柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

交通事故後遺症治療の方法

日本でむち打ち症が増加し始めたのは、1950年代からだと言われます。なぜならモータリゼーションの発達に伴って、自動車の保有台数が増加するのと比例して追突による自動車事故が続出。むち打ち症になる人も急増していくようになったからです。問題なのは、むち打ち症が増えていると言うよりは、長引くむち打ち症で悩む人が増えていると言えるのです。なぜそのようなことになるのでしょうか。ひとつには、事故後の初期治療を怠っていることが挙げられます。ここでは、望ましい治療の方法について、ご紹介します。

事故直後の注意点

事故直後の注意点

むち打ち症で多いのは、首や肩の痛み、腕のしびれ、吐き気、めまいが挙げられます。これらは衝撃を受けたときに、首や肩の筋肉を損傷することや、神経まで損傷が及んでしまうことにより症状として現れます。患部を冷やすことはもちろん、安静にすることは大切ですが、根本的な解決にはなりません。また、正しい治療をしないまま放置すると、数日後に突然症状が出ることも。痛みを我慢してすごしてしまうと症状を悪化もしくは慢性化させてしまうこともあります。交通事故による、むち打ち症の症状は、数日経ってから現れることがあるのも特徴であることを念頭に、体に何か違和感があるように感じたら、早い段階で適切な診察を受けることが肝心です。

接骨院(整骨院)・病院での治療

接骨院(または病院)では、症状に合わせて筋肉の緊張をほぐすことから始めます。具体的には、関節や背骨などの歪みやずれを修正することによる治療が行なわれます。軽度の頸椎捻挫型では、装具(カラー)を首に巻いて患部を固定します。治療後はリハビリメニューを作成し、回復に向けてのリハビリを行ないます。患部へのケアを中心に、全身の筋肉や骨のバランス調整など、トータル的に行なうことで、慢性化を防ぎます。

基本は体全体のバランスを整えること

例えば、むち打ち症の場合は、痛みは主に首にあるため、まずは頚椎(首の骨)のゆがみを診て治療をします。強い衝撃は頚椎だけでなく、胸椎(背中の骨)、腰椎(腰の骨)のバランスにもゆがみを起こしていますので、体の全体のバランスを整える必要があります。

個々の患者に合わせた治療であることが前提

東洋医学の基本には、「病を診る前に人を見よ。人を見る前にその周辺を見よ」との考え方があります。そのためにも接骨院(整骨院)などの治療院では、患者の性格や生活環境をふまえた治療をしていきます。治療の直後には、痛みが良くなるが、翌日には、また痛みが戻る方もいます。接骨院(整骨院)では、そういった症状には、決められた診断方針やマニュアル化した治療では治すことが難しいということを前提に、個々の患者に合わせた治療を行ないますので、必然的にワンパターンではなくオーダーメイドの治療になります。独自の技術や治療法を実践している接骨院(整骨院)が多いのもそのためです。

このページのTOPへ

注目ワード