柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

接骨院(整骨院)の歴史〜アジア

接骨院(整骨院)で治療にあたる人たちは、柔道整復師という国家資格を持った技術者です。接骨院(整骨院)の歴史を語るということは、この柔道整復師という資格についての歩みを語ることでもあります。この名称からも分かるように、柔道整復のルーツは、武道の柔術にあります。その昔、戦国乱世の時代、武道には殺法と活法があり、その二法を極める者を達人と呼んでいました。殺法とは言うまでもなく相手を倒す手段、つまり武術。また、活法とは骨折、脱臼等の手当て、治療、稽古中に発生した事故等に対処する方法として、発生、発展したものです。やがて殺法はスポーツとして、そして活法は医療の一部としての柔道整復術として現在に至っています。

1,000年にも及ぶ柔道整復術の歴史

1,000年にも及ぶ柔道整復術の歴史

現存する最古の医学書と言われている「医心方」(いしんぼう)には、骨や関節に関する詳細な記述があると言います。また、平安時代の古書にも接骨や整骨、接骨博士という言葉が使われており、この時代にはすでに接骨(整骨)という治療法が行なわれていたようです。これらのことからも柔道整復術の歴史は1,000年にも及ぶことが分かります。江戸中期には西洋医学の包帯法も取り入れられ、江戸末期には漢方医、接骨医等が活躍。日本の接骨(整骨)術は隆盛を極めます。華岡青洲と言うと全身麻酔薬の発見と乳がんの手術で知られていますが、一般の医学と平行して接骨術(整骨術)も教えており、発展に貢献したひとりです。

法制化までの苦難の道のり

医制(医療制度)改革が推し進められた1874年(明治7年)からは、柔道整復術の苦難の道のりとなります。1911年(明治44年)には鍼灸、あん摩は営業を公認されたのにもかかわらず、接骨術だけは公認されなかったのです。こうした背景を受け、1912年(大正元年)から、接骨術(整骨術)の公認運動が高まっていきました。そして1920年(大正9年)、現在の社団法人日本柔道整復師会の前身とも言える柔道接骨術公認期成会の努力により、内務省令のあん摩術営業取締規制の改正で柔道整復師としての身分が確定したのです。1932年(昭和7年)には日本初、柔道整復師の養成を目的とした学校も誕生しました。

柔道整復術としての始まり

昭和期に入ると、戦争や、占領下による圧力等、様々な苦難の道のりを経て、1947年(昭和22年)に「あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法」が公布されました。1970年(昭和45年)には、「柔道整復師法」が成立。1991年(平成3年)には、日本柔道整復師会から学術部門を独立させ、「日本柔道整復接骨医学会」が設立。学術団体としての活動が開始されました。1993年(平成5年)、柔道整復師は国家資格として法制化され、整体、カイロプラティックや療術等とは明確に区別されました。この法制化により民間療法としか見なされなかった柔道整復術が医療の1分野として認知されたのです。

このページのTOPへ

注目ワード