柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

鍼灸科

鍼灸(しんきゅう)は、身体にある経穴(ツボ)に刺激を加えることで、免疫力や自然治癒力を高め、痛みや様々な症状の改善に効果があります。その歴史は二千数百年前の中国に源を発し、伝統を今に受け継いでいます。また、治療効果においても、世界中で認められる伝統医学となり、日々進歩しています。WHO(世界保健機関)でも、鍼灸治療が有効とされ、今や世界中の医療機関や研究機関で研究が進められているのです。施術にあたる鍼灸師は、「はり師」と「きゅう師」の2つの資格を持った人を指します。鍼灸について、詳しく見てみましょう。

はり師ときゅう師

はり師ときゅう師

「はり師」「きゅう師」は、それぞれの国家試験に合格することで資格を取得できます。

鍼灸(しんきゅう)は、腰痛や肩こりだけでなく、慢性的な痛みや様々な不定愁訴(ふていしゅうそ)、月経不順などの婦人科系疾患など、幅広い症状や疾患の治療に効果があります。さらに日頃の健康維持増進の効果にも期待が寄せられています。 また、スポーツ選手のコンディショニングや美容、高齢者医療の分野においても、これまで以上の活躍が望まれています。

鍼灸科で学ぶこと

鍼灸科では、基礎となる人体の構造や仕組みを学び、鍼灸師になるための基本的な知識・技術を習得します。臨床実習や実技授業を通して、現場で活きる鍼灸術を身に付けます。

鍼灸師養成の専門学校では、「鍼」と「灸」の治療を合わせて学ぶことができるため、「はり師」と「きゅう師」の国家資格を同時に取得することが可能です。臨床スキルを高める教育プログラムとして、附属施術所での臨床実習を導入している養成学校も多いです。

  • 鍼灸科ならではの集中的な鍼灸実技で、基礎を確実に身に付け、応用へとつなげていきます。
  • 鍼灸実技では、「基礎実技」、「臨床実技」、「応用実技」という段階的なステップで技術力を強化していきます。
  • 鍼灸師にとって必要なスキル、医師や看護師、理学療法士など、他の医療従事者と一緒に患者の問題解決を図っていく能力を身に付けます。
  • 国家試験の合格はもちろん、卒業後、医療現場で必要な医療知識を身に付けます。
  • 学科授業では、東洋医学と現代医学の知識を修得します。

主な就職先、活躍の場

主な就職先としては、地域に密着した治療院(鍼灸院・鍼灸接骨院など)で、様々な年齢層の患者の治療を行ないます。数年から数十年の臨床経験を積むことで独立開業へのステップにもつながるのです。特に近年、統合医療・補完代替医療という新しい医療の枠組みの中で、鍼灸師が活躍できる分野が広がりをみせています。活躍が期待されるフィールドを、以下にまとめてみました。自分の将来の方向性にあった治療院を選ぶときの目安にすると良いでしょう。

特徴ある治療院の例

  • 美容分野や不妊治療・婦人科疾患を専門に行なう治療院。
  • 高校や大学の近くで、部活動をしている学生などのスポーツ選手を中心に治療やトレーナー活動を行なう治療院。
  • 子供から年配の方まで幅広く治療を行なう地域医療を目指した治療院。
  • 病院やクリニックなどの医療機関。
  • スポーツ選手のコンディショニングからケガの治療までを行なうトレーナー。
  • 柔道整復師と協力して鍼灸接骨院を開業。

このページのTOPへ

注目ワード