柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

保険外治療と料金の目安

接骨院(整骨院)は、私たちの身近にあり、気軽に利用できますが、施術を受ける場合、「健康保険」が使えるものと使えないものが定められています。単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。また、柔道整復師は医師ではありませんので、薬の投与や外科手術、レントゲン検査などもできません。知っているようで、意外と知らない接骨院(整骨院)での保険外治療と料金の目安についてご紹介します。

健康保険が使えない症状

健康保険が使えない症状

次のような症状で治療を受けた場合は、健康保険(保険証)は使えません。

  • 医師の同意がない骨折・不全骨折・脱臼
  • 病院・医院等で医師の治療を受けながら、 同一疾病について同時に接骨院(整骨院)で治療を受ける場合
  • 日常生活からくる疲れ、肩こり、腰痛
  • 加齢からの痛み(五十肩・腰痛)
  • スポーツなどによる肉体疲労・筋肉痛改善のためのマッサージや温冷あん摩治療
  • 過去の交通事故等による頚部・腰部など疼痛
  • 脳疾患後遺症等の慢性病のリハビリ、リウマチ・関節炎等の神経性疼痛
  • 外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害や第三者行為(交通事故等)に該当する場合
  • 「ついでに他の部分も」や「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受療は健康保険の支給対象外になりますので注意が必要です。

施術料の支払いと目安

整骨院・接骨院での施術費用は、原則としていったん患者が全額を負担し、事後に健保組合に申請して7割分の還付を受ける「療養費」の取り扱いとなります。しかし、利便性が考慮された結果、都道府県との協定を結んでいる接骨院(整骨院)では、療養費の支給申請を患者が柔道整復師に委任することができることから、保健医療機関と同様、原則3割の自己負担のみで施術を受けられるしくみになっています。

委任する際に気を付けること

しかし、患者が柔道整復師に委任するとは言え、患者は「療養費支給申請書」に自署または捺印を必ずしなくてはなりません。これらを求められた際は、負傷原因や負傷部位など記載事項に間違いがないか必ず確認し、読みやすく丁寧な署名をして下さい。なお、白紙委任には応じないようにしましょう。

3段階に分かれる施術料

保険証を使って施術した場合は、その治療費は決められています。保険だけでは治療ができないということはありません。接骨院(整骨院)の施術料は、大きく3段階に分かれます。1.初検時(初めて通院したとき)2.再検時(2回めの通院時)3.後療(3回目以降〜)になり、料金は、厚生労働省保険局長が定めた算定基準金額に対する一部負担金を頂くことになります。

※前回の治療から1ヵ月経過したときには、初検料がかかります。以前治療していた部位が完全に治ってから、あらたに負傷した場合は1ヵ月以内の受診でも初検料がかかることがあります。領収書で確認してみると良いでしょう。

このページのTOPへ

注目ワード