日本柔道の今を綴る柔道ブログ

柔道グランドスラム東京2016終了!/柔道チャンネル

2016年12月4日(日)

柔道グランドスラム東京2016終了!


皆様、こんにちは笑顔

柔道グランドスラム東京をご観戦頂けましたでしょうか?ピカピカ

今年の当大会の日本勢は、男女合わせて大会期間中に34個のメダルを獲得することができました!

女子は優勝を飾った52kg級の角田夏実選手(了徳寺学園職員)をはじめ、57kg級の芳田司選手(コマツ)、70kg級の新添左季選手(山梨学院大学2年)、78kg級の佐藤瑠香選手(コマツ)、78kg超級の朝比奈沙羅選手(東海大学2年)と、7階級中5階級で金メダルを獲得する健闘ぶりを見せてくれましたね!!

男子は、60kg級の永山竜樹選手(東海大学2年)を筆頭に、66kg級の阿部一二三選手(日本体育大学1年)、73kg級の橋本壮市選手(パーク24)、81kg級の永瀬貴規選手(旭化成)、そして100kg超級の王子谷剛志選手(旭化成)とこちらも7階級中5階級で金メダルを獲得できました


柔道グランドスラム東京2016終了!


リオデジャネイロ柔道競技が終わり、4年後には、東京大会が控えています。
選手の皆さんは、ここからが頑張りどころですねひらめき

それでは、下記が主な試合結果です。


【男子】
◆60kg級
王冠優勝:永山 竜樹(日本) 
ピカピカ2位:高藤 直寿(日本) 
かわいい3位:R.MSHVIDOBADZE(ロシア)
かわいい3位:I.CHOI(韓国)

◆66kg級
王冠優勝:阿部 一二三(日本)
ピカピカ2位:橋口 祐葵(日本)
かわいい3位:A.DOVDON(モンゴル)
かわいい3位:M.PULIAEV(ロシア)

◆73kg級
王冠優勝:橋本 壮市(日本)
ピカピカ2位:土井 健史(日本)
かわいい3位:立川 新(日本)
かわいい3位:G.BOBOEV(ウズベキスタン)

◆81kg級
王冠優勝:永瀬 貴規(日本)
ピカピカ2位:D.RESSEL(ドイツ)
かわいい3位:I.IVANOV(ブルガリア)
かわいい3位:A.LAPPINAGOV(ロシア)

◆90kg級
王冠優勝:A.KUKOLJ(セルビア)
ピカピカ2位:A.CLERGET(フランス)
かわいい3位:西山 大希(日本)
かわいい3位:長澤 憲大(日本)

◆100kg級
王冠優勝:K.DENISOV(ロシア)
ピカピカ2位:C.MARET(フランス)
かわいい3位:飯田 健太郎(日本)
かわいい3位:下和田 翔平(日本)

◆100kg超級
王冠優勝:王子谷 剛志(日本)
ピカピカ2位:影浦 心(日本)
かわいい3位:太田 彪雅(日本)
かわいい3位:七戸 龍(日本)


【女子】
◆48kg級
王冠優勝:U.MUNKHBAT(モンゴル)
ピカピカ2位:B.JEONG(韓国)
かわいい3位:近藤 亜美(日本)
かわいい3位:渡名喜 風南(日本)

◆52kg級
王冠優勝:角田 夏実(日本)
ピカピカ2位:阿部 詩(日本)
かわいい3位:志々目 愛(日本)
かわいい3位:立川 莉奈(日本)

◆57kg級
王冠優勝:芳田 司(日本)
ピカピカ2位:宇高 菜絵(日本)
かわいい3位:玉置 桃(日本)
かわいい3位:S.DORJSUREN(モンゴル)

◆63kg級
王冠優勝:K.UNTERWURZACHER(オーストリア)
ピカピカ2位:嶺井 美穂(日本)
かわいい3位:M.PINOT(フランス)
かわいい3位:T.TRSTENJAK(スロベニア)

◆70kg級
王冠優勝:新添 左季(日本)
ピカピカ2位:新井 千鶴(日本)
かわいい3位:前田 奈恵子(日本)
かわいい3位:E.RODRIGUEZ(ベネズエラ)

◆78kg級
王冠優勝:佐藤 瑠香(日本)
ピカピカ2位:Y.PARK(韓国)
かわいい3位:梅木 真美(日本)
かわいい3位:高山 莉加(日本)

◆78kg超級
王冠優勝:朝比奈 沙羅(日本)
ピカピカ2位:素根 輝(日本)
かわいい3位:山部 佳苗(日本)
かわいい3位:X.SU(中国)


出場選手の皆さん、本当にお疲れ様でした芽

柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード