柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

臨床検査科

「臨床検査」という分野は、医師が適切な診断や治療を行なうために、患者から得られた検査情報を、正確に評価する必要があることから設けられたものです。臨床検査科では、医学の基礎的能力と医療用電子技術を、講義や実際の病院での実習を通して学び、臨床検査技師として必要とされる知識や技術を高めます。この学科で目指す臨床検査技師は、厚生労働省が認定する国家資格です。臨床検査技師の仕事は、医師の指示にしたがい、患者の検査(血液検査や生物学的検査、病理学的検査など)を実施し、病気の診断を行なうためのデータ資料を提供する仕事です。臨床検査技師について、具体的に見ていきましょう。

「臨床検査技師」とは

「臨床検査技師」とは

現在の医療は、チーム医療を基本としています。例えば、医師を中心に看護師、臨床検査技師、放射線技師、薬剤師、栄養士、リハビリテーション職員(OT、PT)、医療事務職などの各専門医療職が一丸となって、患者の診断・治療にあたっています。一人の患者の生命を救うには、チーム内の連携プレーが欠かせません。臨床検査技師の業務(任務)は、医師または歯科医師の指示の下、検査情報を正確に分析・評価し、それを医師に報告することです。

臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるためには、臨床検査技師に必要な基礎科目や専門科目を最低3年間修得したのち(卒業が要件)、臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。その後、厚生労働省に臨床検査技師免許を申請し、臨床検査技師として登録すると臨床検査業務に従事できます。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の業務内容は、大きく6部門に分けられます。

1.生物化学分析部門
血液や尿などの分析、肝炎・梅毒・リウマチなどに関する検査、将来発症する恐れのある病気などについて検査します。
2.生理機能検査部門
神経系疾患についての検査や、心臓の機能・不整脈などの検査、呼吸器疾患に関する検査などを行ないます。
3.形態検査部門
がん細胞等の検査や臓器・組織に異常がないかどうかを調べます。尿・便・髄液、赤血球・白血球・血小板などを調べます。
4.感染制御部門
病気の原因となっている微生物等を検索・同定し、どのような薬が有効かを調べます。また、病原体の感染経路を調査したり、環境破壊・汚染などの人体への影響も調べます。
5.移植検査部門
輸血検査では、血液型や使用する製剤の適合性を調べたり、提供される臓器の適合性を調べます。生殖医療では、体外受精や不妊治療に関する検査を行ないます。
6.総合管理部門
検査部の日々の検査室の運営、人事管理、物品管理、精度管理等を行なっています。

活躍の場

臨床検査技師が活躍している職場は、病院、予防医学センター、臨床検査センター、衛生検査所、製薬・食品・医療機器メーカー、保健所、大学・養成施設など多岐にわたっています。病院の規模や配属部門により違いがありますが、血液、尿、痰などを調べる一般的な検体検査と超音波、心電図、脳波測定、眼底検査などの生理機能検査を病院内の検査室で行なっているのが一般的です。

このページのTOPへ

注目ワード