柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

ひざ・関節の痛み(原因/症状/対処法)

私たちが自由に足や腕、腰を曲げられるのは、膝、肘、肩、腰などに関節があるからです。関節とは、体の各所にあり骨と骨を結合する部分です。骨と骨の間には潤滑油となる少量の関節液があるのですが、それが年齢とともに減っていくため、年を重ねることにより痛みや腫れを引き起こすことがあります。膝も関節のひとつですが、身体のバランスを取ったり、身体を支えるなど、絶えず負担がかかっているため、年齢にかかわらず痛めやすいとされています。ここでは、ひざ・関節の痛みの原因、症状、対処法について紹介します。

ひざ・関節の痛みの原因

ひざ・関節の痛みの原因

関節の痛みは、朝起きたときや同じ姿勢を長時間続けたとき、また歩いたあとなどに起こりやすく、ときには腫れを伴うこともあります。部位で言えば、もっとも多いのが膝の痛みでしょう。特に寒い時期には痛みを感じやすいとされており、原因は大きく3つに分類されます。関節の老化とも言われる「変形性関節症」、免疫異常が引き起こす「関節リウマチ」、過度のスポーツによる「関節障害」です。それぞれ関節に痛みを感じますが、治療法はまったく異なります。原因は、加齢、激しいスポーツによる痛みの他、事故などの外傷によるもの、立ち仕事や日常生活から受ける負担によるもの、疾患によって起きるものなど様々です。

ひざ・関節の痛みの症状

関節の痛みの代表格である「変形性関節症」は、加齢によって関節の軟骨がすり減ることで発症します。進行すると、O脚や左右の足の長さに違いが出るなど、目に見える変化が現れることもあります。自己免疫疾患によって関節の骨や軟骨を攻撃してしまうのが「関節リウマチ」。これは関節が炎症を起こすだけでなく、微熱やだるさなど、全身に症状が見られることが多いとされています。スポーツ選手に多いのは「関節障害」。過度のスポーツが原因ですが、近年では、中高年の間でも増加しているようです。加齢により、スポーツ中に膝、足首、肘などに違和感をおぼえたら、積極的に休んで様子をみましょう。体を支える重要な関節である膝の痛みが悪化すると、立ったり座ったりする日常生活が苦痛になり、歩くことや階段の昇降も困難になります。さらには、膝が腫れ、水が溜まり、動けなくなることもあります。足首や肘も、同様です。痛みが進行すれば生活に支障をきたしてしまいますので、くれぐれも無理をしないよう心がけましょう。

ひざの痛み・関節の痛みの対処法

膝の軽い痛みは、ボディーバランスを見直し、両膝に均等に力がかかるように修正します。ストレッチなどで膝関節の柔軟性を向上させると共に、膝の周囲の筋肉量を増やし、鍛えると、運動不足も同時に解消できます。膝以外の関節痛でも痛みが軽いうちは生活習慣を見直し、関節に負担をかけない程度に体重を減量すると、動きがスムーズになります。また、動きにくい衣類や靴により、関節痛を悪化させることもありますので要注意です。炎症を伴う痛みは冷やし、慢性的な痛みは温めるというのが基本的な対処法ですが、家庭での対処で改善が見られないようであれば、接骨院や医療機関で診察・治療をしてもらいましょう。

このページのTOPへ

注目ワード