接骨院・整骨院情報

接骨院(整骨院)の基礎知識をはじめ接骨院(整骨院)情報などをご紹介します。

接骨院(整骨院)の歴史

接骨院(整骨院)の歴史

接骨(整骨)技術は、「大宝律令※1」(701年)に骨や関節の手当てが記載されており、戦国時代では専門家が、兵士の骨折や脱臼を施術した記録もあります。

平安時代になると日本最古の医書である「医心方(いしんほう)」(984年)にも骨、関節損傷の施術法が記述されております。

江戸時代には、中国・少林寺の僧によって拳法とともに「正骨術※2」が日本の柔術家に伝えられ、庶民に広がりました。
接骨院(柔道整復術)の源流は、武士の武術のひとつである「柔術」にあると言われており、柔術の「活法(かっぽう)」と「正骨術」が融合して、現在の整復法が確立されたと考えられています。

また、柔道の創始者であり、「柔道の父」と言われる講道館嘉納治五郎師範(1860〜1938年)の支持によって、柔道との関係が密になり、柔道整復術として発展していきましたが、順調に発展を遂げてきたわけではありません。

明治時代に入ると、武家社会がなくなり、政府は西洋文化の普及を推進しました。そのようななか、「医制」が制定され、漢方医学の廃止に伴って接骨術はほとんど顧みられなくなりました。

しかし、明治の終わり頃、柔術家たちによって結成された「柔道接骨術公認期成会」の熱意により復活を遂げることになります。

1920年(大正9年)には、ついに、「柔道整復術」という名称で国に認められ、第一回資格試験へと漕ぎ着けました。初めは資格試験による認定でしたが、1951年(昭和26年)には学校教育による柔道整復師の養成が始められ、免許制度が制定されました。

さらに、1970年(昭和45年)に柔道整復師法が成立し、資格取得に関する規定や業務内容などが分かりやすく解釈され始め、1989年(平成元年)には、柔道整復師法の大改正により、国家試験へと移行しました。

現在における接骨院(整骨院)では、本来の柔道整復術以外に整体やカイロプラクティック、電気・温熱・低周波・光・超音波など機器を使った物理療法を行なっていることがあります。

※1:日本で最初に制定された法令集 ※2:国に古くから伝わる手技療法

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード