柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

視能訓練士科

視能訓練士は、厚生労働省が認定する国家資格です。視能訓練士は、欧米では古くから眼のスペシャリストとして活躍していました。日本では、まだ新しい資格で1971 年(昭和46年)に「視能訓練士法」が制定されて以来、多くの視能訓練士が活躍しています。高齢化社会に伴い、眼の疾患が増加しているため、今後ますます必要とされる職種です。ここでは視能訓練士資格を目指す、視能訓練士科でも学びを中心に、視能訓練士についてご紹介します。

「視能訓練士」とは

「視能訓練士」とは

眼は複雑な器官であるため、多くの検査があります。視能訓練士は、見ること、見えることの楽しさを伝える重要な専門職です。高齢化社会が進み白内障、緑内障などの患者が増えつつある中で、視力、屈折検査、眼圧検査、視野検査をはじめとする様々な眼科検査を行ない、診断に必要な患者の検査データを眼科医に提供して眼科医療をサポートします。医師は正確な検査データをもとに、診断や治療方針を決定します。また、斜視や弱視など、視機能に障害を持つ人に、専門的検査や矯正訓練を行なうのも重要な仕事のひとつです。

「視能検査」とは

「視能検査」とは、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などがあります。これらの検査によって得た正確な検査結果が適切な診断治療につながります。

視能訓練士になるには

視能訓練士になるためには、年に1回実施される国家試験に合格しなければいけません。受験するためには、下記の受験資格が必要になります。

視能訓練士養成所を卒業
高校卒業後、指定された視能訓練士養成施設で3年以上必要な知識や技術を修得した者。
短大卒以上で視能訓練士養成所(1年以上)に修業
大学や短大、または看護師や保育士の養成機関で指定科目を履修したのち、指定の視能訓練士養成施設で1年以上必要な知識や技術を修得した者。
外国の視能訓練士養成所を卒業
外国の視能訓練士の学校を卒業し、免許を取得した者で、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると厚生労働大臣が認定した者。

視能訓練士の仕事内容

視能訓練士は、眼科医師と協力して多岐にわたる視機能について、様々な眼科医療機器を使って検査し、診断、治療に活かします。主な仕事内容は、以下に挙げる通りです。

眼科診療における様々な視機能検査

眼の病気で何か見えにくいと患者が訴えた場合、視力やメガネだけがその原因とは限りません。近くが見えにくい、暗い所で見えにくい、色が分かりにくい、見える範囲、(視野)がかけている、ゆがんで見えるなど、様々な症状があります。遠視、近視、乱視といったような屈折異常に関する検査、白内障、緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する検査等を行ないます。

斜視、弱視などの訓練指導

眼の位置(眼位置)がずれているため、立体的に物を見る両眼視機能に障害のある患者や生まれつき強い屈折異常、斜視が原因で、メガネでは視力が十分に出ない弱視の患者に、視機能を回復させるための訓練及び必要な検査を行ないます。

検診業務分野(集団検診視機能スクリーニング)

生活習慣病が、眼科検診から見つかることもあります。そのような観点からも、病院内での眼科検査だけでなく、眼疾患の予防には早期発見、早期治療、予防医学を目的に、地域医療活動に参加し、乳幼児健診、学校検診、職場検診、成人病検診、老人保健法による健康管理など、各種検診において視機能スクリーニングを行ないます。

視力低下者のリハビリ指導

高齢化社会を背景に、糖尿病などの生活習慣病や緑内障、網膜色素変性症などの眼疾患で、視機能が十分に回復しない方が増えています。このような視覚に様々な障害を持つ方の残存視機能を最大限に活用し、生活の質をできるだけもとのレベルにまで高めます。拡大鏡などの補助具の選定や、その使い方などの指導も行ないます。

このページのTOPへ

注目ワード