柔道トピックス

野村忠宏が3年ぶりに講道館杯出場

野村忠宏が3年ぶりに講道館杯出場

2013年11月9日(土)・10日(日)に、千葉ポートアリーナで開催される講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(以下、講道館杯)の組合せが、10月24日(木)に全日本柔道連盟より発表された。

今大会、オリンピック三連覇の実績を持つ野村忠宏(ミキハウス)が3年ぶりに男子60kg級に出場し、一回戦で世界ジュニア柔道選手権大会5位の永山竜樹(大成高校)と対戦する。

野村は、8月末に行なわれた全日本実業柔道個人選手権大会3位で出場権を獲得。

しかし、大会前の練習中に痛めた右肩が試合中に悪化。「肩甲下筋腱不全断裂」と診断され、痛みが引くまでは3〜4週間を要し、講道館杯への出場が危ぶまれていた。

その後、手術は行なわず、一日でも早く稽古ができるようにと治療とリハビリ、そして同時に右肩を使わないメニューを取り入れ、最後まで望みを捨てずに、トレーニングを継続。

自身のブログでも「間に合う保証はないし、難しいチャレンジになるけど、わずかな可能性を信じて今やれることに精いっぱい取り組みます」と出場への意欲も示していた。

年齢と共に体力の衰えはあるものの、技術、人気の両面で、期待は計り知れない野村。

しかし期待とは裏腹に、オリンピック出場を逃してもなお、怪我と向き合い、現役を続けることがどれほど凄まじく、孤独だったのだろうか。

それは「覚悟」と「意地」が野村を支えたに違いない。それが本当にわかるのは、この講道館杯なのかもしれない。

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード