「中村美里」著名な柔道選手インタビュー

  

中村美里

北京オリンピックで銅メダルを獲得した中村美里選手。
柔道を始めたきっかけや、中学・高校時代の思い出、北京オリンピックでのエピソードを中心にお話を伺いました。

柔道を始めたきっかけ

柔道を始めたきっかけ

柔道を始めたのは小学校3年生のとき。きっかけは、K-1や総合格闘技をテレビで見たことです。そのときに「何か格闘技をやりたい!」と思い、いろいろな格闘技系の習い事を探し始めました。

最初に見に行ったのは、極真空手のようなもの。サンドバッグをパンチしたり蹴ったりするもので、母に「これがやりたい!」と言ったのですが、止められてしまいました。
その後、他の習い事も見学に行ったのですが、これだ!というものがなかなか見つからず・・・。
偶然、近くの警察署でやっていた柔道の見学へ行ったときに、体の小さい人が大きな人を投げる姿を見て、「すごく良いな」と思い、柔道を始めることになりました。

「破竹の勢い」で勝ち進む

「破竹の勢い」で勝ち進む

小学生の頃は警察の先生に教えて頂き、中学からは相武館吉田道場の先生に指導して頂きました。
中学2年生のときに、初めて国際大会であるアジアジュニア柔道選手権大会に出場しました。正直、私が国際大会に選ばれると思っていませんでしたし、そもそも国際大会自体をあまり知らず・・・。
結果として優勝することができたのですが、そのときは本当に変な感覚でしたね。

その後、渋谷教育学園渋谷高校に入学しました。高校1年生のときに出場した講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(以下、講道館杯)で、前年度優勝の北田佳世さんに勝って優勝することができました。講道館杯は「3位までに入って、シニアの強化選手に上がろう」という目標を持って出場していたのですが、まさか優勝するとは思っていなかったので、ポン、ポン、ポンと勝って優勝。
その年は福岡国際女子柔道選手権大会(以下、福岡国際)でも優勝して、まさに「破竹の勢い」でした。

厳しい時期

厳しい時期

高校1年生のときに講道館杯と福岡国際で優勝したのですが、その後はずっと負け続けました。
周りが強かったというのと、徹底的にマークされて厳しい時期でしたね。

特に高校2年生のときは、ずっと勝てなかったです。
それに加えて、身体的に成長して減量が辛くなってきたこともあり、いろいろ悩みました。中学・高校のときって、やはり一番悩む時期ですよね。
壁にあたり、決して楽しい時期とは言えなかったです。今までで一番辛かった時期でもありました。
しかし、それと同時に学ぶことも多く、技術面やチームワークなど、いろいろと学ぶことができました。
個人戦とは反対に、団体戦はチームワークがとても良くて、本当に大好きで、楽しんでやっていましたね。

得意技について

得意技について

私の得意技は「小外刈」ですが、誰かから教えてもらった記憶がなく、いつの間にか得意になっていたという感じです。知らない間にうまくなっていたと言うか・・・。「小外刈」は一番好きな技ですね。

北京オリンピックについて

北京オリンピックについて

2008年に三井住友海上女子柔道部に入り、その年の全日本選抜柔道体重別選手権(以下:選抜)に勝って、北京オリンピック代表になりました。あのときは周りも強くて誰が選ばれてもおかしくない状況。階級を上げてすぐだったので、もし選抜を優勝しても選ばれないのではないかと思っていました。
なので、選ばれたときは嬉しさよりも驚きの方が大きかったですね。

北京オリンピックの結果は「銅メダル」。あのときはもう悔しさしかなかったです。次はやってやろうという気持ちになりました。北京での銅メダルは、本当にいい勉強になったと思います。

ヒザの怪我

ヒザの怪我

北京オリンピックで負けて、次の年にヒザのじん帯を切ってしまいまして…。
そのときは、手術はしないでやっていくことになりましたが、やはりヒザを庇うせいか、他の部分に怪我をすることが多くなりました。
その後も、だましだましやっていたのですが、ロンドンオリンピックで負けて、そこでようやく「ヒザを治したい」という思いになり、手術を受けました。
リオデジャネイロオリンピックに向けて手術するというよりは、とりあえずヒザを治そうという思いが強かったので、手術をしてリハビリに3ヵ月かけました。そのときはまだ、どの大会で復帰しようかまったく決めていませんでしたね。
「柔道」を考えるよりも、とにかくヒザを治すことに集中していました。

怪我をしているときってネガティブになりやすいと言いますが、私の場合、意外とネガティブにならずに過ごしていました。
復帰後の世界柔道選手権大会で優勝できたことは、怪我をしたときにネガティブにならなかったということや、あきらめずにずっと前を向いていたことが大きいのかも知れませんね。

オリンピック以外の目標

オリンピック以外の目標

柔道をしているからには、オリンピックに出て金メダルを獲得することが一番の目標なのですが、それ以外にもいろいろなことに挑戦してみたいと思っています。「これがやりたい!」というのは、まったく決まっていないのですが…。
今まで柔道だけをやってきて、狭い世界で生きてきたと感じています。周りに比べるといろいろなことに手を出すタイプなので、何か新鮮なことをしてみたいという思いが強いです。
知り合いでボクシングをやっている方がいるのですが、その方に一日練習させてもらうなど、できるときにいろいろと挑戦はしていますね。

若手選手に向けてのメッセージ

若手選手に向けてのメッセージ

自分がずっと言われてきたことなのですが、「何事も一生懸命やる」ということが大切だと思います。
一生懸命、手を抜かずにやっていれば、きっと結果は表れます。
柔道はもちろん、遊ぶこともなんでもかんでも、一生懸命にやってほしいです。

 

インタビュー:2015年9月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード