接骨院・整骨院情報

接骨院(整骨院)の基礎知識をはじめ接骨院情報などをご紹介します。

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤は、体のほぼ中心にあり、日常の様々な動きに大きくかかわっています。骨盤が歪んだりずれたりすると、体調不良を起こし、精神的にも大きな負担となります。 骨盤矯正で骨盤を正常に戻すことにより、体調不良や精神的不安を解消し、健康な日常生活を送ることができます。

骨盤の仕組みと役割

骨盤の仕組みと役割

骨盤は、人の腰の下あたりにあり、上部は背骨、下部は股関節と繋がって、骨格の上半身と下半身を結んでいます。

また骨盤は、仙骨(仙椎)、寛骨、尾骨で構成されており、寛骨は、腸骨と坐骨、恥骨の3つからなる部分を言い、腸や子宮などの内臓を包み込むようになっています。左右の大腿骨を結ぶ股関節は、関節の中で最も大きく、下半身を動かす重要な関節です。

上半身と下半身を繋いでいる骨盤の役割はとても重要で、体全体のバランスを保ち、「立つ」、「座る」、「歩く」の日常の動作にも関係しております。骨盤が歪んだりずれたりすると全身のバランスが崩れ、様々な部位に影響を及ぼします。背柱や腰椎など骨盤と直接繋がっている部分は特に影響を受けやすく、腰痛や坐骨神経痛などを発症すると、日常の動作も自由にできなくなります。

さらに女性の場合、骨盤の内側に子宮や卵巣があるため、出産や生理にも深くかかわってきます。

骨盤の歪みの原因

骨盤の歪みの原因

骨盤が歪むと骨格全体のバランスが崩れ、様々な病気にかかりやすくなります。骨盤の歪みは、外傷性のものを除くとほとんどが日常生活から来ており、自覚しないまま歪みを招いていることも多いようです。

カバンを持つときや片手で物を運ぶときに、いつも同じ方の手を使う場合は荷重が片側にかかり過ぎて、長い時間をかけて自然に歪んでいきます。特にスポーツ選手のように集中的に体の一部を使う場合は、骨盤が歪みやすくなります。この他にも、仕事で長時間イスに座ったり、座ったときに足を組むクセがあったり、無意識に無理な姿勢でいたり、体重の増加や女性のハイヒールも骨盤の歪みの原因となります。

また、老化や出産など自然の営みでも骨盤の歪みが起こります。何気ない動作でも、長期間繰り返していると骨盤は次第に歪み、腰痛や足のむくみ、膝痛など様々な症状となって現れてきます。いつも正しい姿勢を意識して保つことが、骨盤の負担を軽減することになります。

骨盤の歪みから来る症状

骨盤の歪みから来る症状

骨盤が歪むと様々な症状が現れます。最も顕著なのが腰痛です。骨盤の上部にある腰椎が骨盤の歪みによってずれを起こし、痛みが生じます。腰椎から出ている坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛となります。また、背骨への影響としては椎間板ヘルニアが挙げられます。

骨盤の左右にある腸骨は、仙骨を中心に周期的に緩やかな開閉運動を繰り返しますが、歪みによって開き放しになり、O脚やX脚になることがあります。そこからさらに、外反母趾へと波及することもあります。骨に関する疾患以外では、骨盤の仙骨が女性ホルモンに深くかかわっているため、仙骨の歪みは生理不順や生理痛、不妊症などが起きる場合があり、骨盤が傾いていると大腸に影響し、便秘や下痢などを引き起こすことがあります。

腸骨の開きすぎは、内蔵機能の低下を招き、冷え性や顔のむくみなどの症状が現れることもあります。反対に閉じている状態が続くと不眠やストレスを引き起こすことがあります。

このように、骨盤の歪みは体全体に影響し、精神的な不調にも繋がります。

骨盤の歪み・ずれのセルフチェック

骨盤の歪み・ずれのセルフチェック

骨盤の歪みやずれは、腰痛をはじめ生理不順、冷え性など様々な体調不良を引き起こす原因になります。

骨盤が歪んだりずれたりしているかどうかを自分でチェックしてみましょう。

【チェック項目】

  • 鏡の前に立ち、両肩の位置が同じかどうかを見る。
  • ウエストのくびれが左右対称かどうかを確認する。
  • ネックレスをつけて左右どちらかに寄っていないかを見る。
  • 靴の減り方が左右同じかどうかを見る。
  • 仰向けに寝て少し足を開き、左右の骨盤の一番高い位置に親指を置き、床に中指をつけて左右の高さを比べる。
  • 仰向けになって手を使わず腹筋だけで起き上がれるかどうかを確認する。
  • 左右の足の長さが同じかどうか測って調べる。
  • お尻が大きくて、やせにくい。

この中で、左右で違ったり、腹筋ができなかったりすると骨盤が歪んでいる可能性があります。あまりにも違い過ぎるときは、一度専門医に診てもらうようにしましょう。

骨盤の歪みの防止法

骨盤の歪みの防止法

骨盤の歪みの多くは、日常の姿勢や何気ない動作から来ています。そのため、普段の姿勢や動作を見直して、骨盤が歪んだりずれたりしないように意識することが大切です。

また、歪んだ骨盤をそのままにしておくと、歪みがひどくなってもとに戻すまで時間がかかりますので、体調不良になったり骨盤に関連する症状が現れたりしたら、早期に骨盤を矯正するようにしましょう。

骨盤が歪まないようにするには、普段の姿勢が大事です。立ち姿勢では足を肩幅程度に開いて、重心を真ん中に置くことを意識して、骨盤が真っ直ぐになるように立ちます。目安としては横から見たときに耳たぶ、肩の中心、膝、くるぶしが一直線になるようにします。

イスに座るときは真っ直ぐ腰かけ、背もたれに合わせて体が垂直になるようにします。足を組むクセがある人は、組み替えるように意識することが大切です。また、イスに浅く腰かけて背もたれに体を預けるように斜めに座るのも骨盤を痛める原因となります。

歩くときは、背筋を伸ばして真っ直ぐに歩きます。下を向いて歩いたりすると自然に前傾姿勢になって、骨盤に負担をかけます。

また、靴が片方だけ減りが早いのは、重心がずれている証拠です。バッグを持って歩くときも片方ずつ交互に持ったり、肩にかけたりするように心がけましょう。

骨盤の矯正法

骨盤の矯正法

骨盤の矯正法は、自分でできる簡単な方法から、接骨院など専門医による本格的な方法まで様々です。骨盤の歪みによる諸症状がひどいときは、専門医に相談し、早期に治療してもらうのが近道です。

軽い体調不良の場合は、自分である程度治すことができます。自分で行なう骨盤矯正法としては、体操やストレッチで治す方法と器具を使って治す方法の2種類があります。

@体操による骨盤矯正法

足を伸ばして座り、片方ずつ足の指で「グー・チョキ・パー」を、それぞれ2〜3分間行ないます。この運動は一例ですが、左右同じ運動をすることで、骨盤への偏った負担を解消します。

A器具を使った骨盤矯正法

骨盤矯正の下着やベルトなど、身に付けながら骨盤を矯正します。しかし、身に付けただけではなく、正しい姿勢を保ったり、足を組むなどのクセをやめたりしないと効果が発揮されません。

日常でも簡単にできる矯正法は、毎日コツコツと続けることが大切です。正しい姿勢を心がけ、日頃から骨盤に対して意識するようにしましょう。

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード