柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

接骨院(整骨師)の歴史〜ヨーロッパ

接骨院(整骨院)の開業資格である柔道整復師が行なう手技療法は、古くから柔道等の奥義のひとつである「活法」として伝承されてきたもので、「触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す」などにより症状を改善させる治療法をさします。このような日本における手技療法は、西洋ではどのようなものがあり、どのように発展してきたのでしょうか。西洋における代表的な手技療法と言えば、カイロプラクティックとオステオパシーが挙げられます。それぞれの発展の歩みをみていきましょう。

カイロプラクティック

カイロプラクティック

ギリシャ語で手を意味するカイロChiroとプラクティコスPrakticos(技術)が誕生したのは1895年(明治28年)、アメリカ・アイオア州においてです。医聖ヒポクラテスは、古代ギリシャ時代に脊椎の機能に着目していたと言われますが、これを体系化し医療への先鞭を付けたのは民間の一治療家であるD.D.パーマー一家でした。1913年(明治46年)カイロプラクティック法案が成立、その後紆余曲折を経て、カイロプラクティックが国家的に認知されたのは1974年(昭和49年)のことです。現在、アメリカ全州で、カイロプラクティックを行なうカイロプロテクターが医師、オステオパシーと並んで、プライマリーケアとして認められています。

日本におけるカイロプラクティック

日本にカイロプラクティックが入ってきたのは、1916年(大正5年)のこと。日露戦争直後の1905年(明治38年)柔道家の川口三郎氏が、柔道の講師として渡米したアメリカで初めて目にしたカイロプラクティックの素晴らしさに感動。勉学を重ね、帰国後すぐに開業します。これが国内第一号のカイロプラクティック治療院でした。

オステオパシー

1874年(明治7年)、オステオパシーを発表したのは、アメリカ・ミズリー州の外科医A.T.(アンドリュー・テイラー)スティルです。彼は、西洋医学の限界を感じ、自然治癒力を生かす自然医学に目を向けたと言われます。同じ医師仲間を中心に、ミズリーから他州へ、そしてイギリス、フランスへと深く静かに広がっていきました。オステオパシースクール第一号は1892年(明治25年)のアメリカン・スクール・オブ・オステパシー(現カークスビル・オステパシー医科大学)、以来アメリカ全土に確固たる基盤を築いていきます。アメリカで誕生したオステパシーがイギリスに渡ったのは20世紀初頭の1902年(明治35年)。1918年(大正7年)には、オステパシー専門学校が開校されています。

オステオパシーとは

オステオパシーとは、機能障害に働きかける予防医学で、病変が、構造的な病変になる前に予防するのが特徴だとか。そのコンセプトとも言えるのが「健全な血液供給が健康な組織形成に欠かせない」です。例えば、まず骨格の調整を行ない、その安定性を持続させるために筋、腱、靱帯の調整を行ないます。また、内蔵などの調整を通して、リンパ液、内分泌液などの体液を正常に戻すことなども挙げられます。

このページのTOPへ

注目ワード