「金野潤」著名な柔道家インタビュー

金野潤

2020年東京五輪(柔道)に向けての新体制で、その中心となる強化委員長に大抜擢された金野潤氏。
母校・日本大学で監督を務めて約10年、競技力の強化もさることながら、人間教育に重きを置く指導に定評があります。自身の選手時代から、東京五輪(柔道)への思いなどを伺いました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

「柔道界への恩返し」の思いで引き受けた強化委員長の大役

「柔道界への恩返し」の思いで引き受けた強化委員長の大役

強化委員長の話が来たときはただただ驚いて、最初は「お受けするのは難しいです」とお断りしました。今まで上村春樹先生をはじめ、山下泰裕先生、斉藤仁先生といった、そうそうたる顔ぶれの方々がやってこられた大役を、私ごときが引き受けたら皆様にご迷惑をおかけしてしまうと思ったのです。

でも、よく考えると、お断りしようとしたこと自体が、失敗したらどうしようなどと思って、自分本位の気持ちだったことに気付きました。それで、よくよく考えた末に、「そういう話が来たということは、自分が成長して、人の役に立ちなさいということなのではないか」、「自分が成長していくことで、柔道界に何かしら恩返しができるのではないか」という思いに至り、引き受ける決断をしました。

あとは、前委員長の山下先生からも、「一歩一歩、精一杯やれば良い。誠心誠意やれば良いんだ」ということを言って頂いたので、誠心誠意やることなら自分でもできるのではないかと考えました。「動機善なりや、私心なかりしか」という稲盛和夫さんの言葉を思い出し、動機が自分のため、自分本位の気持ちでなく、柔道界のために、少しでも役に立ちたいという気持ちであると、自分自身でそう思うことができたので、お受けしよう、惜しみなく自分の持てるものを出し切ってみようと思った訳です。

東京五輪(柔道)へのプレッシャーと思い

東京五輪(柔道)へのプレッシャーと思い

4年後の五輪(柔道)の会場は、他ならぬ東京ですから、成功させられなかったらどうしようというプレッシャーはあります。今、強化委員長として考えているのは、もちろん4年後が一番の仕事ではありますが、長い目で見てそのあとの10年間を視野に入れて考えていかなければならない、ということです。

1964年の東京五輪(柔道)は、柔道が世界に発展していく大きな分岐点でしたが、2020年の東京五輪(柔道)も大きな分岐点になると思うのです。この分岐点である東京五輪(柔道)を成功させることも大事ですが、どう成功させるかが、10年後20年後、あるいは50年後の柔道に、ものすごく大きな影響をもたらすということも意識して物事に当たらなければならないと思っています。

リオデジャネイロ五輪(柔道)は、非常に素晴らしい結果でした。 それは、井上康生監督や南條充寿監督、そして斉藤仁委員長、山下泰裕委員長をはじめ、かかわった多くの方々の努力の賜物だと思います。東京五輪(柔道)に向けても、実際には、現場の井上監督、増地克之監督が中心になると思いますので、私としては2人がやりやすい環境を作るために最大限の努力をしていきたいですね。

正直今はまだ力になれているとは言えませんが、2人が力を発揮できるように、汚れ仕事はなるべく私が受けて、しっかりと現場に集中できるようにしていきたいと思っています。

水泳部に入れず、第2希望の柔道部に入部

水泳部に入れず、第2希望の柔道部に入部

私が柔道を始めたのは中学1年のとき。水泳部に入ろうと思ったのですが、定員がいっぱいで入れなくて、第2希望の柔道部に回されて、柔道をやるようになったのです。柔道を第2希望にしたのも、「隣の友達が柔道って書いていたから」という単純な理由でした。一緒に入部した1年生は30人くらいいましたが、夏頃までにはほとんどやめてしまい5人になっていました。先生がほとんど来ないような部活で、先輩たちには毎日のように絞め落とされるし、試合でも勝てないし、昇段試験は3回も落ちるし。それでも「途中でやめるのはカッコ悪い」という見栄だけで続けていましたね。

中学時代はまったく勝てませんでしたが、教えてくれる人がいなかったので、自分で考えるしかありませんでした。毎日学校から帰宅したあとゴムチューブで打ち込みをしていたのですが、それは 岡野功先生がゴムチューブで打ち込みの練習をしているのをたまたまテレビで見かけて、「こうやったら強くなれるのかな」と自分で考えながら練習していました。

考えるクセというのはその頃についたのだと思います。でもその頃は、まさか自分がこんなに長く柔道をやるなんて夢にも思っていませんでしたね。

全日本柔道選手権大会で2度優勝。「打倒!小川」に執念を燃やした7年間

全日本選手権で2度優勝。「打倒!小川」に執念を燃やした7年間

高校時代も、それ程強い選手ではありませんでしたね。せいぜい東京都の大会で優勝するくらいで、全国には自分より強い選手がたくさんいました。

日本大学に入学し、全国大会の決勝まで進出できるようになり、大学3年のときに全日本柔道選手権大会(以下、全日本選手権)に初めて出場を果たしました。このときから「全日本選手権に出場してみたいな」から「全日本選手権で優勝したいな」に変わりましたね。出場7年目の27歳のときに初めて優勝できました。 全日本選手権は30歳のときにもう一度優勝し、「世界柔道選手権大会や五輪(柔道)にも出たい」と思っていましたが、ひとつの壁が乗り越えられない自分の弱さがあって、結局出場はできませんでした。

その頃、自分にとって当時チャンピオンだった小川直也選手は、本当に特別な存在で「小川選手に勝ちたい、倒したい」という思いが強く、四六時中小川選手のことばかり考えていました。トレーニングをするときも、稽古をするときも、ご飯を食べるときも、どうしたら勝てるのだろうと、7年間ずっとそればかり考え続けていましたね。「普通にやったら勝てない、だったらどうすれば勝てるか」、「同じ方向を向いていたのでは無理だな」と考え、奇襲技や色々な技を編み出しました。トレーニング方法も色々と考えて実践していました。

優勝したときは、その小川選手に準決勝で勝利を収めた吉田秀彦選手が決勝に上がってきたのですが、あのときの吉田選手の強さというのは本当に凄くて、組んだ瞬間に「やばい」と感じました。重心移動ひとつ間違えたらやられる、そんな気持ちで戦っていました。紙一重でしたけど、よく勝てたなと思います。

本音を言えば、小川選手に勝って優勝したかったという気持ちもありましたね。でも優勝したことで周りの人にも喜んでもらえて本当に良かったと思いますし、あの優勝があるからこそ、今の自分があるのだと思います。

勝つことに執念を持てたのは、自分に能力がなかったから

勝つことに執念を持てたのは、自分に能力がなかったから

小川選手に勝つことにそこまで執念を持てたのは、おそらく自分に能力がなかったからだと思います。身体能力が秀でている訳じゃないし、勘が良い訳でもない。環境に恵まれていた訳でもないですからね。

ない尽くしだったので、逆に「何とかしなければ」という気持ちが湧きましたし、それは今でもあります。

日本大学の指導をするようになって、正直そんなに強い選手のいない中で何とかしなければならない。それでも、自分自身の柔道人生が何もないところからスタートしているから、諦めないで色々なことを考えながら、一歩一歩進んでいけば、必ずチャンスは回ってくる。それは学生たちにも繰り返し話しています。

まずは勝たなければならない、そして「何故勝たなければならないのか」という説明をします。言いたいことは、「努力に逃げてはいけない」ということです。

結果をとことん追求しないと、結局「頑張っているから良いでしょう」となってしまう。それでは勝つ方法は見つからない。「勝つ」と決めたら、そのための方法を考える。それは必ず社会に出て役に立つ。

変な話ですけど、内股がうまくなっても、社会で内股は役に立ちません。でも内股を覚えるために考えたこと、努力したこと、そのプロセスは必ず役に立つと思います。だから、「勝つ」ということを決めて、そこから過程を考える。

頑張っているうちに辿り着くのではないかという考え方では、一生勝てないと思いますね。

一生懸命やって失敗したときは、考えるチャンス

一生懸命やって失敗したときは、考えるチャンス

嘉納治五郎師範は、柔道の修行は「形」「乱取り」「講義」「問答」だとおっしゃっています。その中のひとつ、「問答」というものは、今でいう「コーチングカンバセーション」ですよね。

つまり、「問答」をすることによって、自分の中にあるものに気が付ける、自分の目標に気が付ける、ということ。その「問答」の大切さというのを分かっていない指導者が多いように思います。

もちろん、素晴らしい指導者もたくさんいらっしゃいます。しかし残念なことに少年柔道の指導の現場では「問答」にそぐわない指導の仕方をしている光景を目にすることがよくあります。「何故失敗したのか、考えてみろ」と自分で考えさせるのではなく、「何回言えば分かる、何故そんなことをするんだ、あれほど言っただろう」と叱責するだけの指導者が多い。

一生懸命やって失敗したときというのは、考えるチャンスなのです。でもそこで親や指導者が叱責し、答えだけを与えようとしてしまうケースが多い。

答えだけを与えるのではなく、自分で考えさせるようにしなければ成長しない。それは学生を指導するうえでも常に考えていますね。

東京五輪(柔道)を、日本柔道がさらに発展する分岐点にしたい

東京五輪(柔道)を、日本柔道がさらに発展する分岐点にしたい

今回、強化委員長のお話を頂いた際、私が強化委員長になって、監督を務める「日本大学柔道部の生徒たちは大丈夫だろうか」という心配もありました。ですが、私は自分の生徒たちに自信を持っているのでそれは大丈夫だろうと思い直し、強化委員長を引き受けました。また指導者として「私自身がもっと成長しなくてはならない」という気持ちもありましたね。

強化委員長をやっていくうえで、様々な視点からのアプローチの仕方を学ぶ必要がある、それをやりきるためにも自分自身を追い込むことで成長することができる。 それが生徒たちのためになる、という考えもあるのです。そのためには、本当にガムシャラにやらなければならないと思っています。 東京五輪(柔道)で日本柔道が期待されていることは、金メダルをいくつ獲るか、そして銀メダルや銅メダルをどれだけ獲るかということだと思います。

そのためには4年後を大きな分岐点にしなくてはいけないということ。分岐点に必要な要素は色々あって、もちろん結果もそうですし、ドラマチックさも必要でしょうね。そして、選手たちの持っているキャラクターであったり、考え方であったり、立ち居振る舞いであったり、色々なものが様々な人に大きな影響を与えると思います。

それはやはり強さとともに、周りからリスペクトされるような柔道界をアピールできるよう、五輪(柔道)で結果と内容をしっかり示して「日本柔道がこれから発展する大きな分岐点にしたい、しなければならない」と考えています。

 

インタビュー:2016年11月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道大会情報や柔道家・選手紹介など、柔道に関する様々なコンテンツを発信する「柔道チャンネル」。「著名な柔道家インタビュー」では、日本の柔道界を支える柔道家達の貴重なインタビューをお届け致します。今回お話を伺ったのは、2020年東京五輪(柔道)に向けての新体制で、その中心となる強化委員長に大抜擢された金野潤氏。 母校・日本大学で監督を務めて約10年、競技力の強化もさることながら、人間教育に重きを置く指導に定評があります。自身の選手時代から、東京五輪(柔道)への思いなどを伺いました。
柔道好き必見の、金野潤強化委員長のインタビュー。ぜひご覧下さい。

注目ワード