著名な柔道選手インタビュー

  

影浦心1/3

2017年の柔道グランプリ・デュッセルドルフでは、リオデジャネイロ五輪(柔道)の銀メダリスト・原沢久喜選手を敗り優勝。さらに2018年の講道館杯全日本柔道体重別選手権大会でも優勝するなど、男子100kg超級における活躍が注目されている影浦心選手。現在に至るまでの経歴や、思うように結果が残せない時期の打開策、そしてこれから控えている東京五輪(柔道)への目標などを語って頂きました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

友達に連れられ始めた柔道

友達に連れられ始めた柔道

母がバレーボールチームに所属していたのですが、小学4年生の夏頃、そこで知り合った同じ学校の友達から「一緒に柔道をしよう」と誘われて、松前柔道会の道場に連れて行ってもらったのが、柔道を始めたきっかけです。

柔道を始めたばかりの頃は、基本的な受身の練習から礼儀作法まで教わりました。礼儀作法を教わっても「こういうものなんだ」とすんなり受け入れていたと思います。しかし、受身の練習で頭を打って痛い思いをしたせいで、最初は柔道にあまり良い印象はありませんでした。

他のスポーツはしていませんでしたが、当時、父がラグビー選手だったこともあり、一緒に練習に付いて行き、タックルをして遊んでいましたね。ただこれは、柔道に活かすというよりは、遊びの延長のような感じでした。

柔道に本気で取り組みたいと思った県大会

柔道に本気で取り組みたいと思った県大会

弟と一緒に柔道を始めたのですが、よく試合に勝っていたのは弟。弟とは違い、自分は女子にも負けるほどで試合に勝てない日が続きましたね。

それでも、中学に進学してからも柔道を続けようと思い柔道部に入部。中学1年生の新人戦で、初めて県大会で優勝したのです。自分の中では、県大会とはいえ初めてチャンピオンになれたので、柔道を途中で投げ出さずに続けてきて良かったと思いました。

この頃から柔道がすごく楽しいと思えるようになって、授業中も道場に行くのが待ち遠しいくらいでしたね。

柔道を通してたくさんの刺激を得た中学時代

柔道を通してたくさんの刺激を得た中学時代

中学校に入学したときは73kg級だったので、まずは試合までにウエイトが増やせるようにたくさん練習し、たくさんご飯を食べるようにしていました。

部活の練習とは別に、週3回は松前柔道会での練習も継続し、投げ技を中心に練習。中学3年生のときに出場した大会で、背負い投げをかけた際に両膝着きで注意を取られて負けてしまったことがあったので、一本背負いを決めることができるよう、真剣に取り組みました。

中学最後に、初めて全国大会に出場。全国中学校柔道大会では、ベスト8に終わってしまいましたが、何も分からない状態からここまで勝ち進めたのは嬉しかったですね。

この結果から、全日本柔道連盟の強化選手にも選んで頂き、毎月1回東京で合宿をして、色々な選手から刺激を貰う機会を得ました。合宿を通して「このままではいけない」と気付くことができるようになったなど、プラスになることが多かったです。

インタビュー:2019年3月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

今回著名な柔道選手としてインタビューしたのは、男子100kg超級にて活躍する影浦心選手です。幼い頃に友達に連れられて始めたという柔道。中学1年生のときに県大会で優勝し、本気で柔道に取り組むようになると、高校時代はハードな練習にも耐えて実力を付けていきました。大学入学と同時に怪我をしてしまい、戸惑いや焦りを覚える中でも、影浦選手ならではの方法でスランプに打ち勝つ姿は、多くの選手の励みになるのではないでしょうか。国内外問わず、多くの選手に勝利する影浦選手の幼い頃から現在、これからに至るまでのインタビューをご覧下さい。

注目ワード