柔道チャンネル

ご希望の接骨院・整骨院情報を無料で検索できます。

接骨院・整骨院

整形外科とは

脊椎(脊柱)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)など、身体の部位は広範囲に及びます。整形外科とは、これらの運動器官を構成する骨、軟骨、筋、靱帯、神経などの病気やケガ、損傷を診療する専門治療科のことを言います。新生児から小児、学童、成人、高齢者まですべての年齢層が対象になり、内容も幅広く患者数が多いのが特徴です。整形外科は、英語ではOrthopaedics。orthoは矯正、paediは子供を意味し、もともとの治療対象は、子供の手足の変形が多くを占めていたようです。今回は整形外科についてご紹介します。

整形外科と外科との違い

整形外科と外科との違い

整形外科は、「骨、関節、靱帯、末梢神経、筋肉などの運動器にかかわる疾患や外傷を治療するところ」と定義され、内臓や顔面、頭部以外の四肢と脊椎にかかわる臓器を診療します。レントゲンを撮ったり、薬を出したり、場合によっては手術も行ないます。整形外科は捻挫・打撲・骨折・腰痛・関節痛などの治療を行ないます。一方で、外科は一般的に手術を中心とした治療を行なう分野です。外科でも脳神経外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科などに別れており、整形外科も外科という意味では同じ分野と言えます。ちょっとした傷なら一般外科でも問題はありませんが、骨折、捻挫などは整形外科が良いでしょう。

整形外科と形成外科との違い

形成外科の分野が確立される前は、生まれつきの多指症やアザなど、見た目の良くない状態(醜い状態)の患者は、整形外科で診療することが多かったようです。やがて整形外科から分離して、身体の表面を治療する外科として「形成外科学」という分野が確立。形成外科の治療対象は、先天異常(生まれつきの体表の形の異常。唇裂・口蓋裂(みつくち)、耳の変形、頭や顔の骨の変形など)、外傷(特に顔面、手指の外傷、植皮手術を必要とするような深い熱傷や、鼻、頬、顎などの顔面骨骨折)、腫瘍(主に皮膚、皮下の腫瘍など。先天異常の母斑など良性腫瘍)、美容(美容を主たる目的とする手術)などになります。

整形外科の治療について

整形外科は、定義上、「骨、関節、靱帯、末梢神経、筋肉などの運動器にかかわる疾患や外傷を治療するところ」となっていますが、これは西洋医学の発展と密接なかかわりを持っています。西洋医学では、もともと、主に薬で治療を行なう内科と、手術によって病変部を取り去る外科とに分かれていましたが、解剖学や病理学など、言わゆる基礎医学が発達するとともに、臓器別に治療方針を立てるようになり、それぞれが専門分化してきました。 このうち、手足の先天性奇形やポリオによって麻痺した足の治療などの外科的治療が行なわれるようになり、やがて四肢と脊椎を中心に、その周りの骨、関節、靱帯、神経、筋肉までを全般的に扱うようになっていったのです。現在の整形外科では、変性疾患と呼ばれる変形性関節症、椎間板ヘルニア、骨腫瘍、腱断裂などの治療も行なっています。さらに障害に対する外科的治療だけでなく、内科的治療、つまり薬の投与やリハビリなども行なうようになりました。

このページのTOPへ

注目ワード