著名な柔道選手インタビュー

  

永山竜樹

2018年に開催された柔道グランドスラム・デュッセルドルフと柔道グランドスラム大阪60kg級で優勝し、2019年は平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会でも優勝を勝ち取り、世界柔道2019東京大会へ出場した永山竜樹選手。男子60kg級におけるこれまでの成績や、同じ階級で大学の先輩でもある高藤直寿選手との試合について、そして来る東京五輪(柔道)に対する思いなどを語って頂きました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

地元、北海道での柔道との出会い

地元、北海道での柔道との出会い

柔道との出会いは、近所の友達が柔道をやっていて、「やってみない?」と誘われたことがきっかけでした。

幼少期は北海道美唄市の美唄市少年柔道会で練習をしていたのですが、当初は遊び感覚でやっていて「強くなりたい」とは考えていなかったと思います。それでも、試合に負けると悔しい気持ちが強くなりました。

特に小学校5・6年生のときには、全国大会の予選で同じ相手に2回とも負けて、悔しい思いをしたことを良く覚えています。

小学校時代で学んだ練習の大切さ

小学校時代で学んだ練習の大切さ

小学校2年生のころから、岩見沢柔道少年団で稽古をするようになりました。

この岩見沢の道場は練習がとても厳しく、技術面でも強くなれたと思います。

少年団には強い選手もたくさんいて、他の道場とは比べ物にならないほど多くの練習をこなしました。

当時の自分は体も小さく、何倍も練習するように指導されたのを覚えています。

岩見沢柔道少年団は、人よりも練習することの大切さを身に付けた場所でした。

初めて日の丸を背負って戦った中学時代

初めて日の丸を背負って戦った中学時代

中学校は地元の北海道を離れて、先輩が進学した大成中学校へ進みました。

練習に行ってみると強い選手がたくさんいたし、今まで以上に自分の理想とする柔道ができると思ったのも、大成中学へ進学した理由のひとつです。

中学3年生のときには、全日本カデ柔道体重別選手権大会と世界カデ柔道選手権大会の50kg級で優勝しましたが、そのときは日本代表として初めて日の丸を付けて戦ったこともあり、「自分もこれから世界で戦っていける」という自信が付いた試合でした。

もちろん、その分プレッシャーも感じることが多くなりましたが、逆にこのプレッシャーを感じられるのは、自分にとって良い経験だと思っています。

阿部一二三選手との戦いで学んだこと

阿部一二三選手との戦いで学んだこと

全国中学校柔道大会55kg級の準々決勝では、当時神戸生田中学校2年の阿部一二三選手と対戦しました。

結果は有効で敗れてしまい大会も5位で終わりましたが、色々学んだこともあります。

今でこそ、とても有名な柔道選手として活躍している阿部一二三選手ですが、その頃はそこまで名前が出ていない選手でした。

そのため、その油断が試合に出てしまったのと、世界カデ柔道選手権大会の優勝で奢りが出たことも重なったのが、敗因だと思います。

この敗北から、どんな試合でも相手の力量だけで判断しないで挑むことを学びました。

その後、阿部一二三選手は階級を上げたこともあって一度も試合をしていないので、機会があればまた勝負したいですね。

自分自身の柔道と向き合う高校時代

自分自身の柔道と向き合う高校時代

大成高校に進学したあとは、アジアカデ・ジュニア柔道選手権大会で優勝するなど結果を残してきましたが、柔道に対する姿勢や考え方にも変化が出てきました。

「柔道が好き」という気持ちは、小さい頃から変わっていません。しかし、柔道と向き合ったとき、これまでのトレーニングではなく器具などを使うウエイトトレーニングに取り組む必要があると思うようになりました。

その結果、高校3年のときに出場した講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(以下、講道館杯)で、シニア選手を相手にしながらも準決勝まで勝ち進み、大きな自信に繋げることができたと思います。

より強くなれる環境を求め東海大学へ

より強くなれる環境を求め東海大学へ

大学は、全日本で強化選手に入っているような選手がたくさんいる東海大学に進学しました。

この大学で練習すれば絶対強くなれるし、いろんなことが学べると思ったからです。

東海大学2年生のときは講道館杯で、志々目徹選手を技ありで倒し、シニアの全国大会で初優勝できました。

また、柔道グランドスラム東京2016では、同じ東海大学の3年先輩である高藤直寿選手に一本勝ちしたことも大きかったです。

小さい頃からテレビで見ていた舞台で、60kg級で一番だった高藤選手に一本勝ちできたことはとても自信になりました。

自分の考えた練習で柔道に取り組む楽しさ

自分の考えた練習で柔道に取り組む楽しさ

2019年4月からは、了徳寺大学の職員として柔道に取り組んでいます。

これまでは決められた練習メニューをこなしていましたが、今では自分でメニューを考えなければならないという変化がありました。

でも、自分で「どうしたら強くなるのか?」、「どのタイミングでトレーニングして、練習をするか?」と考えるのはとても楽しいです。

社会人になってから、平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会で優勝し、世界柔道2019東京大会(以下、世界選手権)の代表選手に選ばれました。

同時に、東京五輪(柔道)に向けて世界選手権は必ず勝たなければならないし、先を行っている高藤選手にも勝たなければいけない。

だからこそ、代表選考に至るまでの試合すべてを勝ちきることができて、ホッとしたのを覚えています。

「世界柔道2019東京大会」での戦い

「世界柔道2019東京大会」での戦い

東京五輪(柔道)出場にも大きくかかわる世界選手権では、初戦から高藤選手にも勝利したことのあるキム・ウォンジン選手と当たり、いきなり山場が来たなと思いました。

初めて戦う相手でしたが、股透かしを決めることができたのは、内股が得意であることを読んで、わざと技が入るようにしたからです。

準々決勝のエルドフ・スメトフ選手も、合わせ技で勝利できましたが、準決勝で戦ったルフミ・チフビミアニ選手が勢いに乗っていたこともあり、その勢いに飲まれて負けてしまったのが残念です。

3位決定戦は高藤選手との勝負になりましたが、ここまでの試合で体力的にもきつく、勝てるか不安でした。

様子を見て試合を運ぼうとして、ポイントを取られてしまいましたが、ほんの僅かな隙も見逃さないようにして逆転できたときはホッとしましたね。

高藤選手とは戦う機会も多く、お互い切磋琢磨して柔道をしてきたこともあり、自分にとっては強くなるために必要な存在だと感じています。

東京五輪(柔道)に向けて

東京五輪(柔道)に向けて

いろんな大会で成績を残すことができ、メディアからも注目して頂けるようになりましたが、その反面、今までとは違う外部からのプレッシャーを感じることがあります。

プレッシャーとの向き合い方は常に考えているのですが、東京五輪(柔道)を目指すうえでのプレッシャーは、誰でも経験できることではない貴重なものだと考えるようになりました。

だからこそ、このプレッシャーを楽しんで東京五輪(柔道)を目指していきたいと思います。

小学生のときから、ずっと金メダルを取りたいと思って柔道を続けてきたので、東京五輪(柔道)は自分にとって特別なものです。

代表になるには、これから選抜までの試合をひとつも落とせないし、全部勝たなくてはいけないと思っているので、どの試合も大事に戦っていきたいと思っています。

自分は投げて一本を取る柔道にこだわっているので、試合を見てくれる人には、そんな自分の柔道スタイルを見て欲しいです。

インタビュー:2019年10月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

今回著名な柔道選手としてインタビューしたのは、男子60kg級にて活躍する永山竜樹選手です。 近所の友達に誘われて始めた柔道ですが、負けず嫌いな性格もあってどんどんのめり込み、中学時代には日本代表として大会に出場するほどになりました。 高校、大学ではシニア大会でも成績を残し、同じ大学の3年先輩である高藤直寿選手には、「世界柔道2019東京大会」で勝利を収めています。 多くの選手に勝利する永山竜樹選手の柔道に対する姿勢や取り組みを、インタビューにてご覧下さい。

注目ワード