柔道ニュース

(財)全日本柔道連盟主催 2011年感謝のつどい

(財)全日本柔道連盟主催 2011年感謝のつどい

2011年1月21日(金)、ホテル日航東京(東京都港区台場)に於いて、(財)全日本柔道連盟主催の「2011年感謝のつどい」が盛大に行なわれました。

当日は柔道関係者以外にも、高木文部科学大臣をはじめ、各界から総勢400名が出席。全日本柔道連盟:上村春樹会長による2011年の決意表明や、昨年の大会実績報告、選手サイン付写真パネルが当たる抽選会などが催されました。

全日本柔道連盟 上村春樹会長挨拶

選手達との記念撮影

上村春樹 会長

昨年は嘉納治五郎師範の生誕150周年となる記念の年でした。この記念の年に日本選手は、世界柔道選手権大会、アジア大会、グランドスラム・東京大会など、各大会で大変な活躍をしてくれました。

なかでも昨年9月には、総勢848名(211ヵ国)の選手が参加し、52年ぶりに東京で過去最大の世界柔道選手権を開催することができました。また篠原園田両監督の指導により、選手達も日頃の成果を出すことができました。

今年はロンドンオリンピックの前年となり、たくさんの大会があります。選手達にはせひ来年に繋げて頂きたい重要な一年であり、監督、選手一同頑張って参ります。

今年も変わらぬご支援、ご指導の程、宜しくお願い致します。

なお、昨年各大会において優秀な成績を収めた選手への表彰式があり、今年度新設された年間最優秀選手賞(MVP)には、男子100kg級:穴井隆将選手、女子63kg級:上野順恵選手が見事受賞され、全柔連スポンサーである東建コーポレーション(株)とミズノ(株)より、それぞれトロフィーと賞金30万円が贈呈されました。

選手のコメント

男子100kg級:穴井隆将選手のコメント

選手達との記念撮影

穴井隆将 選手

年間最優秀選手賞があることを知らなかったので、選ばれて正直びっくりしています(笑)。頂いた賞金は家族のために使わせてもらいます。

今年はじめの、柔道ワールドマスターズ・バクー大会では、2日前にぎっくり腰を患い、初戦敗退してしまいました。完璧な状態ではなく、腰が響いて全然試合にならなかったです。

怪我の様子を見ながらですが、来週一週間東京で練習を行ない、今できる範囲で調整します。

2月に行なわれるグランドスラム・パリ大会の出場が決まっています。幸先は悪いですが、「優勝」するためにやるだけです。今後与えられた試合をしっかりと獲っていきたいです。

女子63kg級:上野順恵選手のコメント

上野順恵選手

上野順恵 選手

ポイント制度が導入されて以降、優勝してポイントを積み重ねたことが評価されたんですかね。

まさか自分が選ばれることはないだろうと思っていましたので、(年間最優秀選手)選ばれるなんて、正直びっくりしています。

先日の柔道ワールドマスターズ・バクー大会では、決勝で敗れ準優勝という結果でした。昨年のグランドスラム・東京大会の結果はひきずっていなかったんですけど、体が固まってしまって、調子が良くなかったです。

敗れはしましたが、今の気持ちは前向きです。ひとつでも多く試合をして、オリンピックに繋げていければ良いと思っています。

会場の様子

  • 選手達との記念撮影選手達との記念撮影
  • 鏡割りの様子 1鏡割りの様子 1
  • 鏡割りの様子 2鏡割りの様子 2
  • 優秀選手表彰式の様子 1優秀選手表彰式の様子 1
  • 優秀選手表彰式の様子 2 優秀選手表彰式の様子 2
  • 選手サイン付写真パネル抽選会 1 選手サイン付
    写真パネル抽選会 1
  • 選手サイン付写真パネル抽選会 2 選手サイン付
    写真パネル抽選会 2
  • 選手サイン付写真パネル抽選会 3 選手サイン付
    写真パネル抽選会 3
  • 選手サイン付写真パネル抽選会 4 選手サイン付
    写真パネル抽選会 4
  • 選手サイン付写真パネル抽選会 5 選手サイン付
    写真パネル抽選会 5
  • 年間最優秀選手賞(MVP)上野順恵選手・穴井隆将選手年間最優秀選手賞(MVP)
    上野順恵選手・穴井隆将選手

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード