柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

保険診療が可能な症状

接骨院(整骨院)など、治療院の中には「各種健康保険、使えます」といった看板をかかげているところがあります。健康保険が使えるということは、患者側の直接的な負担が少なくて済むので、定期的にマッサージなどにかかりながら、健康管理に活用している人もいます。けれども、接骨院(整骨院)で受ける施術が、すべて健康保険の対象になる訳ではありません。そこで今回は、こうした施設では、どのようなときに健康保険が使えるのかを見ていきましょう。

受領委任という仕組み

受領委任という仕組み

医療費の支払いに関しては、病院や診療所では、患者は、かかった医療費の3割を負担するだけで良いのは周知の通りです。残りの7割は健康保険が医療機関に直接支払う仕組みになっています。そして、接骨院(整骨院)だけは例外的に、病院や診療所と同じように3割負担で利用できる方法が取られています。これは、接骨院(整骨院)には残りの7割を患者に代わって健康保険に請求する「受領委任」という方法が認められているからで、患者は委任状にサインするだけで3割負担での治療を受けられるのです。原因があいまいな利用には健康保険からの問合せもあります。

健康保険が対象となる場合

接骨院(整骨院)では、柔道整復師の国家資格をもつ人によって施術が行なわれます。健康保険を使えるのは、急性の外傷性の打撲、捻挫、及び挫傷(肉離れなど)、骨折(骨のひび)、脱臼といった5つのケガの治療のみとなります。

※骨折、不全骨折、脱臼は、応急手当以外は医師の同意が必要です。

※捻挫、打撲、挫傷(肉離れ等)は、病院や診療所で同一のケガの治療を行なっているときに、接骨院(整骨院)で施術を受けた場合、健康保険は使えません。併用した場合、接骨院(整骨院)での治療費は全額自己負担になります。ただし、捻挫・打撲等の施術が3ヵ月を超える場合は、療養費支給申請書に施術(治療)の継続が必要であることの医師同意書を添付しなければなりません。

※「健康保険が使える」と説明を受け、整骨院・接骨院を受診しても、その治療費は、全額または一部を自己負担する場合もあります。

接骨院(整骨院)にかかるときの注意事項

外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害や第三者行為(交通事故等)に該当する場合は、健康保険は使えません。療養費支給申請書の負傷原因、負傷名、日数、金額をよく確認し、必ず自分で署名または捺印することが大事です。また、領収書を必ずもらい、医療費通知で確認することも忘れてはなりません。施術が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますので、医師の診断を受ける必要があります。「ついでに他の部分も」とか「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受療は健康保険の支給対象外となりますので、注意が必要です。

領収書の無償交付

2010年(平成22年)9月1日から、柔道整復師(整骨院・接骨院)の領収証の無償交付が義務づけられました

※施術を受けたあと、一部負担金を支払ったとき、領収証を必ず受け取りましょう。

※さらに一部負担金の内容を知りたいときには、施術項目ごとに記載された明細書を求めることができます。

このページのTOPへ

注目ワード