柔道トピックス

インターハイ男子柔道団体戦・天理高校 斉藤涼監督 優勝コメント

インターハイ男子柔道団体戦・天理高校 斉藤涼監督のコメント

2018年8月8日(水)・9日(木)の両日、三重県の津市産業・スポーツセンター(サオリーナ)で開催された平成30年度第67回全国高等学校総合体育大会柔道競技(インターハイ)。柔道男子団体戦で1991年第40回大会以来、27年ぶりの優勝に導いた天理高校 斉藤涼監督に、今大会の優勝コメントを頂きました。

天理高校 斉藤涼監督 優勝コメント

これまで常に「優勝」を目標に取り組んできましたが、優勝から遠ざかっている時期もあったので、今回の優勝は、正直ビックリした部分がありました。

インターハイでは、40回大会以来27年ぶりの優勝。選手達は本当に良くやってくれたと思います。

決勝戦を振り返ると、まず先鋒の山中がしっかりと試合を作ってくれました。国士舘高校の藤永選手は強い選手なので、そこをきっちりと引き分けにしたことで、次に繋がったのではないかと思います。

次鋒の植岡は勝負強く、ここ一番というところでいつも助けてくれる選手です。この決勝戦でも、ここで一点と思っていた場面で、しっかりと取ってくれました。

中堅の井上は逆に一点を取られてしまいましたが、怪我を抱えている中での出場。自分のできるところは、きちんとやってくれたと思います。決勝戦で一本を取られたのは痛かったのですが、大会を通じて井上が居なかったら、もっと厳しい展開だったと思うので、本当に必要な存在でした。

副将戦は、中野がきちんと取ってくれましたね。再びリードし、大将戦になりましたが、国士舘のエースでもある斉藤選手は、本当に強く素晴らしい選手です。大将の水上が破れ代表戦に突入することも想定はしていたので、大将の水上には「とにかく動け、ポイントを取られても構わないから動き続けろ」と送り出しました。結果的に「指導」3の反則負けとはなりましたが、水上の頑張りが代表戦の勝因のひとつになったとも思います。

代表戦は斉藤選手と中野の対戦。前回の金鷲旗高校柔道大会で中野が斉藤選手と対戦し、攻略ポイントを見出せたので、そこを攻めていこうと中野に伝えました。中野が徹底してくれたのも勝因のひとつですね。代表戦という場面で投げきって、後半の攻めをしのぎきってくれるところが、中野の精神力の強さ、持っているものなのかな。本当に凄いなと思いました。

今年は会場が三重県ということで、いつも連れて行けない部員達も近場ということで連れて来ました。他の試合で出場していた池田を含め、出場選手だけでなく、部員全員の応援、さらにOB会、歴代の先輩方の応援も力になって、天理一丸で掴んだ優勝だと思います。本当にありがとうございました。

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード