柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

臨床工学科

臨床工学科では、臨床工学技士の資格取得を目標に、臨床工学技士として必要な医学と電子工学に関連する知識と技術を、講義や実習などを通して身に付けます。臨床工学技士は、医学と工学の知識をあわせ持ち、生命維持管理装置を扱い、医師や看護師と共にチーム医療に携わる専門職。この資格は、厚生労働省が認定する国家資格です。患者の命を守り、医療の安全を支える知識と技術を学ぶ臨床工学科と、臨床工学技師の仕事について見てみましょう。

「臨床工学技士」とは

「臨床工学技士」とは

医療施設には、医師や看護師の他に、X線・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や尿検査・病理検査・心電図や脳波などの検査を行なう臨床検査技師、リハビリテーションを行なう理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、栄養管理を行なう管理栄養士など様々な職種のスタッフが働いています。臨床工学技士も、病院で働く医療職で、現在約3万人の臨床工学技士が全国で活躍していると言われます。臨床工学技士は、「CE(Clinical Engineer)」と呼ばれます。

臨床工学技士の仕事内容

臨床工学技士は、医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組み、生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように、保守・点検を行なっており、安全性確保と有効性維持に努めています。血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作、及び保守点検を行なうことが主な業務ですが、業務範囲は呼吸・代謝・循環領域と多岐にわたります。

臨床業務と医療機器管理業務

臨床工学技士の仕事は大きく分けて患者のベッドサイドで行なう「臨床業務」と「医療機器管理業務」に別けられます。以下に、代表的な例を挙げます。

臨床業務

救命救急医療、人工呼吸療法、心臓カテーテル検査と治療、内視鏡手術など各科手術室関連業務、冠動脈バイパス術や心臓の弁置換術、ICU・CCU・HCU業務、血液透析、急性血液浄化、アフェレーシスなど多岐にわたります。

医療機器管理業務

  • 心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)の操作・管理を行ないます。
  • 血液透析療法、血漿交換療法、血液吸着法などで使用する穿刺や人工透析装置の操作を行ないます。
  • 手術室内の広範な医療機器の操作や事前の管理を行ないます
  • 人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作や管理を行ないます。
  • 心臓カテーテル検査一連の記録をするために、コンピュータを操作し、検査室内にある装置の操作を行ないます。
  • 高気圧酸素療法で、その装置の操作・管理を行ないます。
  • ペースメーカ(PM)、植込み型除細動器(ICD)などの管理や操作を行ないます。

臨床工学技士になるには

臨床工学技士になるには、3年制の臨床工学技士養成専門学校、及び4年制大学を卒業することにより、臨床工学技士国家試験の受験資格が得られ、国家試験に合格して厚生労働省から免許が与えられます。現在は大学院コースもあり、修士を取得している臨床工学技士や医学博士、工学博士を取得している臨床工学技士も増えています。

このページのTOPへ

注目ワード