柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

保育科

「保育士」とは、乳児から小学校就学(0歳〜6歳)までの幼児を保育するために、必要な保育士資格を持った方に与えられる国家資格です。保育士は、幼児にかかわる保育園の仕事だけに必要な資格だと思われがちです。しかし、保育園以外にも、乳児院、児童養護施設、各種障害児施設などでも、保育士を一定人数以上配備することを義務付けられており、様々な職場で保育士が働いています。他にも、児童館や学童クラブ、病院、ベビーシッターなどで勤務する場合も保育士資格を必要とする場合もあり、幅広い職業に対応できる国家資格と言えるでしょう。ここでは、保育士資格取得を目指す保育科についてご紹介しましょう。

保育士の仕事内容

保育士の仕事内容

基本的に、保育園で働く保育士は、子どもを預かるということが仕事となります。しかし、ただ預かれば良い訳ではありません。保育園での生活を通して、基本的な生活習慣を身に付けさせる指導や、子どもの安全の確保、集団生活の大切さなどを保育士が教えていかなくてはなりません。保育園では、施設によっても異なりますが、新生児〜未就学時(0歳〜6歳)までの子どもたちを預かります。この年齢は見た目にも、人間の中身としても大きく変化がある年齢です。子どもの成長に影響を与え、責任も重いですが、その分やりがいのある仕事であることは言うまでもありません。

保育士になるには

保育士を目指す場合、実際にどのような方法があるのでしょうか。現在のところ保育士資格の取得方法としては、国家試験を受験する方法と養成学校を卒業する2通りの方法があります。

  • 保育士資格試験を受けて合格する (年1回のみ試験が行なわれる)。
  • 保育士資格が取れる養成学校(大学・短大・専門学校)を卒業する。

受験資格を満たしていれば、性別や年齢を問わず誰でも受験することができます。

主な受験資格は、以下の通りです。

  1. ① 4年制大学の保育士養成課程で所定の単位を取得して卒業した者
  2. ② 短大の保育士養成課程で所定の単位を取得して卒業した者
  3. ③ 専門学校の保育士養成課程で所定の単位を取得して卒業した者
  4. ④ ①②③以外の養成施設の保育士養成課程で所定の単位を取得して卒業した者

保育士資格の筆記試験は10科目あるので、独学でクリアするには相当な努力が必要となってきます。

社会的ニーズが高まる活躍の場

ここ数年の間に、保育士を求めるニーズは確実に増えています。理由のひとつとして挙げられるのが「待機児童」の問題です。「待機児童対策」には、保育士の確保が必須ですが、保育士が不足しています。特に都心部では保育士不足が顕著であり、地方まで出向き、保育士の採用を行なう動きもあるぐらいです。また、保育サービスの多様化もニーズの高まる一因となっています。近年では、就業時間も幅広くなり、変則的な勤務も珍しくなくなりました。そのため各保育所では、保育時間の多様化するニーズに対応していくために、以前では珍しかった保育時間の拡大などのサービスが標準的になりつつあります。このような社会的背景を受け、保育士への期待が高まっています。

このページのTOPへ

注目ワード