柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

資格取得の方法

病院では症状が改善しなかった腰痛を、接骨院(整骨院)で治してもらった経験はありませんか?このような経験から、柔道整復師になりたいと思う人も増えているようです。

柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉ばなれなど、各種損傷に対して、整復・固定・後療法を行ない機能回復させる仕事です。最近では、スポーツトレーナーとしての仕事や、高齢者の機能回復を行なう仕事など、 その職域はますます広がっています。

では、整復師の資格を取るには、どうしたら良いのでしょうか。

また、整復師の資格はどこで取得するのが良いのでしょうか?柔道整復師の資格取得についてご紹介します。

柔道整復師、資格取得の条件

柔道整復師、資格取得の条件

柔道整復師は、厚生労働大臣が認めた国家資格です。間違えやすいのですが、整体師は整体の学校が認めた民間資格です。接骨院(整骨院)の看板をかかげている施術院は「柔道整復師の国家試験をパスした人間が開業しています」ということを表しているのです。国家資格である柔道整復師は、取得の条件が決められています。その資格は「大学受験資格のある者が3年以上、国が指定した学校や大学で専門知識と技術を習得し、国家試験をパスして取得できます。この条件から、国が指定した学校(専門学校)で学べるのは以下のような人たちです。

  • 高校卒業者、高等専門学校卒業者
  • 高校卒業程度認定試験の合格者
  • 専修学校高等課程(高等専修学校)の3年以上の学科の卒儀者
  • 大学生(大学院生)、大学(大学院)卒業者、大学(大学院)中退者
  • 短大生、短大卒業者、短大中退者
  • 社会人(上記の条件にあう人)

受験資格を得る

柔道整復師になるためには、年1回行なわれる柔道整復師国家試験を受験して合格することが必要です。免許取得の方法としては、柔道整復師養成施設(専門学校等)で3年以上学習し、卒業することによって柔道整復師国家試験の受験資格を得られます。

国家試験を受ける

国家試験は3年次の11月頃に実技試験、3月第1週日曜日に学科試験が実施されます。国家試験に合格して登録が完了すれば、晴れて柔道整復師となります。試験は全11科目の筆記試験が行なわれます。北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県といった県で行なわれ、自宅などから最も近い試験会場を選んで受験することになります。近年、合格率は70%前後で推移しています。そのため、学校においてしっかりと勉強していれば合格できる難易度と言えるでしょう。

一度取得した取得は、一生使えます。

例えば高校卒業後、国が指定した学校や大学で専門知識と技術を習得し、国家試験をパスして柔道整復師の資格を取得する流れを見てみましょう。

高校→柔道整復師養成施設・厚生労働大臣指定(3年以上)→認定実技審査(3年次11月頃)→卒業(国家試験受験資格取得)→国家試験受験(毎年3月1週目・日曜日)→合格→免許の登録→柔道整復師免許取得

免許取得後は

柔道整復師国家試験を受けて合格すると柔道整復師の免許を取得することができます。

免許を取得すると「接骨院(整骨院」」や病院の整形外科にて施術を行なうことができます。柔道整復師は独立開業することができる資格ですが、柔道整復師は経験も重要なため、まずは病院や接骨院などで経験を積むことになります。

このページのTOPへ

注目ワード