「賀持道明」著名な柔道家インタビュー

賀持道明

男子ジュニア強化担当ヘッドコーチも務める日本中央競馬会柔道部の賀持道明監督に、柔道を通した人間形成や、社会人として柔道に取り組む姿勢などについて話を伺いました。

「会社に貢献したい」という思いで監督に

「会社に貢献したい」という思いで監督に

私はオリンピック出場を最大の目標に選手生活を続けていました。しかし、バルセロナオリンピック(1992年)、アトランタオリンピック(1996年)と二大会連続で補欠となり、アトランタオリンピックを終えたときには「ここで現役を引退しよう」と心に決めていました。

ちょうどその時期に、日本中央競馬会から選手兼任という形でコーチ就任を打診されました。当時、チームには瀧本誠(シドニーオリンピック81kg級金メダリスト 以下、瀧本選手)がいて、彼をオリンピックに出場させることを新たな目標に、選手兼コーチとして現役を続けることになったのですが、振り返ればこれが私の指導者人生のスタートでしたね。

その後、瀧本選手を無事にシドニーオリンピック(2000年)へ出場させることができ、また、金メダルを獲ってくれたことで、スッキリとした気持ちで現役を引退することができました。引退後は本社から阪神競馬場に転勤を申し出て、約2年間、一人の社会人として仕事を通じて様々なことを学ばせて頂きました。この時期には、もう柔道衣を着ることはないだろうと思っていたのですが、当時の監督から「もう一度コーチとして戻って、自分の次の監督になってほしい」とお誘いを頂きました。

私自身としては、競馬場での仕事にやりがいを感じていましたし、係長に昇進した年でもあったので、「もう少し仕事を頑張らせて下さい」とお断りをしたのですが、何度も何度も競馬場に足を運んで下さり、低迷していた柔道部を本気で立て直したいという想いが伝わってきました。私は現役時代も引退後も、柔道を通じて会社に貢献したいと考えていましたので、自分にできることがあるのであればと、監督を引き受けることになりました。

働きながら柔道をすることに意味がある

働きながら柔道をすることに意味がある

日本中央競馬会柔道部の魅力は、社会人として責任のある仕事を持ちながら、柔道に取り組ませて頂けることです。現在の実業団柔道界はいわゆる「プロ化」が進んでいて、選手時代には仕事をしなくても良いという企業もあります。しかし、私は社会人として、働きながら柔道をすることにこそ意味があるのだと思っていますし、選手たちにも常々そう伝えています。

なにより社会人としての労働意欲は、柔道選手としてのやりがいにも繋がると思います。特に警備や接客を通して、多くの方に安心して競馬を楽しんで頂く環境を確保する我々の仕事は、心・技・体を鍛えている柔道家の長所を活かすことができますし、実際に色々なセクションで柔道部のOBの方や現役選手が活躍しています。

現役選手は基本的に本社に勤務するのですが、3年程で職場異動があるので色々な仕事を経験することができます。私自身がそうだったように、引退後にスムーズに社会人生活へと馴染むことができる環境が整えられているのは、日本中央競馬会柔道部の魅力だと思いますね。

チームを包む、家族のような一体感

チームを包む、家族のような一体感

柔道部の選手たちは、世田谷区の「馬事公苑」の一角にある独身寮や社宅で生活しています。毎朝6時30分から約1時間の合同トレーニングで1日が始まり、寮母さんが作る食事を頂いてから9時30分に出社。15時に仕事を終えて稽古に向かいます。

稽古は基本的に各選手の母校の大学で行なうのですが、皆がまとまってひとつの大学で練習をする機会も増えています。私が理想としているのは、苦しいとき、辛いときに皆で支え合えるチーム。最大の目標である全日本実業柔道団体対抗大会での優勝へ向けて、選手たちには常日頃から「自分たちは家族だ」と言っています。それぞれ違う大学から集まってきていますが、稽古でも日常生活でも互いに支え合い、協力しながら、本当の家族のような関係を築いてくれていると思います。

また、独身寮や社宅のすぐ隣に体育館と柔道場があり、いつでもトレーニングができる環境が整っていることも日本中央競馬会柔道部の魅力のひとつです。選手たちの意識も非常に高く、夜遅くまで黙々と自主トレーニングに励んでいます。私自身も社宅に住んでいるのですが、部屋でくつろいでいると「ウエイトトレーニングやりたいので付き合ってもらえますか?」と電話がかかってくることもあります。

練習メニューは1週間ごとに選手たちと話し合って決めるのですが、週に1〜2度、必ず取り入れているのが、競走馬用のダートコースを使ったトレーニングです。約1.3kmのコースを走ったり、アップダウンのある障害コースでダッシュしたり、整地用の車の大きなタイヤを引いたり、下半身や体幹を強化するのにとても効果的な練習が行なえます。ダートコースを使ったトレーニングは、私自身も現役時代に経験があり、日本中央競馬会という会社の環境を活かした「伝統の練習メニュー」だと言えますね。

謙虚に取り組む姿勢を重視する指導

謙虚に取り組む姿勢を重視する指導

指導をする上で何よりも大切にしているのは、自分たちは日本中央競馬会という会社で「柔道をさせてもらっている」という謙虚さを自覚させることです。自分は柔道をするためではなく、仕事をするために入社したのだという意識が芽生えれば、きっと一本一本の乱取り稽古に取り組む気持ちや、柔道に対する姿勢も変わってくると思うからです。

同僚の方たちよりも早く仕事を切り上げて稽古に行かせて頂いているのだから、選手たちは真剣に柔道に取り組まなければいけません。当然のことですが、怪我で稽古ができなければ定時まで仕事をさせますし、出社時間に遅れるようであれば朝のトレーニングに出る資格もありません。柔道選手ではなく、ひとりの社会人として誠意を持って取り組んでいる姿を見せられれば、きっと周りの同僚の方も応援して下さると思います。

実際に、日本中央競馬会柔道部の先輩方は、そうした環境の中でオリンピックの金メダリストや世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)のチャンピオンになってきたわけです。私は、社会人としてのルールを守った上で、集中して柔道に取り組む意識や姿勢を大切にしたい。選手たちにも「先輩方がやり遂げてきたのだから、君たちにできない理由はない。目標がしっかりとしていれば必ず目標は達成できるんだ」と、常日頃から伝えています。

人間性を磨き、自立した選手を育てたい

人間性を磨き、自立した選手を育てたい

技術面での指導では、自ら状況判断ができる自立した選手に成長させることを心掛けています。畳の上では、指導者のアドバイスを待つのではなく、自分自身で考えて戦わなければなりません。そのため、稽古でもミーティングでも、選手がその練習の意味を理解し、納得するまで時間をかけて説明し、「身体に練り込む」まで徹底的に稽古を続けさせます。

実業団で戦う選手たちはもともと素質を持っているので、意識を変え、ヒントを与え、理解させれば、自分で考えて取り組むようになるものです。私は現在、全日本ジュニアのヘッドコーチもしているのですが、ジュニアの選手たちと接する際にも、この「自立」という部分は強く意識しています。

それと同時に、実業団の選手でもジュニアの選手でも、柔道を通した人間形成という点も重視しています。私は、オリンピックや世界選手権でチャンピオンになるという目標は、あくまで人間形成の先にあるものだと考えていますし、仮に、挨拶もしっかりとできない選手がオリンピックの金メダリストになったところで、何の意味もないと思っています。しっかりと挨拶ができ、お世話になった方に感謝ができ、謙虚な姿勢で柔道に取り組めるようになれば、もともと素質のある選手たちなので、自ずと強くなってくれるはずです。

指導者として影響を受けた2人の恩師

指導者として影響を受けた2人の恩師

私には、選手として、また指導者として、大きな影響を受けた先生が2人います。まずは、私が柔道を始めた大宮工業高校の佐藤先生です。国士舘大学出身の佐藤先生には、柔道の基礎はもちろん、挨拶や人間性の大切さを教わり、試合に臨む態度や執念など精神面を鍛えて頂き、現在の私の指導の原点になっています。

そして、日本大学で指導を受けた高木長之助先生(現・日本大学柔道部総監督 以下、高木先生)との出会いも、自分の柔道観を大きく変えてくれました。高木先生は今から25年程前に、当時はまだ柔道界で一般的ではなかったサーキットトレーニングや400mダッシュといった科学的なトレーニングを実践していました。高校時代にはウエイトトレーニングさえ経験がなかった私ですが、高木先生の指導のお陰で一気に体格や筋力が変わったことの驚きと喜びを、今もよく覚えています。

数年前から日本中央競馬会柔道部でもサーキットトレーニングを導入し、食事内容にも考慮した練習メニューを組んでいます。100kg超級の石井竜太は、サーキットトレーニングを始めて1年間で約20kgも体重が増え、力負けすることがなくなり、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会で優勝しました。佐藤先生と高木先生、2人の恩師には本当に感謝しています。

自分のように、選手生活に悔いを残すな

自分のように、選手生活に悔いを残すな

指導者として強く意識しているのは、常に全力で取り組み、万全の準備で試合に臨むことの大切さです。これは私の現役時代の経験がもとになっています。選手生活で最も印象に残っているのは、バルセロナオリンピックの前年、1991年のバルセロナ世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)に出場して二回戦で負けたこと。

