柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

ウォーターベッド・ローラーベッド

私たち人間が地球上で生活していく過程で、体には必ず重力がかかります。この重力に逆らう形で、普段の姿勢をとり、様々な動作をしているため、そうしたことなどが原因で、腰痛や肩に違和感を感じるようになると言います。こうした違和感は、正しい姿勢を取り戻すことによって改善していくことができます。例えば人間の睡眠姿勢もそのひとつ。もっとも理想的な睡眠姿勢とは、自然な立ち姿勢を、そのまま横にしたものだと言われます。接骨院(整骨院)などの治療院には、痛みのある患者にできるだけ負担をかけないよう、また、安心して施術を受けて頂くために、ベッドそのものが治療器である配慮がされています。どのようなものがあるのでしょうか。

ウォーターベッドとは

ウォーターベッドとは

人間の睡眠姿勢は大きく分けて「仰向け」「横向き」「うつ伏せ」の3種類に分けられますが、人間の体は、かなり凸凹があり、横向きに寝ると肩や腰が持ち上がり、背骨はどうしても曲がります。このような問題点を解消するのがウォーターベッドです。この特徴は、水の浮力で身体を支えることにあります。人の比重はほぼ水と同じなので、浮力に身をゆだねれば骨格は自然に立っている状態に保たれるのです。腰椎なら、水平に保たれ、圧迫感がありません。ちょうど腰が痛いときに膝を立てる状態をイメージすれば分かりやすいかもしれません。重力に対し「浮力」を利用して、人の体をよりやわらかく、しっかりと支える。寝心地はやわらかいのに、自然な姿勢をしっかり保つことができるのもメリットのひとつです。

ウォーターベッドの特徴

普通のベッドのような形をしていますが、頭が揺れないように固定板が設置してあり、中にはお湯が入っており、ジェットバスのような水圧によって筋肉をほぐし、血行の改善を促進するため、リラックス効果が期待できます。衣服を着たまま横たわるだけで使用でき、頭部から踵まで全身を刺激することができます。患者の状態に必要なプログラムが設定でき、症例に合わせて上半身、腰など、刺激を与える部位を指定することもできます。妊婦や心臓にペースメーカーを入れている人、かなり重症な骨粗鬆症の人などは、使用を避けたほうが良いとされています。

ローラーベッドとは

ローラーベッドは、内部に組み込まれたローラーシステムが回転移動し、全身をマッサージしてくれる機械です。波形ローラーシステムが全身を回転移動し、波状的刺激を繰り返しながら、指圧、さすり、マッサージと脊椎矯正を行ないます。ローラーの強さは何段階かに分かれており、好みに合わせて設定することができます。ベッドに仰向けに横たわると、首から背中、腰からお尻、ふとももから足首までをローラーが上下して、筋肉を揉みほぐしながら、背骨全体を心地良く伸ばすという脊柱矯正の効果もあります。

ローラーベッドの特徴

ベッドに内蔵されたローラーが上下に移動、バイブレーション、もみマッサージ機能により首から背中、腰、大腿、下腿まで筋肉をもみほぐす効果があります。強弱のメリハリを調節できるローラーが上下して足先から背筋を心地良くストレッチ。リラックス効果と疲労回復効果が得られます。例えるならば熟練のマッサージ師により施される気持ちの良いマッサージ。ベッドに横になり、リラックスした姿勢で筋肉の「こり」をほぐし、体全体の筋肉をもみほぐすことで、血行を促し蓄積された筋肉の疲労を取る効果があります。身体がなんとなくだるい、やる気が出ないなど、全体的に疲れている方におすすめです。心身ともにリラックスできるので、快眠にも繋がります。

このページのTOPへ

注目ワード