柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

マッサージ・あん摩・指圧とは

「あん摩」「マッサージ」「指圧」は、それぞれ固有の起源や理論、使い方が異なる手技療法ですが、日本では「あん摩マッサージ指圧師」としてひとつの国家資格になっています。技術的にはあん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術を行なうことになっています。資格を取得するには、日本の厚生労働省に認定された学校で3年間勉強し資格試験に合格する必要があります。

それぞれの特徴をみてみましょう。

資格取得により開業、治療が可能

資格取得により開業、治療が可能

資格を取得すると、手技による施術行為(禁忌疾患を除く)、施術所(治療院)の開業、出張(訪問)施術、施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職などが可能となります。医師や歯科医と違う大きな特長は看護師や衛生技師のような協力者がいなくても、ひとりで開業、治療、運営することができるということです。あん摩・マッサージ・指圧後療法は単なる癒しだけではなく、医療現場でも用いられており、保険取り扱いの対象にもなっています。ただし「対象となる疾患であること」「医師の同意書があること」などの条件があるため、注意が必要です。

将来性のある活躍の場

高齢社会であると同時に、若年層でさえもマッサージを受けると言われるストレス社会において、あん摩・マッサージ・指圧師の需要も急速に伸びています。独立開業はもちろんですが、主な就職先としては、病院や旧来のタイプの治療院等ではなく、都市型の大型温泉施設や、やはり都心でよく見かけるサロン形式の治療院での需要が高まっています。いずれも、家族で出かけられる便利さや、女性が好むリラクゼーションスタイルに人気が集まっている施設です。

マッサージ

マッサージはヨーロッパで生まれ、明治以降に日本に伝わりました。手を使って施術する手技で、皮膚に直接アプローチして、主として求心性の技法により血流の改善を行ないます。オイルやクリーム、パウダーを使うこともあります。マッサージは直接皮膚に触れますが、あん摩と指圧は薄い衣服の上から施術するところが違いと言えます。

あん摩

もともと中国で「推拿(すいな)」と言っていたものが起源で、日本へ伝来。衣服の上または手拭いを用いてその上から、心臓から末端へかけて揉み、叩くことを中心とした手技です。「按摩」とも書き、「按」は「おさえる」、「摩」は「なでる」を意味し、東洋医学の基本理念である「虚実(きょじつ)」という概念に応じた使い分けを行ない、気血の流れを良くして疾病を治癒に導く施術方法です。

指圧

指圧は古法あん摩、導引、柔道の活法を合わせた、一点圧を主体とした独特の施術方法です。大正時代にアメリカの整体療術の理論と手法を取り入れて体系化され、今では英語でも「SHIATSU」と呼ばれる程、海外での認知度も高くなっています。

このページのTOPへ

注目ワード