柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

鍼灸院とは

鍼灸院は、東洋医学の治療法のひとつである鍼灸治療を行なうところです。「はり・きゅう」または、「しんきゅう」と呼ばれ、身体に約360個あると言われるツボに鍼や灸を用いて症状を改善する治療法です。患者が来院したら、最初に症状や痛みの具合、部位、経過、原因などについてヒアリングし、触診や脈診、聴診などの検査をします。その後、鍼または灸による施術を行ないます。鍼灸には、鍼灸師それぞれの流儀がありますがツボのなかでも、固い、へこんでいる、湿っているなどの変化のある場所を選んで施術し、自然治癒力や免疫力を高めます。詳しくみていきましょう。

鍼灸の歴史

鍼灸の歴史

東洋医学では、身体をひとつの小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れたときに「病」が発症すると考えられています。鍼灸は、その東洋医学の治療法のひとつです。起源は石器時代の中国にはじまり、奈良時代に日本に伝来しました。中国の僧侶が仏典とともに鍼灸の医学書を持参したと伝えられています。平安から室町時代にかけては、鍼灸や漢方が定着し、江戸時代には「解体新書」が登場すると、明治にかけて西洋医学が発展しますが、鍼灸の効果は民間医療として多くの支持を受けてきました。

鍼の施術について

細いステンレス製の鍼(長さ約40mm〜80mm、太さ直径0.17mm〜0.33mm)をツボ(経穴)に刺し入れます。感染予防のため完全滅菌し、使い捨て鍼を使用。円形の金属または合成樹脂製の筒を用いてツボに刺し入れる管鍼法という方法で行ないます。あるいは筒を使わず、鍼を親指と人差し指でつまんで刺し入れる方法もあります。ツボに刺した鍼は、上下したり、一定の刺激を加えてから(鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)すぐに抜く場合と10〜15分間くらい置いておく場合があります。また、鍼に微弱な低周波パルス通電をする場合もあります。痛みや筋肉のこり、血液循環を促す効果が期待できます。

灸の施術について

艾(もぐさ)を使って経穴(ツボ)に熱の刺激を加える治療方法です。一般的に〔やいと、お灸〕と言われています。艾を直接皮膚上に乗せて着火させる直接灸と、艾と皮膚の間を空けて行なう間接灸とがあります。直接灸の場合、施灸後、皮膚に水泡ができたり灸痕が残る場合があります。一方、間接灸は、艾と皮膚の間に空間を作り、味噌、薄く切った生姜・にんにくなどの熱の緩衝材を入れて熱を和らげ心地良い熱さに調整します。その他、鍼の頭(先端)にそら豆大の艾を付けて、点火する灸頭鍼と呼ばれる方法や、熱の刺激源に遠赤外線やレーザーを用いる方法もあります。

その他の補助療法について

鍼灸院によっては、補助療法として遠赤外線照射や低周波通電、吸い玉、テーピング、予防体操などの指導を行なう場合もあります。鍼灸治療は、医師が必要と認め、同意があれば保険が適用されます。

このページのTOPへ

注目ワード