柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

その他(あん摩マッサージ指圧師)

あん摩法、マッサージ法、指圧法は、それぞれその施術の方法が異なっていますが、現在はひとつの資格として法制化されています。あん摩マッサージ指圧を学べる学校は、鍼灸も一緒に教えていることが多いのですが、どこの学校(学科)でもあん摩マッサージ指圧師の国家試験受験資格が取得できる訳ではありません。通常、東洋医学の学校には、①はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の3つの国家試験受験資格を取得できるコース、②はり師・きゅう師の2つの国家試験受験資格を取得できるコース、③あん摩マッサージ指圧師の国家試験受験資格を取れるコースの3つがあります。

あん摩、マッサージ、指圧の違いとは

あん摩、マッサージ、指圧の違いとは

あん摩は、古代の中国で誕生し、その後日本に渡来したものです。東洋医学の基本理念である「虚実(きょじつ)」という概念に応じた使い分けを行ない、気血の流れを良くして疾病を治癒に導きます。一方、マッサージはヨーロッパで生まれ、明治以降に日本に持ち込まれました。同じように手を使って施術しますが、マッサージは皮膚に直接、手技を加え、血流の改善などを目的としています。また、指圧は古法あん摩、導引、柔道の活法を合わせた、一点圧を主体とした独特の施術方法です。

介護保険制度の中でも活躍

最近では、介護保険制度の中でも、活躍の場が広がっています。例えば、5年以上の実務経験があれば、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師も試験に合格すると介護支援専門員(ケアマネジャー)になれるのです。あん摩マッサージ指圧師に限れば、通所介護(デイサービス)における機能訓練指導員としても働けます。

「機能訓練指導員」とは

機能訓練指導員は、すべての通所介護事業所(※)に一人以上設置することが義務付けられている介護の専門職です。主な仕事内容は、特別養護老人ホームの入所者に対し、日常生活を営むのに必要な機能を改善し訓練を行なうことです。

具体的には、看護師あるいは准看護師、作業療法士、柔道整復師、言語聴覚士、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格を有する者が指導員として認められています。

※要介護者を対象とした介護施設(介護予防施設を含む)、老人デイサービス事業を行なう施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム等が対象となっています。

活躍できるフィールド

あん摩マッサージ指圧師は、鍼灸師と同じように開業ができます。もちろん、治療院や病院などの医療機関に勤務することもできます。また、スポーツトレーナーとして、プロスポーツチームで活躍したり、舞台やステージなどで出演者のケアを担当したりすることもできます。最近では、訪問リハビリマッサージなど、在宅医療の現場でも、あん摩マッサージ指圧師が働いています。

あん摩マッサージ指圧師になるには

あん摩マッサージ指圧師は、マッサージによって、患者の身体のコリや痛みを和らげる仕事です。厚生労働大臣、または文部科学大臣指定のあん摩マッサージ指圧師専門学校などを卒業し、国家試験に合格すると資格を取得できます。いずれの学校でも、3年間(大学は4年間)通うことになりますので、学校を選ぶ際は、前述した3つのパターンの中から、自分に必要な資格を選ぶ必要があります。

このページのTOPへ

注目ワード