「近藤亜美」著名な柔道選手インタビュー

  

近藤亜美

柔道日本代表女子のトップバッターとして、リオデジャネイロ五輪(柔道)に出場した48kg級の近藤亜美選手。
5歳から柔道を始め、21歳で挑んだ今大会では、2月に行なわれた柔道グランドスラム・パリで、初戦敗退を喫した選手とのリベンジマッチに勝利するなどの活躍を見せ、見事銅メダルを獲得しました。近藤選手の柔道への思いを、インタビューを通じてご覧下さい。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

5歳で始めた柔道

5歳で始めた柔道

私が柔道を始めたのは、先に柔道を習っていた兄の影響が大きかったと思います。兄が持っていた柔道大会の金メダルを見て「ちょうだい」とねだったのですが、「自分で獲れ」と言われたのがきっかけです。

柔道を始めた頃は、「スポーツをやるからには、頂点を目指す」とは思っていたものの、漠然とやってきたところは正直ありました。

小学校2年生のときに、地元の六郷道場から大石道場へと稽古の場を移したのですが、そこではひたすら打ち込みと投げ込みという基礎練習を繰り返す日々。誰でもそうだったと思いますが、あまりにも基礎練習ばかりなのでつまらなく感じていました。

とにかく乱取りをやりたかったこともあり、少し基礎練習の手を抜きがちで怒られることも多かったです。昔を振り返ってみると、本当に怒られていた記憶ばかりが思い返されますね。

大成中学・大成高校時代

大成中学・大成高校時代

中学校は地元愛知県の柔道の名門・大成中学校。高校はそのまま大成高校へ入学しました。実はあまり苦労したと感じることはなかったのですが、しいて言うなら柔道と勉強との両立ですね。朝から柔道の練習を頑張って、授業後ももちろん練習。でもその間には勉強もあるし、なかなか大変でした。

6年間の中で一番印象深い大会は高校3年生(2013年)のときの「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」。この大会で大石公平先生とケンカをしてしまい、途中で「もうセコンドに付かないで」と言ってしまったことがありました。

私の中では「高校卒業までにシニアに上がりたい、そのためにはこの大会で優勝する」という気持ちがとても強かったので、他の選手も出場するので仕方ないとは思いながらも、大石先生が大会会場内をあっちに行ったりこっちに行ったりしていることが気に入らなくて。上を目指していたからこそのケンカでしたね。

高校卒業、実業団柔道部へ

高校卒業、実業団柔道部へ

高校を卒業して三井住友海上の柔道部に所属することになりました。このチームは寝技が強いチームです。私も先輩たちに揉まれて、寝技は確実に強くなったと思います。

あとは意識の面ですね。学生のときとは違い、柔道が仕事になっているので、「勝たないと意味がない」というプロ意識が芽生えてきたとは思います。そういう部分での意識は大きく変わりました。

リオデジャネイロ五輪(柔道)を意識したきっかけと代表争い

リオデジャネイロ五輪(柔道)を意識したきっかけと代表争い

始めは2020年の東京を目指していました。そのため、最初はリオデジャネイロへの思いは薄かったです。

リオデジャネイロを意識したのは、2014年にチェリャビンスクで開催された世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)からです。この大会で優勝したときに「もしかしたらリオデジャネイロに届くかもしれない」と思いました。そして、ここから代表争いにも参加できるようになりましたね。

2016年4月に開催された全日本選抜柔道体重別選手権大会は、リオデジャネイロ五輪(柔道)の日本代表の最終選考会でもあったのですが、正直崖っぷちだと思っていました。

優勝しなければ日本代表になれないと思っていたので、優勝して代表に決まったときは正直ホッとしましたね。

リオデジャネイロ五輪(柔道)への思い

リオデジャネイロ五輪(柔道)への思い

48kg級はずっと日本が強いと言われ続けている伝統の階級だったので、責任やプレッシャーはもちろんありました。

試合前に南條充寿監督が「最初の3階級で金メダルを獲りたい」とおっしゃっていたのですが、「獲らなきゃ!」という気持ちよりは「私が獲る」という気持ちの方が強かったので、この言葉にはあまりプレッシャーを感じていませんでした。どちらかと言うと「48kg級」という伝統階級によるプレッシャーの方が大きかったですね。

それでも、大会前の代表争いが激しいものだったので、「もうあとはやるだけかな」という気持ちで臨みました。

試合について

試合について

試合は結構ギリギリのところが多く、正直何度も「一本取られた」と思った瞬間がありました。

準々決勝で対戦したオトゴンツェツェグ・ガルバドラフ選手(カザフスタン)には、2016年の柔道グランドスラム・パリで負けていたので、今回はリベンジマッチ。ここが山だと思っていましたね。「絶対に一本で勝ちたいな」という気持ちで臨みました。

途中で投げられたときには「あ、負けた」と思ったのですが、運良く技ありだったので、そこで焦らずにどこかで払腰か寝技で取り返そうと狙いました。その結果、残り30秒を切ってから払い腰で崩し、寝技で抑え込んでなんとか逆転することができました。

そして準決勝の相手はパウラ・パレト選手(アルゼンチン)。寝技はあまり上手な選手ではないと思ったので、寝技で獲ろうと事前に対策を練っていたのですが、なかなか上手くいきませんでしたね。組み勝ってはいたので、足技を掛けようと思ったのですが、狙っている間にこちらが掛けられてしまい敗退。

「ここで勝てばメダルは確実」という場面で負けてしまったので、かなりショックでしたね。皆さんにすごく声を掛けて頂いたにもかかわらず、ショックで座り込んでいました。

そんなときにアルゼンチンのコーチが私のところに来て、英語で「立て近藤!」と。それを聞いて、「ああ、立たねば」と思い、気持ちを切り替えて3位決定戦に臨むことができました。

3位決定戦ですが、終了間際の有効は、私の中では微妙だったこともあり、「またゴールデンスコアか」と思ったときに、有効と判定が下されました。その瞬間に「もし判定を覆されてしまったら大変だ」と思ったので急いで畳を降りましたね。

その一瞬は嬉しかったのですが、「でも3番なんだな」と思い、何だかまた悔しくなってしまいました。

銅メダルは銅メダル

銅メダルは銅メダル

試合後に南條充寿監督から「お疲れ様。でもやっぱりちょっと硬かったね」という言葉を頂きました。他の方からも「硬かった」、「もっと伸び伸びと元気に近藤らしくやってほしかった」と言われていたので、そういう言葉を聞いて、また少し悔しくなったところもあります。

「やはりみんな金メダルを求めていたんだろうな」と感じたり、「銅メダルは銅メダルなんだな」と思ったりはしましたね。

今回、学生時代の恩師である大石先生も来て下さっていたのですが、銅メダルだったので、あまり褒めてはくれなかったし、こっちを見てくれなかったので、少しケンカしてしまいましたね。とても熱い方なので、金メダルでなかったことにすねていたのだと思います。

今後の目標

今後の目標

東京大会まではまだ4年あります。代表になるところから始まるので、どうなるかは分かりませんが、まずは来年ハンガリーで行なわれる世界選手権できっちりと金メダルを獲って再スタートを切りたいです。

2014年の世界選手権以降、得意の払腰はずっと研究されているのですが、さらに磨きをかけ、これがしっかりと掛かるようにできればと考えています。

まだ東京を目指せる年齢だと思います。「今回1回だけだったね」と言われないように、ひとつずつ積み上げて、東京を目指したいです。

 

インタビュー:2016年9月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

ホームメイト柔道チャンネルは、大会情報や柔道家紹介、お役立ち情報など、柔道に関する様々な情報を紹介する柔道専門サイトです!こちらのページには、リオデジャネイロ五輪(柔道)女子48kg級に日本代表として出場した近藤亜美選手へのインタビューを掲載しています。柔道女子日本代表の中で最年少出場となった近藤選手。近藤選手は、日本の伝統とも言われる48kg級のプレッシャーや責任を感じながらも、「自分が金メダルを獲る」という強い思いを持って試合に臨み、金メダルこそ逃したものの3位決定戦を勝ち抜いて、初出場にして見事銅メダルを獲得しました。金メダルを獲れなかったことに対して悔し涙を流しながらも、すでに4年後の東京大会を見据える近藤選手の思いや目標などを、ぜひ感じて下さい。
柔道チャンネルは、柔道を志すすべての方を応援致します。

注目ワード