今振り返ると、「もっと準備をしっかりとして臨んでいれば」、「やり残したことがたくさんあったなぁ」と後悔しています。もう一度機会があれば、次こそは準備をしっかりしようと思っていましたが、結局、世界大会に出場することができたのはその一度だけでした。正直、もう一度世界選手権に出場したかったですし、オリンピックにも出たかった。悔しさは今も消えません。

だからこそ、選手たちには、しっかりと目標を持って1日1日を真剣に過ごしてほしいと、口を酸っぱくして伝えています。現役時代は本当に短いんだぞ、チャンスは何度も来てくれないんだぞと。柔道をさせてもらえることに対する謙虚さを持って取り組むという私の指導の理念も、そうした経験が大きくかかわっているのだと思います。

もちろん、指導者として私自身も学び続け、選手を良い方向へ導けるように努力をしていくつもりです。選手も指導者も、向上心を無くしたときが引退のとき。現在はJOC(日本オリンピック委員会)主催のナショナルコーチアカデミーを受講していますが、他の競技の指導者の話も参考にしながら、今後の指導に活かしていきたいと思っています。

成長に出会う瞬間が、指導者のやりがい

成長に出会う瞬間が、指導者のやりがい

指導者の喜びというのは、チームやひとり一人の選手の成長を感じた瞬間に味わうことができるのだと思います。私が日本中央競馬会柔道部の監督になったとき、部員はたった3名。その年の全日本実業柔道団体対抗大会(以下、実業柔道団体)には、私とコーチが選手としてエントリーして出場しました。

それから2年後、ようやく5名の選手が揃い、監督として初めて実業柔道団体で優勝することができました。大会前には頻繁に選手たちを自宅に呼んで、食事をしながら皆の意識をひとつにして、「必ずこの5人で日本一になろう」という決意で福岡に乗り込みましたね。補欠もいない5名だけの部員で優勝したのは、他に例がないことだと思いますし、あの優勝は監督になって一番の思い出です。

また、2011年の世界ジュニア柔道選手権大会では、試合を終えた選手が自主的に会場のゴミ拾いをしている姿を見て、とても誇らしく、嬉しい気持ちになりました。その選手はちょっとやんちゃな子で、試合にも負けてしまっていたのですが、誰に指示されたわけでもなく率先して行動をしていたんです。こうした成長を間近に感じられるのは指導者の醍醐味だと思います。日本中央競馬会柔道部の選手たちも、ある選手が体調不良で朝の練習を休んだら、食べものを届けてあげたり、私の具合が悪いときには薬を持って来てくれたり、互いに支え合い、気遣いができる選手ばかりです。そういう気持ちは、きっと柔道にも繋がっていくと思います。

部員5名が世界王者を目指す2014年

部員5名が世界王者を目指す2014年

日本中央競馬会柔道部は、チームとしての目標と個人の目標をしっかり持ちながら、高い意識で切磋琢磨していることが強みです。部員たちはひとり一人が世界選手権やオリンピックを目指す強化選手で、「戦う集団」として、また、社会人としての責任を自覚して主体的に稽古に取り組み、チームの最大の目標である実業柔道団体の優勝を目指しています。

また、部員数が5名と少数精鋭で、ひとり一人に中身の濃い指導を行なえることも、他のチームにはない強みだと思います。2014年はチェリャビンスク世界選手権もあり、5名全員が出場する可能性を持っていますので、ぜひとも「仕事をしながら柔道の世界チャンピオンになる」という目標を達成してほしいと思います。

個人的に注目しているのは81kg級の長島啓太。今年のリオデジャネイロ世界選手権では、初めての世界大会で緊張してしまい、本来の力が出せず個人戦では初戦で負けてしまったのですが、私自身の世界選手権での体験と重なりました。

帰国してすぐに練習をしていましたし、本当に悔しい思いをしたのだと思います。ただ、個人戦で負けた直後の団体戦では抜群の内容で全勝していますし、「もう一度チャンスがあれば」という気持ちが彼の中にもあると思うので、準備を整えて、ぜひ2014年のチェリャビンスク世界選手権で花を咲かせてほしいですね。

柔道少年・少女へのメッセージ

柔道少年・少女へのメッセージ

現役選手として、また指導者として長く柔道に携わってきましたが、やはり柔道は人間的にも成長することができ、将来に繋がる素晴らしい競技だと感じています。礼儀であったり、身体を鍛えることだったり、競技そのものの魅力だけではなく、人生に通じる様々なことを柔道は教えてくれます。

そして、稽古を通して色々な人と出会い、人間関係を築くことができるのも柔道の魅力です。なにも選手として結果を残すことだけが柔道をする目的ではありません。私自身が、人としての基礎を養ってもらい、交流の輪を広げてもらったことに心から感謝していますので、ぜひたくさんの子供たちに興味を持ってもらい、競技に取り組んで頂ければと思います。

インタビュー:2013年11月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード