柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

歯科衛生士科

今、人々の健康志向の高まりと共に、歯や口腔の健康づくりを通して、食べる力やひいては生きる力をサポートする歯科衛生士の活動に大きな期待が寄せられています。特に高齢化社会という背景を受け、生涯を通じて歯の健康づくりや口腔ケアを支援するための関心が高まる中、歯科衛生士を一生の仕事としてライフワークにする人が増えています。歯科衛生士は、歯科医師のサポートや患者へのアドバイスを行なう技術を持った人に対して与えられる、厚生労働省が認定する国家資格です。どのようなことを学び、どうやったら資格が取れるのでしょうか。

「歯科衛生士」とは

「歯科衛生士」とは

自分の歯で何でもおいしく食べ、大きな口を開けて笑いながら楽しく会話するなど、健康で生き生きとした生活を送るために、歯や口腔の健康は一番の基本となります。また近年では、様々な調査研究から歯や口腔の健康と全身の健康の関係が明らかになり、歯科衛生士の役割に注目が集まっています。歯科衛生士は、歯科疾患の予防、及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第1条)ことを目的として、人々の歯や口腔の健康づくりをサポートする、国家資格の専門職です。仕事の内容は、次の3つの業務が法律に定められており、それぞれに専門性の高い知識・技術を必要とします。

歯科予防処置

「歯科の二代疾患」と言うのを聞いたことがあると思います。「むし歯」と「歯周病」、この二つを「歯科の二大疾患」と言い、人が歯を失う原因の90%にあたると言われます。国民の多くが、むし歯と歯周病に罹患しているため、むし歯と歯周病を予防することさえできれば、自分の歯を一生保つことができるのです。歯・口腔の疾患を予防する処置として、「フッ化物塗布」等の薬物塗布、歯垢(プラーク)や歯石など、口腔内の汚れを専門的に除去する「機械的歯面清掃」などといった予防的な医療技術があります。歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家です。

歯科診療の補助

歯科衛生士は、常に歯科医師の診療を補助すると共に、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するなど、歯科医師との協働で患者の診療にあたります。ひとくちに「歯科診療補助」と言っても、その範囲は多岐にわたり、歯科診療を円滑に行なうために大切な役割を担っています。また、歯科医師と患者とのコミュニケ−ションにも気を配り、信頼関係に基づく歯科医療を行なうためにも、歯科衛生士の役割が期待されています。

歯科保健指導

むし歯や歯周病は治療よりも予防。言わば、生活習慣病ですから、患者が生活習慣を改善することが何よりも大切なのです。そのためにも、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な支援(指導)が不可欠になります。歯科の保健指導は、幼児期から高年期まで、また健康な人、病気や障害のある人など、すべての人に必要な支援です。その中でも、歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導は、大切な仕事です。また、寝たきり者や要介護者等に対する訪問口腔ケアも重視されています。さらに最近では、食べ物の食べ方や噛み方を通した食育支援、高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練も、新たな歯科保健指導の分野として注目されています。

歯科衛生士になるには

高等学校を卒業後、厚生労働大臣または文部科学大臣指定の歯科衛生士養成機関(歯科衛生士専門学校、短期大学、大学)において、歯科衛生士として求められる知識や技術を習得し、卒業すると国家試験(歯科衛生士国家試験)の受験資格が得られます。

毎年3月初旬に実施される国家試験に合格すると、厚生労働大臣が歯科衛生士名簿に登録し、歯科衛生士免許証が与えられます。歯科衛生士の登録等に関する事務は、歯科医療研修振興財団において行なわれています。

歯科衛生士の活動の場は、歯科診療所や病院が中心ですが、保育所・幼稚園、学校、保健所・市町村保健センター、企業、そして介護老人保健施設、居宅など、地域にも大きく広がっています。

このページのTOPへ

注目ワード