柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

腰痛(原因/症状/対処法)

日本人は一般的に、諸外国の人々に比べて、腰痛になりやすいと言われています。一説によれば、生涯のうちで腰痛を体験したことのある日本人は、なんと8割以上にも上るとか。その理由は腰回りの筋肉が細いからだそうです。また男性に比べ、女性の方が、より「腰痛持ち」が多いという調査結果もあります。ひと口に腰痛と言ってもその原因は様々です。運動不足、加齢、姿勢の悪さ、仕事による同じ姿勢の持続、ストレス、骨量の減少など実に多くの要因があり、それによって痛みの部位や強さも違います。ここでは代表的な腰痛の原因や症状、対処法について紹介します。

ぎっくり腰と座骨神経痛

ぎっくり腰と座骨神経痛

腰痛と聞いて、すぐに思い浮かぶのが、ぎっくり腰ではないでしょうか。通称ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛」「椎間捻挫」と呼ばれる症状で、いきなりグキっという衝撃と共に強い痛みが腰を襲います。なぜ起きるかという原因は人それぞれなので、ひとくくりにはできませんが、瞬間的に腰椎がズレ、腰の筋肉が負荷に耐えきれなくなって炎症を起こしてしまうのです。また、悪い姿勢などで骨盤が歪み、神経を圧迫することで、臀部などに痛みを生じるのが座骨神経痛です。

腰痛の原因

腰痛の原因として多いのが、筋肉の慢性疲労や筋力の低下です。痛みは突然に襲ってくるように感じますが、実は時間をかけてゆっくり進行しているのです。日常生活の中で筋肉が慢性的に疲労したり、少しずつ筋力が落ちてくると、腰痛を招く危険性が高まってしまいます。若い人やスポーツ選手に多く見られるのは、急激に動きを切り替えようとして、腰にいきなり過負荷をかけてしまうために起こる、ぎっくり腰です。高所から飛び降りた瞬間や、呼ばれて勢いよく振り返ったとき、または骨格の歪みも原因のひとつだと言われます。立ったまま、あるいは座ったまま、長時間仕事などをしていると、使われている筋肉には過剰に負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうした筋力のアンバランスが骨格の歪みを招き、ぎっくり腰や座骨神経痛につながるのです。

腰痛の症状

ぎっくり腰は、上半身を起こすことができなくなるのを始め、お辞儀や上半身を反らすことができなくなったり、歩行が困難な状態になる場合も少なくありません。多くは、起き上がった状態よりも、横になっているほうが楽だとされています。座骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて痛みやしびれなどが見られます。

腰痛の対処法

ぎっくり腰や座骨神経痛をはじめとする腰痛は、加齢と共に多く現れますが、普段の姿勢や生活習慣とも大いに関連しています。バランスの良い食事や適度な運動、十分な休養、正しい姿勢を心がけましょう。急激に痛みが出た場合に備え、信頼できる接骨院を知っておくことも大切です。また、痛みが長期間続く場合は、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、変形性腰椎症、骨粗鬆症といった病気の可能性も考えられるので、医療機関を受診してみる必要があるでしょう。

このページのTOPへ

注目ワード