「平岡拓晃」著名な柔道選手インタビュー

  

平岡拓晃

ロンドンオリンピックにて銀メダルを獲得した平岡拓晃選手。
北京オリンピックで経験した悔しさ、ロンドンオリンピックまでの4年間についてお話を伺いました。

4年前の借りを返す場所

4年前の借りを返す場所

4年前に出場した北京オリンピックでは、初戦で負けてしまい、精神的にもいろいろと厳しいものがありました。

あれからの4年間は、「北京の借りを返したい」という意地だけで柔道に取り組んできましたし、昨年の世界柔道選手権大会(パリ)に出場したときも「やはりオリンピックの借りはオリンピックの舞台でしか返せない」と強く感じました。

それだけに、ロンドンオリンピックの銀メダルという結果には悔しさを感じています。

ただ、あの北京オリンピックの悔しさがあったからこそ、ロンドンオリンピックの舞台に立つことができ、そこで表彰台に立つこともできたのだと思っています。

この4年間で柔道に対する意識も大きく変わりました。

ランキング制の導入で試合数が増えたこともあり、できるだけ減量の負担を減らすために食事を改善したり、とにかくオリンピックで勝つために、日常生活と柔道を結び付けて考えるようになりましたね。

なにより、家族ができたことは非常に大きかったです。

食事面のサポートをしてもらえるようになりましたし、子供が生まれたことで「頑張れる材料」が増えました。

まだ小さいので記憶には残っていないと思いますが、ロンドンにも応援に来てくれましたし、娘の存在は柔道生活の面でもすごく有り難い存在になってますね。

あの辛さを思えば…

あの辛さを思えば…

北京オリンピックでは大会前に怪我をしてしまい、満足に練習ができないまま本番を迎えてしまったという苦い経験があります。

自分のなかで「あのときにこの練習ができていれば」という心残りというか、後悔もあったので、ロンドンオリンピックに向けた調整では怪我をしないことを第一に考えました。

厳しい合宿が続くと見えない疲れが溜まって、気を付けていても怪我をしてしまうことがあるので、その部分には本当に気を使いました。

今回の男子柔道代表のなかでは自分が唯一のオリンピック経験者だったので、他の選手にも「怪我に気を付けて日頃の練習を頑張ろう」と自分の経験を伝えました。

練習の内容では、対戦相手を想定した実践的な技の研究など、選手のやりたいことを監督・コーチが快く受け入れて下さったので非常に有り難かったです。

また、メンタル面では調整というよりは、やはり「絶対に借りを返すんだ」という強い思いだけでした。

北京オリンピックで負けて帰国したときにはかなり批判もされたので、「あのときの辛さを思えば」という感じできつい練習にも耐えることができました。

きっと、4年前のあの経験がなければ、今回の銀メダルは獲れていなかっただろうと思います。

辛いことを我慢して心が鍛えられたというか、それ程北京オリンピックでの初戦敗退という事実は、自分にとってすごく大切な経験になっていますね。

長かった初勝利への道のり

長かった初勝利への道のり

ロンドンオリンピック60kg級の試合は初日だったので、男子代表のトップバッターとして「自分が勝って流れを作りたい」という意識はありました。

他の階級の選手にも「俺が流れを作るから」と言っていましたし、同じ最年長の選手として100kg級の穴井隆将選手とは「2人で盛り上げていこう」という話もしていました。

調整も全体として順調に進んでいたのですが、実は試合前計量の15分前に体重が100gオーバー。それでも計量までに無事に落とすことができ、なんとかリミットぎりぎりで試合を迎えました。

