね。私が3年生のときです。
個人戦で優勝しても、その喜びというのは自分だけなんで3日程で余韻が終わるんですけど、団体戦っていうのは違うんですよ。団体戦で優勝すると、部員全員が盛り上がるので、同級生や後輩と「優勝したし飲みに行こうぜ」となったり、先輩方に「よしじゃあ、飯おごったるわ」と誘って頂いたり。
とにかく長いんですよ、喜びを分かち合う期間が。そういった意味では、チーム全体で盛り上がれる団体戦の優勝はやっぱりいいなと。
だから、私が大学の監督になったときには、なんとか1回、これを学生たちに味あわせてやりたいなと。ただ、それがなかなか難しくて、自分が監督してから優勝してませんけどね…。

今年(2009年)の全日本学生柔道優勝大会は惜しかったんですが(準優勝)、あとひとつ勝てるか勝てないかが、勝負の厳しさだと思うんです。やっぱり何かが足りないんでしょうね。技術的にはいろいろあると思うんですけど。上に上がれば、上がるだけ実力差はなくなってきますから。
そこで、最後に勝つチームと負けるチームの何が違うのかと言ったら「絶対に勝つんだ」という思いだけだと思うんです。そりゃ思いだけでは勝てないですよ。そこで何かと言ったら、その試合までにやってきた稽古の積み重ねなんですよ。「俺はこんなにやったんだから、負けるはずがない」という気持ち。
よく試合前に不安になって、よう頑張るヤツいるでしょう。それは結局、不安やからやるわけなんですよ。調整練習でも長いヤツいるんですよ、全日本のなかでも。それって結局、それまでに十分やってないから不安なんですよ。まあ、一概には言えませんけどね、人それぞれのタイプがありますから。

3回目の挑戦でようやく世界チャンピオンに

篠原信一氏個人戦での一番の思い出言うたら、やっぱりバーミンガムの世界選手権ですかね。世界選手権3回目の挑戦、6年目でようやく優勝できましたから。
1995年の幕張で3位、1997年のパリが2位でしょう。1999年バーミンガムでやっと優勝してるんですよ。だから、選手のことをあんまり言えないんです。結局、最初から結果残してないやないかと。それを言われたら、それまでなんでね(笑)。
6年かけてようやく獲った。おまけに2つ(100kg超級と無差別の2階級)でしたから、あのときは本当に「良かったぁ」と安心しましたしね。
でも、パリ世界柔道選手権(1997年)の2位のときは、(決勝戦でフランスのドゥイエに不可解な判定により反則負け)「なんで俺が反則負けやねん」って、シドニー五輪(柔道)(2000年)で負けたときより悔しい思いは強かったですけどね。
(※シドニー五輪(柔道)決勝では、ドゥイエの内股をタイミング良く透かし「一本」でもおかしくない技だったが、逆にドゥイエの「有効」に。結局、そのままドゥイエの優勢勝ちとなり無念の銀メダルとなった。『世紀の大誤審』として多くのメディアにも取り上げられた。)

柔道は全日本選手権、世界選手権、五輪、やっぱりこの3つですから。そのうち、全日本優勝して、世界もなんとかクリアした。バーミンガムの次の年がシドニー五輪(柔道)でしたので、あとは五輪だと。これで金メダルを獲ったら、すぐに柔道を辞めようと思っていました。
なんでかと言ったら、基本的にはしんどいことをするの嫌いですから。どちらか言うたら、なまけもんですからね、自分の本質は。だからやっぱりそういうふうに、目標に向かってやるぞとなって一生懸命やって、でも簡単には獲れない。世界を獲るのにも6年もかかったと。
今だったらもう使ってもらえませんよ。「2回もチャンスやって負けたヤツなんか使えるか」って、自分が監督だったら言いますよ(笑)。でも、自分の場合は運良く出してもらって、結果を残すことができましたけどね。
だから、あとは五輪。もうこれを獲ったらすぐに辞めようって思いましたから。その代わり、それまではとにかく頑張ろうと思いましたけどね。

今の選手は「もったいない」

今までの話でも分かるように、自分はエリートでもなんでもないんですよ。
だから、他の選手を見ていると「もったいないな」と思うわけです。自分の場合はセンスもない、ただ人よりは体が大きかった、背が高かった。ガリガリではないですけど、ひょろっとしていて筋肉もありませんでしたし、どちらかと言うと、ダラッとした感じですよ。
そこから、筋肉が付いて130kgぐらいにはなりましたけどね。でも、今のトップの選手なんて、ほとんどが高校でチャンピオンになっていて、国際大会にも出してもらっている。しかも、そこでも優勝したりしていて、大学に入ってもそこそこ強くて国際大会にも出してもらっている。そういう経験をするチャンスがいっぱいあるわけじゃないですか。ましてですよ、スタートラインが違いますから、自分とは。
小学校からやってきて、それでずっとトップできているわけだから、もっと本気になって、もっと強い意識を持ってやれば、もっと強いはずだろう、もったいないなと思うんですよ。そこが、ハングリーさがないというか、環境に甘えているような感じがして仕方ないんですよ。

日本に必要な、精神面と体力面の強化

篠原信一氏最初にも言いましたけど、これからの日本に必要なのは、技術うんぬんよりも、精神的な強化と体力面の強化だと思うんです。
自分らのころやったら、外国人と試合したとき、とりあえず3分しのげば、バテて来るというのはありましたけど、今はどちらかと言うと、日本人のほうがバテてますからね。そういった意味でも、もう一度、体力面を強化する必要がある。

技術的にはそう変わらないと思うんですよ。どちらかと言ったら、日本人のほうが巧さはあるくらいだと思うんです。だから、組み手うんぬんより、まずは体力面の強化。
ひと昔前は足を取られて負けるケースも多かったんですけど、最近はしっかりと組んだうえで、がっつり見事に持っていかれてますからね。
試合時間5分間、ゴールデンスコア入れて8分間、8分×5試合、正味40分。まずは、それをしっかり攻め続けられる体力を付けさせることだと思っています。ハングリーさや精神的な強さもそうすることによって、おのずと付いてくるのかなと。


最終目標はロンドン五輪(柔道)

学生の大会(10月11日、12日の全日本学生体重別)を見ても、正直、あまりパッとしない。「これは厳しいなぁ」というのが率直な感想です。
これから高校生、大学生くらいの若い選手をしっかり強化していかないと、ロンドン五輪(柔道)もそうですけど、ロンドンの先も危ういなと。
今は最低ラインですから危ういどころじゃないんですけど、このままいくと、金メダルを獲れる見込みさえもなくなってしまう。そんな危機感を感じています。

今までも、たしかに金メダルゼロの可能性というのは、ずっと言われ続けてきましたけど、それでもなんとか最低でも1個は獲ってきたわけです。それで、「Xデーはいつだ」と、記者のなかでは言われていた思うんですね、自分も言ってましたから、監督になる前は。
で、監督になってからは、「今回、Xデーもありうるな」と思いながらも、あまり大きな声では言えませんけど、「でも、穴井(隆将)は絶対に獲るやろう」と思っていたんですね。
でも、結果としてロッテルダム世界柔道選手権(2009年)は金メダルゼロに終わってしまった。穴井の試合内容(準々決勝敗退)について、自分は全然怒るつもりはないです、投げにいった結果ですから。でもそんなの言い訳なんですよ。自分らが勝手にそう思っているだけで。世間一般からすると「穴井も負けた。金ゼロやないか」と。結果はその通りですから。
だから「Xデーはいつ来るのか」と思っていたら、自分が監督のときに来てしまったと。でも逆に言えば、今が一番のどん底ですから、あとはもう上へ、ひとつひとつ上がっていくしかありませんから。最終目標のロンドンに向けて、選手とともに頑張りますよ。

※2010年1月現在


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード