柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

歯科技工士科

歯科技工士は、入れ歯や差し歯など、歯科技工物を製作・加工する技術を持った人で、厚生労働省が認定する国家資格です。歯科技工では、科学的な知識に裏打ちされた丁寧で正確な技術が要求されます。入れ歯や冠などの義歯は生体の一部となるため、生体に害のない衛生的な製作物でなければなりません。そのため、様々な素材や道具についての知識はもちろん、生体に対する適合性も重要です。歯科技工士の技術によって回復が決まると言っても過言ではありません。その技術はどうやって身に付けるのでしょうか。

歯科技工士になるには

歯科技工士になるには

歯科技工士を養成する学校は全国に55校(平成24年2月時点)あり、高校卒業以上の者を入学資格としています。設立母体としては、国立大学附属学校、国立大学歯学部附属学校、地方自治体の公立学校、私立大学歯学部附属学校、歯科医師会立学校、歯科・医療関係者による私立学校に分類されます。形態としては多くが専修(専門)学校ですが、4年制大学や短期大学もあります。

国家試験と資格取得

歯科技工士養成機関において所定の全課程を修了し、卒業見込みの者は、厚生労働大臣の定める歯科技工士国家試験を受験することができます。国家試験の内容は、知識審査のための「学説試験」と技術審査のための「実地試験」があり、毎年1回、2月中旬から3月中旬にかけて都道府県ごとに行なわれます。この試験に合格すると、約2週間後に都道府県知事の公示によって合格証書が発行されます。

その後、この合格証書と免許申請の必要書類を住所地の保健所に届け出て、歯科技工士名簿に登録されることで、厚生労働大臣による歯科技工士免許を取得することができます。

歯科技工士の仕事

歯が無くなってしまうと、噛む能力が低下し、それにより全身の健康が阻害されると言われています。それを防ぐためにも、歯並びや噛み合わせのバランスを考えることが重要です。歯科技工士は、歯科医師の指示にしたがい、入れ歯(義歯)、さし歯、金冠、矯正装置などの製作や修理に携わります。最近では歯並びや歯の形、色などに対する審美的な要求も多く、その要求に応えるための新素材の研究・開発が日々進められています。最先端の技術習得はもちろん、医師や歯科衛生士とコミュニケーションを図りながら日々研鑽を重ね、専門技術を発揮することになります。

活躍の場

歯科技工所
歯科技工所では、歯科診療所や病院からの発注を受け、歯科技工物の製作から納品までの一連の作業を行ないます。歯科技工士の資格があれば歯科技工所を開設することができます。
歯科診療所
歯科診療所では、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が、それぞれ仕事を分担して歯科医療に従事しています
病院
歯科を設置している総合病院や歯学部附属病院などには、歯科技工室が設けられ、そこで歯科技工士が仕事をしています。
歯科器材・材料メーカーなど
歯科技工士としての知識や技術を活かし、歯科器材や材料の研究開発に携わります。
教育機関
後進を育てるために歯科技工士養成機関に就職する人も大勢います。
海外での活躍
日本の歯科技工は世界的に高い評価を受けており、多くの日本人歯科技工士が海外で活躍しています。

このページのTOPへ

注目ワード