治療機器

接骨院(整骨院)の基礎知識をはじめ接骨院情報などをご紹介します。

治療機器

治療機器

接骨院では、手技での施術が主となりますが、施術をサポートするために多くの治療器が使われます。
施術内容やお客様の症状などに合わせて、様々な治療器が使用されています。

低周波・高周波治療器

低周波・高周波治療器

生物は体内で体には感じない弱い電気を発しており、これを「生物電気」または「生体電気」と言います。人間も同じで、脳や内臓、筋肉など、あらゆる部位で電気を発していますが、発電に異常があると体にも異常が現れます。そのため、外部から弱い電気を体に流すことで改善を図ることができます。その電気の波動や振動が1〜1,000Hzと低いものが「低周波治療器」、1万Hz以上の高い振動や波動が「高周波治療器」です。どちらの治療器も電気を流すことで、筋肉が伸縮し血液を送り出す作用があり、これを繰り返すことで血行が促進されます。

周波数の高低で皮膚抵抗が異なり、施術内容や施術箇所もそれぞれ違ってきます。皮膚抵抗が大きい「低周波」は皮膚を叩くような強い感覚となり、主に浅層部に作用します。逆に「高周波」は皮膚抵抗が小さいため、皮膚をさするような弱い感覚で、主に深層部に作用します。

また、この治療器には+極と−極があり、2つの電極を体に付けて電気を流します。+極からの通電は、神経を興奮させ、麻痺した神経や筋肉を活発にします。そして、−極からの通電は、神経を鎮静させる作用があります。

症状に応じて、これを繰り返すことで、筋肉の働きを回復させ、痛みを和らげます。

干渉波治療器

干渉波治療器

周波数の異なる電流を体に流すと、体の深部でぶつかり合い、低周波の刺激が発生します。電流同士がお互いに干渉することから「干渉波」と言い、この原理を利用したのが干渉波治療器です。

低周波は皮膚抵抗が大きいため、体の深部まで届きませんが、干渉波によって作り出された低周波は、体の奥の痛みを和らげたり、筋肉を収縮させてポンプ作用を活発にし、血行を促進したりします。

また、麻痺して乱れた神経回路に作用し、神経の正しい伝達を促します。施術時では、低周波は皮膚にピリピリした痛みがあるのに対し、干渉波は皮膚への痛みがあまりなく、施術を受ける方も安心して施術を受けることができます。

干渉波治療器は、一般に4つの電極を体に貼り付け、2極ずつ2種類の周波数の電流を流しますが、効果を上げるために、6つの電極を使って3種類の周波数の電流を流すことで干渉領域を3次元的にする方法もあります。

主に、慢性的な肩こりや腰痛の治療などに利用されています。

超音波治療器

超音波治療器

人間の耳には聞こえない超音波を使用した治療器です。1MHzと3MHzの超音波を発し、それぞれ浅層部、深層部に利用します。治療器を患部のある皮膚に当てて照射しますが、連続して100%照射すると「温熱効果」が得られ、20〜50%の照射では「非熱効果」が得られます。

温熱効果では、血行を改善し痛みを和らげる働きがあります。また、筋肉の収縮機能を改善したり、緊張をほぐしたりします。非熱効果では、微細振動で細胞膜を活性して炎症の治癒を向上させたり、細胞組織液の運動を活発にしてむくみを軽減したりします。

超音波治療器を使用するときは、患部に確実に照射するために照射用のゲルを塗ります。

なお、悪性腫瘍や知覚障害、虚血部位がある方や、発育期の骨への照射は禁忌となります。

温熱治療器

温熱治療器

温熱治療は、温熱療法に用いる機器で、その種類は幅広く熱源や装置によって分類されています。熱源としては赤外線、可視光線、マイクロ波、蒸気などがあり、装置についてはお風呂やライト照射などがあります。

マイクロ波治療器や光線治療器の一部も温熱治療器に含まれます。温熱治療器は、体内や皮膚表面を暖めることで血行促進、鎮痛、マッサージなどの効果があり、症状や治療内容に合わせて、最適な治療器が用いられます。患部だけでなく全身を温めることもでき、体全体の血行を促進することで、毛細血管を拡張したり新陳代謝を活発にさせたりします。

代表的なものとしては、熱伝導を利用した「ホットパック」、噴射ノズルから気泡を発して患部を刺激する「過流浴装置」、中温のパラフィン(ろう)で患部を保温する「パラフィン浴装置」などがあります。

悪性腫瘍がある、循環障害や、出血しやすい施術を受ける方には使用することができません。

牽引器

牽引器

牽引器とは、ベッドやイスに牽引装置が装着され、手足や首、腰などを引っ張って、骨折や脱臼を整復したり、関節の痛みを和らげたり、骨の変形や拘縮を矯正する器具のことを言います。

特に脊椎への牽引治療器は、牽引の連続性、動力、施術を受けられる方の体位、牽引方向、牽引角度によって分類され、さらに症状や施術法によって細かく分けられます。

連続性での分類は、小さな力で一定時間持続的に行なう「持続牽引」と、秒単位で細かく休みを入れながら強く引っ張る「間歇(かんけつ)牽引」があり、症状や施術に合わせてどちらかの方法が用いられています。

動力での分類は、電気を使う「電動牽引」、重りの重さで調節する「重錐牽引」、施術を受けられる方の体重を利用する「自重牽引」主に3つに分かれます。牽引角度での分類は、施術部分を垂直、水平、斜面と引っ張る角度で分けられます。

牽引器は、症状や施術方法に応じた治療器が用いられ、いろいろ組み合わせて最適な施術が行なわれます。

光線治療器

光線治療器

光線治療器は、太陽光に含まれる光を照射して治療する機器です。照射する光線の種類には、赤外線、遠赤外線、紫外線、可視光線があり、それぞれに効果が異なります。赤外線は、温熱や血流の改善に有効で、紫外線は皮膚の再生や免疫力を高めるビタミンDの生成に作用します。

また、太陽光を浴びることで「メラトニン」が体内に生成され、免疫活動や精神安定、循環向上など体内の機能の活性化に効果があるとされています。そうした太陽光を人工的に照射することで、施術部分の治癒力を高め、改善を早めます。

光線治療器は、超音波治療器や低周波治療器に比べて、皮膚表面の熱が上がらず、筋肉深部への浸透時間が短縮されます。また、超音波治療器や低周波治療器などでは照射できない妊婦の方や骨の発育期を迎えた人に対して施術が可能というメリットがあります。

肩こりや五十肩、脊椎疾患、腰椎症、変形性膝関節炎、関節リウマチ、変形性股関節症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなど様々な症状に利用されます。

マイクロ波(極超短波)治療器

マイクロ波(極超短波)治療器

「マイクロ波」とは、波長がきわめて短い電磁波で、物や人に照射するとエネルギーが吸収され、熱に変化します。電子レンジと同じ原理で、医療分野ではタンパク質が変性して凝固することから、止血効果や癌治療に用いられています。

マイクロ波は、他の治療器では届かない体の深層部まで届くので、筋肉や腱などの深層部の血行を促進し、体の内側から温めてこりをほぐします。マイクロ波の特性として、水分をよく含んだ部分は温熱効果が高く、筋膜周辺では効果的です。急速的で均一に加熱できるため、金属類がなければ衣服の上からでも照射が可能です。

また、皮膚面があまり熱くなることなく、狙った部分だけを集中的に照射することができるので、施術時間の短縮など効率化を図ることができます。

主に、慢性的な痛みの緩和や血液循環の改善、新陳代謝の活性化に利用されますが、妊婦の方や骨が成長過程にある方には使用することができません。

マッサージ器

マッサージ器

マッサージ器は、体のこわばった筋肉をほぐすための器具で、一般家庭用としても普及しており、その機能も年々進化してします。医療機関では家庭用と同じイス型のものやベッド型のマッサージ器があり、肩や腰、腕、足など各部位に対して、「揉む」「叩く」「押す」「さする」など多彩な動作で、患部の筋肉を刺激し、血行を促進します。動作の強弱や時間も自由に選択でき、様々な症状に適応できるようになっています。

マッサージ動作もローラー式のものや、患部を優しく包み込むウォーター式、エア式などがあり、部位ごとの部分マッサージから全身マッサージまで様々な操作が可能です。

「マッサージ器」と言う名称から、本来は慢性化した筋肉の張りや緊張をほぐすことを目的としていますが、医療機関ではこの他にリラクゼーションを目的として導入している点もあります。施術を受ける方の不安や心配を取り除くことで、心身の緊張を緩和し、早期回復を促します。

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード