柔道ニュース

全日本女子柔道代表強化合宿

熊本県:八代市総合体育館

2011年8月23日〜28日にフランス・パリで行なわれる世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)に向けた「全日本女子柔道代表強化合宿」が、2011年5月5日から八代市総合体育館(熊本)で行なわれている。

今回の合宿では、世界選手権代表選手、及び今年度の海外派遣候補選手が一堂に会して、技術の向上・体力の強化を図るとともに外国人選手対策を実施されている。

山梨学院大学を卒業し、今春から社会人になった48kg級:浅見八瑠奈選手(コマツ)をはじめ、48kg級:福見友子選手((学)了徳寺学園)、78kg超級:杉本美香選手(コマツ)、地元熊本県出身の78kg級:緒方亜香里選手(筑波大)など、約70名が参加。

世界柔道選手権代表メンバー

会場の二階席は一般の方が見学でき、地元ファンが見つめる中、立ち技を中心に熱のこもった練習を披露した。

女子48kg級:浅見八瑠奈選手(コマツ)のコメント

今年の世界選手権はすごく大事な試合になります。世界選手権で連覇できたらロンドンオリンピックも近くなると思っています。

女子78kg級:緒方亜香里選手(コマツ)のコメント

地元での合宿なので、知り合いから「頑張ってね」と声を掛けてもらえ、すごく力になります。銅メダルを獲得した昨年の世界選手権以降、国内外の大会は不満足な結果に終わっているため、今年の世界選手権は絶対に優勝して、来年のロンドンオリンピックにつなげたいです。

緒方亜香里選手の練習風景

緒方亜香里選手の練習風景

5月8日には、全日本女子柔道強化選手達による少年柔道教室を開催。県内各地の道場などから小学生以下の子供達約380人が参加し、投げ技や相手と組むときの注意点など、実演を交えて説明。世界トップレベルの選手達による指導を受け、参加した子供達は目を輝かせながら真剣な表情で練習に汗を流していた。

少年柔道教室の様子

少年柔道教室の様子

また、同日に全日本女子柔道の強化選手とコーチ陣を交えた激励会も開催された。激励会を主催したのは、全柔連オフィシャルパートナー東建コーポレーション(株)の左右田鑑穂(そうだかんすい)社長である。

左右田社長からは、「今年の世界選手権は、来年のロンドンオリンピックに向けた大切な試合になりますので頑張って下さい」と激励の言葉があり、各選手とも顔を引き締めた。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード