柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

眼精疲労(原因/症状/対処法)

「目が疲れた」とか「目が痛い」といったことは、誰でも日常的に経験することですが、その大半は、しばらく時間が経過すると忘れてしまう程度です。しかし、ときには症状が長引いたり、体の他の部分に影響を及ぼしたりすることがあります。医学的にはこのような状態を眼精疲労と呼び、単なる目の疲れとは区別しています。眼精疲労は、仕事や生活環境が変化しない限り、自然に治癒することはありません。放置すれば症状は続き、さらに悪化するケースもあります。また何らかの疾病の可能性もありますので、「よくある目の疲れ」などと自己判断せずに、できるだけ早く眼科で受診しましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因のひとつが視力の変化や矯正不良です。近視・乱視・老眼などが進んでいるのに気づかなかったり、眼鏡やコンタクトレンズが合っていなかったりすることで眼精疲労を起こすケースも少なくありません。またパソコンなどの使用によって目を酷使している人や、コンタクトレンズを着用している人に多いドライアイも、しばしば眼精疲労を引き起こします。

さらに緑内障や白内障といった目の病気や、斜視・斜位・眼瞼下垂なども眼精疲労の原因になります。意外かもしれませんが、風邪やインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることもあります。

近年では、シックハウス症候群やストレスも影響があると指摘されています。ただし、原因がひとつだけの場合は、単なる目の疲れで眼精疲労が起こることはほとんどありません。いくつかの原因が重なることで目の負担が増え、眼精疲労となります。

眼精疲労の症状

具体的には、目が疲れる、ぼやける、かすむ、痛い、重い、しょぼしょぼする、まぶしい、充血する、涙が出るといった症状が出ます。また肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などを伴うこともあります。眼精疲労の大きな特徴は、これらの症状が長引き、放置することで悪化する可能性がある点です。

眼精疲労の対処法

眼精疲労は複合的な原因によって発症するので、まずは何か病気が隠れていないかをチェックし、視力や眼圧、眼底、視野、眼球運動などの検査を受け、病気や異常が見つかればその治療を受けましょう。眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、定期的に合っているかどうかの検査も必要です。デスクワークでは照明の明るさや姿勢をチェックし、パソコンを使うのなら疲れにくい位置にセットしましょう。パソコン作業中はこまめに休憩を取り、軽いストレッチをするのも効果的です。

眼精疲労の影響が出やすい首筋や肩回りは特に念入りに動かしましょう。温かいタオルやパックを首や目の上に当て、血行を促進するのも良い方法です。また作業の合間に、遠くの景色をぼんやり眺めると目の緊張がほぐれます。そして夜はぐっすり眠って目を休めましょう。不眠は血行を悪くするだけでなく、自律神経を乱して症状を悪化させます。休日には趣味やスポーツなどで、ストレスを発散し、リフレッシュするのも良いでしょう

このページのTOPへ

注目ワード