柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

吸玉療法(吸角療法)

吸玉とは、今ではエステやマッサージ店などでもカッピングという名称で、すっかりおなじみになってきていますが、日本では、昔から吸玉療法と呼ばれていた治療法で、紀元前3,000年前頃から伝わる療法だとか。他にも抜缶療法、吸角療法など、様々な呼び名があるようです。具体的には、真空容器で血行障害の起こっている悪い血液を吸い上げ、血流を循環させることで細胞を活性化。筋肉のコリなどをほぐし生命力をよみがえらせます。電動式または手動式ポンプを使用して、吸い玉内の気圧を下げ老廃物を体の深い部分から皮膚表面の代謝の良い部分に引っ張りだし処理します。ダイエットや美容にも効果があるため、女性を中心に人気があります。

日本における吸玉療法

日本における吸玉療法

日本では「日本書紀」や、日本最古の医書「医心方」に吸玉療法に関する記述がみられ、「スイフクベ」として紹介されています。江戸時代までは盛んに用いられてきたらしいのですが、明治時代以後衰退し、主に民間療法として利用され現在に至っています。

世界における吸玉療法の歩み

吸玉療法は各国で行なわれていたようですが、もっとも盛んだったのはフランスだったとか。イギリスでもスカリフィケーションあるいはカッピングと呼ばれ、広く用いられてきました。呼び名だけでなく、素材もいろいろ。ギリシャの国立考古学博物館には紀元前5世紀頃の吸玉(青銅製)が展示されていると言います。また古代エジプトでも、吸玉を医師の紋章とする習慣もみられ、これは紀元前のバビロニアから中世のヨーロッパに広がっていたと伝えられています。インドでは紀元前六百年ごろから、中国では紀元前百年ごろから吸玉療法が行なわれていたという記録が残っており、古代中国では動物の角(つの)を用いて行なわれ「角法」と呼ばれていました。

最大の特徴は血液をキレイにすること

健康な体を保つ上でもっとも大切な役割を果たしているのが血液です。吸玉療法の特徴は、血液に対する作用です。すなわち、血液の浄化と血行の促進にあります。

吸玉療法の素材

材質は動物の角から始まり、竹、陶器、青銅、ガラス、プラスチックなど、時代の移り変わりと工業や産業などの隆盛と共に変わっています。

  • 水煮缶:あらかじめ缶をお湯で温め、缶が冷めるときの温度差によって生じる空気体積の縮小の差で、皮膚を吸引します。
  • 火缶:缶の中に点火した綿花などを入れ1〜2秒後に取り去り、すぐに皮膚の上にのせる方法。火を使うために、火傷の危険性があるので注意する。
  • ポンプ式:現在多く利用されている方法で、ポンプには手動の物と、電動式自動吸引機の物とがある。

吸玉、カッピングの効果 

  • 血液をきれいにする
  • 血行をよくする
  • 免疫力を高める
  • 皮膚を刺激し若さを保つ
  • 内臓の活動を活発にする
  • 自律神経を正しく調整する
  • マッサージ効果
  • セルライトの除去

注意事項

  • 赤黒い痕が1〜2週間残ります
  • 肌の弱い方は皮膚に多少痛みが残る場合があります
  • 肌の強さにより施術時間に多少個人差があります
  • 効果には個人差があります

このページのTOPへ

注目ワード