柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

接骨院(整骨院)と
マッサージ・あん摩・指圧の違い

街で見かける接骨院(整骨院)にいる先生の正式名称は柔道整復師と言い、国家資格です。接骨院(整骨院)は、その柔道整復師が、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れといった外傷に対して施術を行ないます。それらについては、健康保険の適用も認められています。しかし、単なる疲労回復やリラクゼーション目的など、外傷でないものに対しては保険が適用されません。マッサージ、あん摩、指圧は、あん摩マッサージ指圧師が「なでる」「押す」「揉む」「叩く」などの技法を組み合わせ、人の自然治癒力を高めながら症状を改善に結びつけていくものです。両者の違いをみていきましょう。

代替医療としての接骨院(整骨院)とあん摩・マッサージ・指圧

代替医療としての接骨院(整骨院)とあん摩・マッサージ・指圧

接骨院(整骨院)における柔道整復師は、打撲・捻挫・脱臼・骨折などの患部を整復する「ほねつぎ」の正式名称です。古くから柔道等格闘技の奥義のひとつである活法として伝承されましたが、近年では科学的裏づけを得て、さらに進化してきています。あん摩・マッサージ・指圧は、それぞれの施術方法が異なっていますが、現在はひとつの資格として法制化されています。いずれも西洋医学ではありませんので、資格も医師ではなく、柔道整復師、はり師・きゅう師、マッサージ師などになります。これらは国家資格ですが、一般的に医療類似行為(代替医療)として取り扱われています。法律上、レントゲン撮影や投薬を行なうことはできません。

接骨院(整骨院)でのマッサージ

柔道整復師には、あん摩・マッサージ・指圧の資格はありませんので、接骨院(整骨院)でのマッサージを主体とした施術は、法律上はできないことになっています。しかし柔道整復術に付随する程度のマッサージ・あん摩を行なうことは差しつかえないとされています。「外傷に対して柔道整復術を施したことにする(ほとんどが捻挫)」という形で、疲労回復などに対してマッサージを行なうことがあります。ただし接骨院(整骨院)では癒し、疲労回復のための施術においては、保険請求はできません。請求できるのは骨折・ねんざ・打撲等の外傷性のものに限定されています。

マッサージの要素

マッサージ店は、マッサージを行なうところですが、最近では治療を目的とせず、リラクゼーションの要素が強い店も多くなっています。治療を目的とする場合はマッサージ治療院と表現しなければなりません。あん摩・マッサージ・指圧は、あん摩・マッサージ・指圧師免許所持者の業務独占であり、無免許者は広告もできないことになっています。国家資格を有する、あん摩・マッサージ指圧師が、制限されている関節可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善を目的とする医療マッサージを行なった場合は健康保険による給付を受けることができます。しかし柔道整復師がマッサージの保険請求をすることはできません。

このページのTOPへ

注目ワード