柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

交通事故直後の対応

交通事故発生直後、被害者、加害者、第三者のいずれかが怪我をした場合、救急車を呼ぶのを始め、応急処置をするなど、状況に応じた対処の仕方が求められます。接触事故を起こして相手または自分が怪我をした場合は、その対応が最優先となります。警察に一番始めに連絡をすると救急車が必要なのかどうかを確認されるため、その場合は自分で救急車を呼ぶ必要はありません。また初めに救急車に連絡をすると、消防署から警察に連絡がいくようになっています。ここでは、交通事故にあった直後の対応で気を付けることをご紹介します。

まずは整形外科での受診を

まずは整形外科での受診を

交通事故にあった直後というのは、混乱し、身体の不調に気がつかないこともあります。自分では問題ないと思っていても重度の怪我を負っていることもありますので、できるだけ早く整形外科などで検査を受けましょう。レントゲン等の画像診断の結果、骨折等の外傷がなければ、接骨院(整骨院)との両方に通院するのが治癒への近道と言われます。特にむち打ち症等、画像診断では判断できない症例や、事故後のリハビリも、接骨院(接骨院)ならではの得意分野です。痛みや違和感はあるものの、画像診断上で異常が認められない場合等は、関節矯正や経絡療法など「人の手」で、きめ細やかな診断・施術が受けられる、接骨院(遺骨院)がお勧めなのです。

救急車を呼ぶまでもない怪我の場合

自動車の同乗者など怪我をした人がいたら、ただちに救護する必要があります。怪我をした人の意識があれば安全な場所に避難させて、状態を確認。救急車は呼ばず、警察に通報し諸々の手続きを行ないます。交通事故などの怪我は少し経ってから痛みが出る場合があるため、小さい怪我でも病院で診てもらうことが大切です。

意識がないなど、救急車を呼ぶ必要がある場合

意識がなく、頭を強く打っていたりしたら、そのまま動かさずに安全を確保して救急車を呼びます。状況に応じて止血や心臓マッサージなどを行ない、人命救助を優先させます。

目撃者の確保

事故の目撃者を見付け、事故当時の様子を聞いてメモしましょう。氏名や連絡先を聞いておくと、あとで裁判になったときに証人になってもらえる可能性があります。

加害者の情報収集

警察へは加害者が通報します。被害者は、加害者の住所や氏名、連絡先、契約している保険会社などを聞いておきます。そして、警察の実況見分が終わったらすみやかに病院に行きましょう。病院ではあとのことを考えて「診断書」をもらうようにします。

病院では治療することができない痛みや不調に備えて

交通事故に遭った翌日から1週間程経ってから首や肩が痛み出すという場合もあります。また、病院で検査を受けて何も問題が無かったにもかかわらず、首や肩、頭部等の痛みや身体の不調を感じるということもあります。

このように、病院では治療することができない痛みや不調の治療を専門に行なっているのが接骨院(整骨院)です。交通事故にあってから時間が経ってしまうと、警察や保険会社にその怪我や後遺症が交通事故によるものだと認めてもらえないこともありますので、交通事故にあって痛みや違和感を感じたら、できるだけ早く接骨院(整骨院)を受診することをお勧めします。

このページのTOPへ

注目ワード