柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

接骨院(整骨院)と鍼灸院の違い

接骨院(整骨院)は、柔道整復師が開設している治療院で、「柔道整復師」という国家資格を有する人が施術を行ないます。柔道整復師は、医学的な知識も豊富です。整骨院に通う一番のメリットは健康保険が使えること。整骨院(整骨院)では、手で揉んだり、矯正などの治療の他、電気治療を受けることがありますが、これは電気治療が保険の治療範囲になっているためです。一方鍼灸院で、ハリや灸を行なう人は「はり師・きゅう師」という国家資格を持つ人が治療を行ないます。それぞれの違いは、施術方法や保険の適用などの他にどういったことがあるのでしょう。

接骨院(整骨院)の治療内容と保険請求について

接骨院(整骨院)の治療内容と保険請求について

基本的に、接骨院(整骨院)では捻挫、骨折、打撲などの、言わゆる怪我に対する処置を得意としています。接骨院(整骨院)によって、治療のシステムや、治療方針、また料金も様々なので、実際に行なってみて、合う所を探しましょう。接骨院(整骨院)では、原因がはっきりしている急性のねんざ、打撲、挫傷といったケガの施術、骨折や脱臼の応急処置の場合に限って健康保険が使えます。本来は、患者が保険者に請求するところを、委任状をもらって柔道整復師が代行して請求する受領委任という制度が使われているのです。つまり医師は自ら保険者に請求できますが、柔道整復師は、患者の代理で請求することになります。

整骨院・接骨院で、健康保険が適用できる5つの治療

  • 骨折(単純骨折、疲労骨折、圧迫骨折など)
  • 脱臼(肩や肘が外れて抜けてしまった状態)
  • 打撲(交通事故や転倒などによる打ち身)
  • 捻挫(足首・手首などの靭帯を痛める症状)
  • 筋挫傷(筋肉や腱が無理に伸ばされた状態)

鍼灸院の治療内容

鍼灸院とは、鍼(はり、針)と灸(きゅう、お灸)で治療を行なっている治療院で、鍼灸師という国家資格を持つ先生が開設しています。はり師は、その病気や症状、疾患に応じた、一定の経穴(ツボ)または、皮膚の一定点に針で刺激を与える施術法です。きゅう師は、その疾患に応じた、一定の経穴または皮膚の一定点に火を付けたもぐさ等の温熱材を直接または間接に接触させて、その温熱によって人体に作用させる施術を行なう治療法です。はり師やきゅう師の場合、柔道整復師や歯科医、医師のように、直接的な保険取り扱いではなく、医師の診察を受け、同意書にサインをもらわないと保険が使えません。また鍼灸は、頸椎捻挫後遺症(むち打ち症)、腰痛、神経痛、五十肩、頸腕障害、リウマチのみ健康保険が適用されます。一般的に鍼灸の施術を受けている期間は、同一病名での医療機関での治療は受けられないという制約があります。

鍼灸院で医師の同意書があれば、健康保険が適用できる7つの治療

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 腰痛症(ぎっくり腰を含む)
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 頸椎捻挫後遺症
  • その他、痛みを伴う慢性疾患(腱鞘炎、膝関節痛など)

このページのTOPへ

注目ワード