柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

スポーツトレーナー科

「スポーツトレーナー」とは、スポーツ選手の指導や育成をはじめ、スポーツ選手が常にベストコンディションでプレーできるようにする仕事です。具体的には、健康管理からトレーニング、ケガに対する応急処置やリハビリテーションまで、選手の身体づくりと能力向上をトータルにサポートします。 またスポーツトレーナーは、スポーツ中の事故やケガの予防への対処、何らかの疾患を抱える患者に対するリハビリ治療なども行ないます。ここでは、スポーツトレーナーを養成するスポーツトレーナー科についてご紹介します。

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーとは

国家試験など特に必須とされる資格はありませんが、プロスポーツ選手から中・高校生、高齢者に至るまで、栄養面から身体機能、ケガの手当、トレーニングなど幅広い領域の専門知識が必要とされます。そのため、養成施設などで必要な知識・技術を学び、アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーなど何らかの資格を取得し、プロを目指すというルートが一般的です。

スポーツトレーナーへ高まる期待

「スポーツトレーナー」と言えば、プロ・アマチュア、実業団のスポーツチームや個人の選手との専属契約などが活躍のフィールドでした。しかし、現在は健康に対する意識の高まりや高齢化社会の影響が追い風となり、一般向けのフィットネスクラブやスポーツジム、また、病院や学校、福祉施設といった場所でのニーズも高まっています。近年、文部科学省が提唱する施策の中に、地域スポーツ活動や学校体育・部活動の充実、高齢者の健康づくり支援、そしてトップアスリートの育成強化が挙げられています。このようなスポーツを充実、強化させる流れを受け、活躍のフィールドは拡大していくと言えましょう。

スポーツトレーナーの仕事

サッカーや野球などのゲーム中、選手にアクシデントやケガがあった場合に駆け寄る人、または、ジムなどで選手がトレーニングを行なう際に、隣でサポートや指導をしている人を目にしたことはありませんか。その人たちが、「スポーツトレーナー」と呼ばれる職業です。

スポーツトレーナーの仕事は、選手の運動能力を高め、そしてケガをしにくい身体をつくるためのトレーニング計画と指導と言えましょう。具体的には、選手の健康管理、栄養面のサポート、筋力トレーニング、ストレッチングの指導、練習や試合中のケガに対する応急処置、テーピングなどを使ったケガの予防、故障時の機能回復やケガの再発を防ぐためのアスレティックリハビリテーションを行なうことなどが挙げられます。

スポーツトレーナーになるには

身体づくりやトレーニングのエキスパートであるスポーツトレーナーには、身体の機能や働き、運動学やスポーツ医学をはじめ、幅広い領域の専門知識と技術が求められます。そのため、養成施設や大学などで必要な知識を習得し、何らかの資格をもってプロを目指すのが一般的です。

スポーツトレーナーに関連する代表的な資格

  • 日本体育協会の定める「アスレティックトレーナー(AT)」。
  • 世界300ヵ国共通、日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の「パーソナルトレーナー(CPT)」。
  • はり師、きゅう師、理学療法士、柔道整復師。

このページのTOPへ

注目ワード