柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

理学療法学科

理学療法学科では、医療従事者としての幅広い教養を身に付け、リハビリテーションに必要な専門知識や専門技術を学んでいきます。この学科で取れる資格は、理学療法士です。

この資格は、医師の指示に基づき、患者に理学療法(治療のための運動やマッサージ、電気療法など)を行なうために必要な国家資格です。高度な医学知識と人の運動メカニズムを科学的に分析し、治療技術を習得した上で、身体機能に障害を負った人を回復させるために、心の通う治療ができるリハビリの専門家として活躍できる理学療法士。具体的に見てみましょう。

「理学療法」とは

「理学療法」とは

「理学療法士及び作業療法士法」第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。このように、「理学療法」とは、病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人に対して、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いる治療法のことを言います。理学療法の対象者は、運動機能が低下した人々ですが、原因は問われません。病気、けが、高齢や手術により体力が低下した方なども含まれます。

「理学療法士」とは

理学療法士は、「Physical Therapist(PT)」と呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行なう上で基本となる動作の改善を目指します。また、障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援します。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者一人ひとりに対して身体能力や生活環境等を十分に考慮し、適切なプログラムを作成します。

理学療法士になるには

理学療法士になるためには、国家資格を取得することが必要です。理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身に付けることが必要です。養成校には4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)、特別支援学校(視覚障害者が対象)があります。資格取得後、より専門的な知識を身に付ける場合や、研究職をめざす場合などは大学院もあります。(修士課程・博士課程)。

活躍の場所

理学療法士は、主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中にはプロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。健康を維持していくために、その人に合った身体運動をアドバイスしたり、家で寝たきりや閉じこもりがちな人たちが、その人らしい生活をみつけるための支援をします。

具体例

  • 介護保険サービス
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 住宅改修・福祉用具のアドバイス
  • 医療サービス
  • 病院/診療所
  • 保健サービス
  • 健康教育/介護予防
  • 行政サービス
  • 市・区役所/特別支援学級
  • 福祉サービス
  • 障害者福祉センター/障害児(者)通所・入園施設
  • トータルヘルスプラン事業
  • 健康管理/スポーツなど

このページのTOPへ

注目ワード