柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

冷え性(メカニズム/原因/対処法)

混同されやすいのですが、冷え性と低体温は違います。低体温は通常の体温が36℃未満の人に当てはまり、冷え性は「普通の人が寒さを感じない温度でも、手足、下半身といった末端や全身が冷えてつらいと感じる症状」です。冷え性は女性に多く、約半数から7割近くの女性が「冷え」をつらいと感じているようです。

一般的に女性は男性に比べ、発熱の源である筋肉量が少ない上に皮膚の表面温度が低く、貧血や低血圧の人が多いのが理由とされています。また月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいのも女性特有の原因でしょう。冷え性がつらいのは冬場だけではありません。夏場に外で汗をかき、冷房が効いた室内に戻れば冷やされ、さらには汗が乾くときにも熱が奪われて「冷え」を感じる現代女性は増えています。しかし近頃では、冷え性で悩む男性も少なくないようです。運動不足による筋肉の減少や過度なストレス、動脈硬化などが原因とされています。こうした傾向は特に高齢者に多く見られます。

「冷え」のメカニズム

「冷え」のメカニズム

私たちの体は常に体温を調節しています。なぜなら、生命活動を維持する酵素は37℃で最も良く働くため、外気の温度にかかわらず、体の中心部分にある内蔵の回りを37℃にキープしておきたいからです。夏の暑いときには体の末端や皮膚表面の血管を膨張させることで、体内に溜まった熱を逃し、それでも足りなければ汗をかくことでさらに放出します。また寒い冬には血管を収縮させることで熱の拡散を防ぎ、多くの臓器が集まる体の中心に血液を集めて、体温を維持しようとします。ですから、どうしても手足などの末端には血液が行きわたりにくくなり、「冷え」を感じるのです。

冷え性の原因

東洋医学の見地では、冷え性は遺伝などによる体質だけではなく、毎日の生活の中で積み重ねられる「積冷」も大きな要因ではないかとしています。エアコンの普及、衣類や食生活の変化、運動不足、さらには夜型の生活パターンを繰り返し、多くのストレスまで抱える現代人は冷えやすくなっていると言われています。つまり冷え性は、生活習慣病の一環でもあるのです。しかも冷え性は、単に手足が冷えるという症状だけでなく、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、疲れが抜けにくくなったり、太りやすくなったり、妊娠しにくくなったりなどの弊害も引き起こします。

冷え性の対処法

漢方の世界では古くから、「未病を治す」という予防治療の考え方があり、生活全般にわたって摂生すること、つまり「養生(ようじょう)」が重要視されてきました。自然に逆らわない衣食住から、睡眠や運動、労働や精神に至るまで、様々な角度から日常生活の改善を促しています。冷え性も、重篤な病気となってしまう前に対処することが肝心です。血流を良くするための運動を心がけ、体を冷やす食べ物や飲み物の摂取を減らし、ときにはストレスを発散させることも必要です。また体を温めるためには、シャワーだけの入浴法よりも、湯船につかって汗をかき、新陳代謝を促進させる方が良いでしょう。さらに「冷え」のメカニズムを考えれば、足先が冷たいからと靴下を重ねてはくよりも、おなかを温める方が効果的でしょう。

このページのTOPへ

注目ワード