柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

社会福祉学科

現代社会では、社会福祉が果たす役割はますます大きくなっています。社会福祉学は、人間が人間らしく生きていくために、私たちを取り巻く社会環境や、制度のあり方、地域社会のつながりなどを様々な角度から研究していく学問です。社会福祉における中心的な役割を果たすのが「社会福祉士」という国家資格です。社会福祉士は、福祉全般についての相談に応じ、助言や指導、またその他の援助を行ないます。ここでは、社会福祉学科と社会福祉士についてご紹介致します。

「社会福祉学」とは

「社会福祉学」とは

福祉サービスを必要としている障害者や高齢者だけでなく、私たちを取りまく社会環境は、福祉施設や医療機関の運営、住宅や道路などの整備、法律や社会制度にいたるまで、課題が山積みです。社会福祉学は、私たちが生きていく中で、物質的・精神的援助を行なう総合サービスとしての福祉のあり方を考えていく学問です。それらは、また、人類全体の幸福を目指す学問とも言えましょう。人として生まれたときから、高齢になるまで、一人ひとりがより豊かな人生を送るための生涯学習も、社会福祉学が扱うテーマです。「社会福祉」とは、サービスを必要とする人を側面から支援するものなのです。

「社会福祉士」とは

現代社会は、少子高齢化が進み、様々な福祉的課題を抱えています。社会福祉士は、言わゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格で、仕事の内容は多岐にわたります。お年寄りや身体・知的障害者、ひとり親家庭など精神的、身体的、経済的なハンディキャップのある人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるよう支えていきます。また、他分野の専門職との連携を中心に、行政や医療機関など各関連施設をつなぎ、包括的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりする役割も担います。

社会福祉士になるには

毎年1回(例年1月下旬)に行なわれる社会福祉士国家試験を受験し合格することが必要です。なお、国家試験を受験するためには福祉系大学を卒業する、実務4年以上に加えて短期養成施設など、受験資格を満たしている必要があります。

卒業後の進路

社会福祉士資格取得者が働く職場としては社会福祉施設等が約5割、その他は社会福祉協議会等、医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所などになります。さらに、社会福祉士、介護福祉士などの資格を取り、各種行政機関や老人ホーム、障害者施設、児童相談所などで、ソーシャルワーカー、ケースワーカーとして活躍するケースも多いです。また、養護学校の教員や保育士などになる人もいます。

養成学校選びのポイント

福祉関係の仕事に就くためには、資格が必要なことが多いです。社会福祉士や介護福祉士など、取得できる資格やそのバックアップ体制も、専門学校や大学選びの基準となります。

また、人間科学や総合科学のなかでも、福祉をテーマに研究している養成学校があるので、資料を取り寄せ、教育理念やカリキュラムの内容を比較検討することが大切です。

このページのTOPへ

注目ワード