1回戦の畳に上がる直前は、「ここに辿り着くまで、本当に長かったなぁ」と思いましたね。

自分のなかでは、北京オリンピックからの4年間は早かったと感じてはいたのですが、実際に畳の前に立つと「やっと帰ってこられたな」って。

もちろんプレッシャーはありましたが、それは責任感の裏返しで良いものと自分は考えていたので、「よし、やってやろう!」という気持ちで試合に向かうことができました。

1回戦の対戦相手は地元イギリスのアシュリー・マケンジー選手で、会場はすごく盛り上がっていて、完全にアウェイの雰囲気。

実際にすごいブーイングも受けました(笑)。

ただ、相手が誰であっても「自分がどのように戦うかが大事だ」という思いで、試合への入り方だけ冷静に考えていました。

結果、巴投げから背負い投げというコンビネーションで一本勝ち。

4年越しのオリンピック初勝利は「長かった」というのが素直な気持ちでした。そして、やはりホッとしました。

「4年前には自分の柔道が全くできなかった」というもどかしさを抱えて4年間を過ごしてきましたので、「やった!」という気持ちよりも安堵感の方が強かったですね。

落ち着いた試合運び

落ち着いた試合運び

2回戦も自分から攻め続ける試合展開になり、「自分の技が出せている」という実感はありました。

開始3分頃の一本背負いは、決まりが浅かったこともあり自分のなかでは「一本はないだろう」と思っていました。

だから判定が一本から技ありになっても、心理的な影響はなかったですね。

すぐに「畳から降りるまでは気持ちを切らさずにいこう」と気持ちを切り替え、相手をしっかりと見て、慌わてて攻めず、自分の柔道に持っていこうと思うことができました。

むしろ、客観的に試合展開を考えられている自分の存在を感じることで、より落ち着いて戦うことができたのだと思います。

2回戦で勝利したときに思ったのは、「まだ2回勝っただけ。徐々に調子を上げていこう」というだけで、次の試合に向けて気持ちを切らさないよう気を引き締めていました。

準々決勝はフランスのミル選手。繰り返し背中を掴みにきていたので自分の柔道が出せず、非常に戦いにくかったですね。

試合が始まってすぐに、「襟も持たせてくれないし、これはてこずるな」と思いました。

お互いに攻め合う一進一退の状況を打開するために、大技ではなく足技から崩そうと考えていたのですが、危ない場面もあり、指導を2つ受けて先に有効を取られる苦しい展開になってしまいました。

そのときに篠原監督の「気持ちだぞ」という声が聞こえて心にスイッチが入り、終了直前に有効を取って延長に持ち込むことができました。

劣勢から追いつく展開、試合が長くなれば相手は絶対バテると考えていたので、延長戦に入ったときは「もうこっちのものだ」と思いましたね。

延長開始直後こそバタつきましたが、剥がれた爪の治療をしている時間に「残り時間のなかでこう攻めよう」と考える余裕ができたので、落ち着いて試合を運ぶことができました。

勝負強くなった自分を実感

勝負強くなった自分を実感

準々決勝は、延長戦でも有効の判定が取り消されましたが、ジュリー(審判委員)が入り協議をしている間も「まだ戦うんだ」という気持ちは作っていましたし、焦りから相手が前に出てくることも予想できていたので、このままの戦い方をすれば大丈夫だと思っていました。

結果、判定での勝利。最も苦しい試合でしたし、土壇場で追いつき、延長の末に勝ち上がったこの準々決勝がオリンピックのなかでは最も印象に残っていますね。

帰国後もいろいろな人から「あのときに慌てなかったのか?」と聞かれるのですが、もちろん、慌てましたよ(笑) 。

ただ、ポイントを取られたときにどう戦うかを想定した練習をずっと続けてきたので、これまでの経験が活かされたと実感できた試合だったと思います。

自分のなかでも勝負強くなったなと感じましたね。

準決勝では「自分は前の試合で一度負けたと思って、開き直って戦おう」という気持ちで臨みました。

また、準々決勝のような競った戦いをものにしたことは、この後の試合でも必ず追い風になると思っていましたので、強い気持ちで試合に入っていくことができました。

対戦したイタリアのエリオ・ヴルデ選手には、2011年の柔道グランドスラム リオデジャネイロで負けていましたが、内容では自分が攻めていたという手応えもありました。

負けたお陰で研究もできていたので、特別に嫌なイメージもなかったですね。

実際に、試合前にコーチと「こう攻めます」とシミュレートしていた通りの試合運びができ、開始1分頃に小内巻き込みで一本が取れました。狙っていた通りの展開になり、技の手応えも十分だった会心の勝利で、「これでまた勢いが付いたぞ。いけるぞ」と思いましたね。

金メダルを獲りたいというよりは、「勝ちたい、勝つんだ、俺はいけるんだ」と感じていました。

足らなかった「我慢」

足らなかった「我慢」

決勝の畳に上がる前は「あとひとつ、やってやるぞ」という気持ちで、ガンガン攻めようと考えていました。

会場の雰囲気もすごく良かったですね。

日本を応援している人も多くて、日の丸もたくさん見えていました。

日本でやっているときよりもホームのような感じで、観客の方達の後押しをとても有り難く感じていましたが、開始早々に相手の内股を返そうとして、反対に投げられてしまいました。

体を巻き込まれてしまったので、正直「やられた」という感覚はありました。

それでも、「一本だけはやめてくれ、技ありにしてくれ」と思っていたら、技ありの判定が出てホッとしましたね。

あとはもう、攻めるだけだと切り替えたのですが、再開する前に判定が一本に変わってしまい…。

負けが分かった瞬間は「あぁ、終わってしまったんだ」という感じでしたね。

きっと見ていた皆さんも溜息になったと思うのですが、自分自身が一番がっかりしていたと思います。

ロンドンオリンピックの柔道では、大会を通じて判定が変わってしまうことや試合の流れが変わってしまうことが少なくありませんでしたが、自分に関してはジャッジに対する特別な思いは全くありません。

決勝でも、実際に投げられていたのは事実ですし、ああいう形を作ってしまった自分が悪いわけですから。

また、自分の判断の甘さも感じましたね。「我慢」をテーマに、無理に攻めて返されないよう、落ち着いて自分の勝ちパターンに持っていくことを目指し、決勝まではすごく集中して実践できていたのに…。

ただ、決勝のあのときだけは、結果として我慢ができませんでした。

あのときはすくい投げにいったのですが、今振り返ると、技の方向や角度をもう少し考えれば良かったし、潰して寝技にいっても良かったと思うんですよね。

本当に、あのときだけ自分のなかで「もっていける」と解釈してしまって。

やはり我慢が足りなかったのかなと思っています。

批判した人達にも感謝

批判した人達にも感謝

表彰式では、決して自分一人の力でこの場に立てているのではないので、応援してくれた皆さんに笑顔で銀メダルを見てもらいたいと思って、本心から笑顔になることができました。

もちろん、違う国の国歌が流れるのを聞くと、「やっぱり君が代を流したかった」と悔しさがこみ上げてきましたが、銀メダルを首にかけてもらったときは、「これが4年間、頑張ってきた色なのかな」と思いましたね。

家族に会えたのは日本に帰ってから。「本当にお疲れ様」と言ってくれました。

一緒に戦ってくれていたので、みんな疲れていましたね(笑)。

帰国してからはたくさんの人に「おめでとう」と言って頂きました。

特に地元の人達は、4年前の北京オリンピックことをすごく覚えていて、「本当に良かったね」と声を掛けてもらえると本当に嬉しかったです。

電車に乗っていても「平岡選手ですか?」と声を掛けてもらえるようになって、やっぱりオリンピックはすごいなと思いました。

森田健作千葉県知事から知事賞も頂きましたし、前回と今回とでは、周囲の反応が天と地程の違いがありました(笑)。

ロンドンオリンピックでメダルを獲ることができたことに対しては、両親をはじめ、いろいろな人に感謝しています。

これは、北京オリンピックのあとに批判を言ってくれた人達も含めてですね。

あの人達がいなければ、「なにくそ」という気持ちになることも、4年間その思いを持ち続けることもできませんでしたから、本当に感謝しています。

新しい4年間の始まり

新しい4年間の始まり

初めての出場で惨敗してしまった北京オリンピックから、メダルを獲ることができたロンドンオリンピックまでの4年間は、柔道家としてだけではなく、人間としても成長させてもらいました。

この4年間は自分の人生のなかで、ものすごく貴重な財産になったと感じています。

自分にとってオリンピックは今も憧れの大会であり、日本中の皆さんが応援してくれる特別な大会です。

年齢的には厳しくなると思いますが、やはり銀メダルという悔しさもあるので、4年後のリオデジャネイロオリンピックも視野に入れて、また一年一年をしっかりと過ごしていきたいと思っています。

ロンドンオリンピックではたくさんの熱い応援を頂き、本当に有り難うございました。

皆さんの応援のお陰で、ロンドンの畳の上に立つこともできましたし、表彰台の上に立つこともできました。

心から感謝しています。

また新しい目標に向かっていきますので、これからも応援を宜しくお願い致します。

インタビュー:2012年12月

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード